FC2ブログ

All archives    Admin

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2018'12.14 (Fri)

四十路結婚式考察

20181214.jpg

44歳の友人(女性)の結婚式の二次会に招待されたので、
16日(日)に参列するのですが、
1万5千円の会費制となっており、
手土産として、私の得意な分野で作ってみました!

男性のハムスターは、蝶ネクタイのシールだけ……。
やはり結婚式は女性が人生で輝く瞬間なのでしょう。

で、ここで、ちよこ49歳の身の回りで起きた、
【四十路の結婚式】について、考えてみようと思います。

私の中では2種類あり、

① 前からお付き合いしていたが、結婚式は四十路超えになった
② 四十路になってから出会って、結婚式を挙げた


この2つに分かれるんですよねぇ。

でね、①のケースでは、
何らかの形で、結婚に対しネガティブな要素が絡んでいたのが、
加齢とともに解消された
っていうのが多かったです。

この場合、結婚への妨げになるものが、
例えば、どちらかの身内に介護が必要な方が存在し、
本人たちは前向きでも、周囲が反対したとか、
夫婦別姓のライフスタイルが合うので、
入籍やら結婚式は、家が関わるので避けたとか、
そんな感じです。

まぁ、付き合っている間に子どもを授かっていたら、
そのまま【できちゃった婚】になっていたのでしょうが、
男性も女性も自立し、仕事に励んでいた人が多かったです。

ただ、本人たちが四十路を迎えた頃には、
ネガティブな要素が薄まってきて……
反対していた人たちが鬼籍に入ったり、
夫婦別姓にこだわることに意味を感じなくなったり。
で、それだったら、ここらで籍を入れ、
結婚式を挙げてもいいんじゃないか?!

①の場合は、こういう流れでしたね。

ほんと、お決まりのように、
女性がウェディングドレスに身を包んだ写真入り年賀状だけは、
きっちり届くというのが、
四十路を超えても思考回路は一緒でしたわ。

あと②のケースは、これまで縁がなかったのに、
紹介されたとか、偶然に出会ったとかで、
結婚に至るっていうものです。

②になると、四十路超えであっても、
子どもさんが出来る場合もありましたし、
何か夫婦での共同作業が必要になるとのことでした。

ペットを飼ったり、家を建ててローンを返したり、
他人が一緒に生活するために何かしなければ、
2人でいる意味が分からなくなる
というようなことを、よく聞きました。

さて、明後日の結婚式は、①なのか? ②なのか?

楽しみにして行ってきま~す!
スポンサーサイト
22:50  |  life  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2018'12.12 (Wed)

方針変更

2019年の年賀状に【版画】を予定していたのですが、
過去20年間の方針を覆し、路線転換をしました。

過去はユースケの絵を中心に、
裏面は1枚の絵ハガキとしても飾れるようデザインし、
一言メッセージを短く表に書いていました。

しかし今回から年賀状は、

【絵ハガキよりもメッセージ性重視】

として、

裏面の半分を自分で作成した簡単なイラスト、
残り半分を個人に宛てたメッセージを長々と書く

このほうが、年賀状でしか通じていない人との間で、
より良い関係が築けるんじゃないかって考えたんです。

もう、ハッキリ白黒つけてしまうのなら、

年賀状は終わっています

枚数的には減少傾向って感じでしょうが、
たぶん40代より下の世代にとってはオワコンで、
自ら進んで年賀状を用意しようとは思わないんじゃないでしょうか。

届いちゃったから、仕方なく返事を書く

私自身も、1月3日までに届く=年内に投函したハガキは、
全体の4分の1まで昨年は減り、

「最初から出さないほうが、ヨカッタかなぁ」

って、自分がやってることに疑問を持たずにはいられませんでした。

ぶっちゃけ、今から私が友人を作ったとしてもですよ、

「年賀状を出したいから、住所教えてください!」

なんて聞けないですもん、個人情報的にもね。

メルアドを教えてもらったり、LINEに入れてもらう……
そこまでですよ。

なので、私は一応、
お年玉付き年賀状の当選切手コレクターだから、
(前回は、まりんさん、ありがとうございました☆)
それなりの枚数を回収しなければならず、
無理やり送りつけますが(オイ!)、
だったら、私の年賀状を読んでから返事を書く相手と、
賀正の決まり文句以外でも、近況を交換し合えたらいいなって、
メッセージ欄を増やすことにしました。

でね、世の中の動きが早いから、
過半数割れした時点で、ドドッと流れが多数派に傾くことになり、
紙媒体の年賀状が流通するのも、
あと10年は踏ん張れても、20年は無理だと思います。

私は自分が生まれた1969年からの当選切手を、
コレクションしていますが、2019年で50年の区切りだし、
もう、今回で終わりにしようかと考えております。

この程度のコレクションでは、
お金が無くなった時、質屋に入れる価値すらないもんなぁ……。


クシュン。
08:59  |  life  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2018'12.10 (Mon)

進めエイジング!

皆さん、若く見られたいという願望があるようですが、
天邪鬼(あまのじゃく)の私は、

老けて見られたい!

というのが本音なんです。

だって、私は運動しない引きこもりデブだし、
身体年齢が65歳ぐらいなんですよ。
で、最近は物や人の名前がサッと出てこなくなり、
精神年齢も60歳は超えています。

こうなると、実年齢が等身大の自分に合わなくなり、

「私、55歳です」

と、逆年齢サバ読みして、初対面の人には答えるつもりです。

パートナーが56歳だし、49歳の私が6歳上の年齢を言っても、
バランスはとれているんですよねぇ。

で、あと数年したら、50代前半なのに、

「私も還暦ですよ」

と、さらに上乗せしていこうかと!

私にも夢があります。

ユースケが大学を卒業して学費がかからなくなったら、
その時は中古車を買って、スイミング施設があるジムに通い、
【いきいきコース】とか【お達者コース】とかに入れてもらい、
同年代の方々と一緒にプールの中を歩くっていうの!

でも、こういう所に所属しようと思ったら、
身分証明書がいるでしょうから、年齢のサバ読みはバレルか……。
まぁ、まだユースケの大学卒業まで2年あるので、
対策は考えておきましょう。

けど、マジ、私は老けて見られるほうが、気がラク!

言霊ってあるのなら、加算した年齢を言い続け、
平均寿命もサバ読みしたまま迎えたいです。

私の世代で長生きしても、何の得もないですもん。
上の世代を看取っても、下の世代に邪魔者扱いされ、


「コッチだって、サッサと逝きたいけど逝けねぇんだよ!」

って、愚痴りながら、
生活保護を申請するのは、どうしても避けたい!

実年齢65歳、サバ読み年齢75歳ぐらいで、
私はお迎えに来てもらいたいし、
まぁ、ガンがいいかなぁ。

身体的介護が必要なく、認知症にならないうちに、
末期がんというのが理想的です。


ちよこ、残り15年の余生を楽しんで、おさらばしたいっす。

けど、15年じゃぁ、母が93歳で、まだ生きていそう……。
08:39  |  life  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2018'12.07 (Fri)

チヨツムリ

20181207a.jpg

この写真とタイトルで、私が何が言いたいか、

ピコ~ン!

って、頭の中で鐘がなった人は、
このブログの相当のマニアです。

これは前回のブログで紹介したデスクヒーターに、
お尻が寒い時、椅子から降りて尻を温めている私の姿を、
カタツムリに引っかけ、

チヨツムリ

と、命名したものです!

普段は机の下でやっているのですが、
それだとワケワカメな写真になってしまうので、
リビングにデスクヒーターを持ち出し、再現してみました。

写真を撮らされているパートナーから、

「あんた、耳当てまでして何がしたいん?!」

と、全く理解されませんでしたけどね……。

今や時代は【インスタ映え】とか【フォトジェニック】で、
私も先日、伏見稲荷の鳥居を撮影するため、
人が入ってこない高さまで頑張って登ったというのに、
実は、

真逆の方向に突っ走る!

これが、ちよこ49歳の生き様です。

こうやって瞬間を切り取られて客観的に見させられると、
髪の毛を自分で染めてはいても、白くハゲて見えますよね。

エイジング! エイジング!

自然体でいいとよ。


ただねぇ、16日の日曜日、
突如、友人の結婚式の2次会に呼ばれちゃって、
ドレスコードはないとのことですが、

この白髪交じりの姿で行っていいものか?!

プチ悩んでおります。

もちろん美容室で染める気ナッシングなので、
皇室ご一家のように、帽子でもかぶろうかなぁ~。

いやぁ、結婚する友人(女性)は44歳で、
私が学生時代、彼女は高校生。
市民参加のミュージカルに出演した時に知り合ったんです。

それ以来、互いに顔を突き合わせたことは無く、
年賀状だけのやり取りだったのに、
よほど人数がいないのか、いきなり呼ばれちゃいました。

約四半世紀ぶりに会うのが、結婚式の2次会って、
ドラマチックと言われれば、そうですけど、
私はその場に、誰も知った人なんていません!

でも、

46歳の結婚(初婚)って、どんなもんなの?!

それが気になって、気になって……。

会費1万5千円を払い、人間観察を楽しんできま~す。
22:21  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2018'12.05 (Wed)

デスクヒーター

201812052.jpg

ブログの更新回数減っておりますが、
私も加齢には勝てんので、勘弁してやってください。

昔のようなパワーがないのよぉ~~~。

で、そんな肉体年齢65歳の私にとって、
冬はパソコンに向かうのが遠くなりがちで、

寒くて、コタツから出られません!

これが、本音だったんです。

我が家は母が一人暮らしになってから、
灯油撲滅運動に参加するようになり、
暖房はオール電化で、私の部屋はエアコンとコタツ。
この両輪で頑張ってきました。

ノートPCだから、コタツに移動してもいいんですが、
コタツは手芸作業専用台として、備品が散らばっており、
片付けるのが面倒臭いんですよねぇ。

なので、ついに買ってしまいました。

デスクヒーター

パッと見、ぷちコタツです。

足元がぬくぬくなのは、ほんと助かります!!!

ネットで、いろんなタイプを探してみた結果、
これが消費電力が200W、値段も8000円ほどで、
ちょうどいいかなって、決めました。

私的には、写真では見えづらいですが、
上にカバーが付いているのがポイント高く、

私を四方から、温めて!

って、感じです。

見た目はモッサリしてますけど、基本、引きこもり部屋ですし、
とっても自己満足しております。

足元が寒いと、オバサン、
ブログを書く気力が出ないのぉ~~~。


おかげさまで、この冬はブログの更新、
2日に1度ではありますが、続けていけそうです☆
22:22  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT