All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'11.17 (Fri)

教育費

我が家は一人っ子ですが、教育費、メッチャ使いました……。
なので、お子さんが多いご家庭を、マジ、尊敬しております。

今、幼児教育の無償化と言われていますが、
収入が低い家庭ほど保育園に預けて共働きというケースが多く、
認可では収入(税金)に合わせて保育料が算定されるため、
我が家は月に2万円も払っていませんでした。
確か、両親が医者で共働きの家庭だと、
6万円以上払っていたとか聞きましたが。

そりゃ、高校の無償化と同じく、
幼児教育に関しても、払わないで済むならありがたいですよ。
でも、だからといって、出生率が上がるとは思えません。

保育園や幼稚園→小学校→中学校→高校

私立ではなく公立に通えば、
学費の負担って、そんなに大きくないように見えますが、
習い事や塾に行かせるか、行かせないかで、
子どもの将来の選択に、激しい差が生まれてしまうのが現実です。

ぶっちゃけ、金をかけた子が、将来的に稼げるってことですよ。

これは、世代間連鎖の統計で、よく言われています。

それがリアルに目の前にぶら下がっているため、
教育に多額のお金を使える自信がないと、
自分の老後を心配する人は、子どもって産めないんじゃないでしょうか。

もちろん、無償化されたお金で、習い事が充実するというのなら、
それは良きことです。
だって、AIに仕事をとって代わられると税理士が嘆く時代に、
他の子どもと差別化を図ろうと思えば、
公教育以外に投資するしか道は開けないんですもん。

ただなぁ……
子どもの才能を伸ばすというか、本人の夢をかなえるために、
我が家が使う金額を考えると、田舎に一軒家、建てられます!!!


うちの場合は私の父が、

唯一人の孫のためには、教育費をいくらでも出す!

というスタンスだったので、何とかなりましたけど、
一般的には、こうはいきません。

あと、算術も大事ですが、
心理的に、結婚したり、子どもを欲しいなって思う人も、
今の時代は減少傾向にあるかと思うんです。

親の世代は、バブルがはじけて、氷河期って言われた頃に就職し、
それでも祖父母の援助もあり、
自分を私立に行かせてくれたり、習い事もさせてくれたけど、
両親は自分たちの老後を蓄えるのに精一杯で、これ以上は頼れない。

自分が過ごしたような子ども時代を、我が子には与えられないなら……

「お父さん、お母さんは、自分のやりたいことやれたのに、
 私は、お金がないから、夢を、あきらめなきゃいけないの?!」


なんて、子どもに言われることを想像したら、虚しくなりますもん。

頑張って働いても、親や祖父母の時代のようには稼げませんからね。

だったら、結婚もしなくていいし、子どももいらない!

って、私が、今、20代だったら考えます。

というか、ユースケ19歳が、このように言ってますんで……。
スポンサーサイト
20:37  |  life  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.15 (Wed)

紅葉

20171115.jpg

都会で暮らしていた時は、紅葉の名所となると、
観光客が多く殺到するため、見に行かなかったのですが、
田舎は山だらけで、

どこもかしこも紅葉真っ只中!

それに、元々人口が少ないため、ゆっくり散策できました。

だって、自然公園と言っても、まんま山!

山に駐車場を作れば、はい、公園の出来上がり!

確かに、イノシシ注意とか、マムシが出ますとかの看板もありますが、
今回、ビックリしたのは、猫の多さです。
どうもこの自然公園に猫を捨てに来る人がいるようで、
さらに、その猫にキャットフードを与える人もおり、
パカパカ繁殖しております。

まぁ、山なので、外敵もいるんでしょうが、
人を見るとエサをくれると思って寄って来る猫の姿は、
自然界と言えど人間に振り回されているようで、悲しくなりました。

それに、至る所にスピーカーがあり、

「みんなの公園です 自然を大切に保護しましょう」

って、放送されていても、
野草やコケを掘り返して持ち帰ろうとしている人たちも見かけました。

全く人目に付かない山奥でやるならともかく、
こんな散策路がある公園で、堂々と盗んでいくんですから、
何とも言えません。

もちろん年配の人ばかりです。

私なんかの世代になると、

「公園を荒らしている人、発見!」

なんて、スマホで撮影されネットに投稿されたら、
それこそ大炎上というか、袋叩きにあう
って考えますが、
お年寄りの方は、知らないんでしょうね、そういう技術があるってこと!

まぁ、私は関わりたくないので、見て見ぬふりしてしまいましたが、
オバサンの集団が、コケを採取している老夫婦に声をかけたんです。

「そこで何をやっているんですか?」

すると、その老夫婦、

「私どもはコケの研究をしているんです」

と、言い返してきました。

ほんまかいなぁ~? そうかいなぁ~?

はい、限りある自然を大切にね!
18:48  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.14 (Tue)

96億円

私は家から通える福祉系大学を卒業したため、
今、流行の学園祭での『卒業生カミングデイ』の案内を兼ねた同窓会誌が、
先々月、送られた来たんですよ。

ただ、ぜ~んぜん学園祭は盛り上がらないっていうか、
チョットだけ名の知れた歌手がライブをして、
バザーや露店があるぐらいなので、私は、その記事はスルーしました。

でね、6月に地元に帰って来た際、
大学の研究室に顔を出し、事務の方に内情を聞いたんです。
すると、AO入試、推薦入試、一般入試など、10回近く機会を設け、
全員に合格を出しても、うちの学科の定員の充足率は65%だそうで、
多くの他の学科も定員割れです。
そりゃ、国家資格を取れる学科はギリギリ確保しているそうですけど、
医療と芸術を結び付けたような学科は、定員の半数以下しか集まらないとのこと。

ついに、お金が回らなくなり、
学長は福祉の専門家ではなく、銀行から派遣された方なんですってさ!

なのに、同窓会誌では、

「新しい学科を創設!」

って、謳っているんですよ!!!

私が1期生なんですけど、その時は1学年400人だったのに、
今回の新しい学科が出来たことで、1学年1000人となったそうです。

ありゃまぁ、ユースケの通う美大と同じ規模じゃないですか!

この少子化の時代、
どうして新しい建物を増築し、設備を購入できるのか?!


とってもとっても不思議です。

加計学園の獣医学部新設の陰で、
その辺に転がっている私大も、新しい学科を増設し、
文科省の許可を得ているんですよ。

まぁねぇ、大学の正規の職員は、地元の地主の一族とかですし、
客員教授には、国会議員の奥さまの名前もあり、
盤石の態勢を整えているので、
土地と補助金・助成金は動くのでしょうが、
肝心の学生が来ないのに、国民の税金の無駄遣いですよ!!!

でも、それでも、新しい学科を創設するのは、
自転車操業の大学運営において、
まとまった金が入って来るからなんでしょう。


加計学園の獣医学部の建物や施設が、よくTVのニュースで流されますが、

定員140名のために、こんなスゴイもの作っちゃうの?!

って、私、どうやっても採算、合わんだろうと思っていましたが、
日本の場合、逆なんですね。
こうやって大きくやっちゃったほうが、ドバッとお金が落ちてくるため、
自転車操業的には、ありがたいみたいです。


地元・今治市から補助金96億円が入る

ということは決まっているそうで、
そりゃ、今治市がこれだけ出すのなら、文科省も出すんでしょうし、
一時的には、学園全体は潤いますよねぇ。

あぁ、なんという税金の無駄遣い!

っていうか、今治市民の貴重な税金が96億円も使われて、

あの辺りは少子高齢化が進んでいるのに、
これから増えるであろう高齢者サービスの財源は大丈夫?!


って、今治市民に同情してしまいます。
17:03  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.12 (Sun)

去年の今日

20171112a1.jpg

1年経過したこともあり、去年の今日のことを書きます!

その日は、ユースケが公立の美術大学の推薦受験にチャレンジし、
午前中は実技試験、午後は面接だったので、
ついて行った私は観光名所を廻っていました。

これらの写真は、観光地で撮影したものですから、
まぁ、見る人が見れば、

どこに行ったか? どの公立美大を受験したか?

一目瞭然です。

なので、ちょっと時間をおいてからUPさせていただきました。

20171112b1.jpg

で、観光地について説明するよりも、推薦受験がメインだったので、
そっちのことを詳細に書いてみます。

20171112c1.jpg

大学受験って、今から思えば、

「ココを受けたいんです!」

と、生徒や保護者が初めて大学名を口に出した時、
どう先生が反応するかが、実は1番正しい意見でした。


「国公立大学の推薦受験は、地元の高校が優先されるので、
 よほど光る才能がないと、他県から受けても難しいですよ」


そう最初に言われた通りで、受けては見たものの、見事、落ちました!

でも、去年の11月12日、
合格枠が2名のところ、ユースケが行ってみると受験生は4名で、倍率は2倍。
(過去は5倍~7倍)
しかも、男子はユースケ1名で、過去5年間のデータだと、
男子は必ず1人は合格していたんです。

さらに面接で先生方が、とても好意的だったため、
私もユースケも、これは受かった!と、もう内心、安堵していました。

もう受験は終わった!終わった!

と、ホッとしていたところ……
合格発表の日、そこの大学の学生として画塾の先輩がいたので、
合格者の番号をLINEで送ってもらったら、完璧に撃沈!

ユースケの受験番号は、ありませんでした。

後から思えば、最初から出来レースで、
地元の美術系高校の子が合格すると分かっていたため、
誰も他県からは受験せず、だからこその倍率2倍だったのです。


でも、こういうことは、ある意味、当たり前で、
ユースケの高校がある県では、
教育大学の美術の教師の推薦枠は、どんなにおバカでも、
うちの高校の芸術科の生徒が応募すれば、合格していました。

一般受験では優遇できない分、推薦では地元枠を活用するというのは、
お約束と言えば、お約束だったんです。

そして、その枠を蹴散らすぐらい、
ユースケの才能が飛び抜けていれば、合格できたのでしょうが、
そんなもん持ってないし!!!

これが私立大学だったら、附属高校や指定校推薦は別として、
公募推薦に地元優先枠とかないと思うのですが、
かえって国公立には、地元高校との連携ってあるんですよね。
特に、専門分野は!

なので、落ちてしまいましたよ。
まぁ、負け惜しみにはなりますけどぉ、

受かってなくてヨカッタ!

と、今は親子で喜んでいます。

あの時点で合格していたら、そりゃ、行くしかありませんが、
地方の美大ではなく、東京の美大に通うことになって、大正解でした!

国公立と私立では美大にかかる金額も違いますし、
地方と東京では生活費も雲泥の差です。
就職だって、1学科定員20名の小規模大学だと、
OBや先生のコネで、ほぼ全員、希望する仕事をゲットできます。

それでも、それでもですよ!
4年間、地方の田舎の閉鎖空間で濃密に過ごすより、
東京で多くの人や物、機会に接する自由があるほうが、
ユースケにとっては向いていたと、本人も親も、そう思っています。

美術をやるなら、やっぱ東京でしょ!
18:27  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.11 (Sat)

ご先祖様

私の父は、

「父さんは、○○家の17代目だから……」

と、私が子どもの頃、よく話していました。

でも、幼心でも、

「父さんは11人兄弟の末っ子で、家を継ぐわけでもないし、
 例え家系図があっても、たぶんデタラメだろうし、
 何代目とか知らんわぁ~」

そう、私は冷ややかに見ていました。

なので、私にとってのご先祖様は、
自分が顔を知っている祖父母の世代から始まるのであり、
江戸時代以前とか……
たまに平家の末裔や天皇家のウンチャラカンチャラ、
なんて言い出す人も、昭和にはいたんですけど、
お墓とか家系図とか、私は興味ないんです。

もし自分が長男で、家を継がねばならないのであれば、
もう少し真摯に考えたかもしれませんが、
私の周囲を見渡しても、

「俺は長男だから、
 家を守って両親の老後の世話をしなければならない!」

という人は、同世代では見かけないですね……。

うちのパートナーは男3兄弟の真ん中ですが、
長男よりも末っ子のほうが可愛がられ、家業(農業)を継ぎ、
長男夫婦も我が家と同じく先祖代々の納骨堂には入れませんし、
両親が亡くなっても、1円も相続はもらえませんでした。

田舎の土地に不動産価値はないし、
専業農家そのものが傾いているため、仕方ないんです。

逆に、うちの兄のように、
嫁さんには姉妹しかいないという場合、
嫁さんの実家に取り込まれ、実の親に冷たいっていうほうが、
けっこうアルアル!です。


私の高校時代の女性の友人たちは、
自分は一人っ子とか、妹しかいないからって、
養子をもらったという人、クラスに3人います!

今、正月に開催される同窓会の幹事をしており、
名簿と睨めっこする機会が多いのですが、
結婚しているけど姓が変わってないという女性、
思ったより多かったです。

男性にとっては、嫁さんの実家は居心地が良く、
女性にとっては、夫の実家は居心地が悪い。


こういうことなんでしょうね。
17:19  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT