All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'06.25 (Sun)

DVDプレイヤー

実家に帰ってきて、初めてDVDプレイヤーを買いました。

これまではパソコンからDVDを見ていたのですが、
子育ても一段落し、今年の後半はゆっくり過ごしたいと思い、
自分が好きな海外のドラマでも観賞したいなって、
ついに買ってしまったのでした!!!

はい、再生専用で録画はできないので、
ブルーレイ&DVDの両方を見られるものでも、
1万円ほどで手に入りました!

TVの録画は、TV内蔵のメモリーに残せるように出来ており、
コレクションする気がない私は、見たらドンドン消していってます。

でね、今のところ【CSI:NY】が大好きなので、
9シーズンありますが、最初から、ぼちぼち見ていこうかと!

ただ、ビックリしちゃいましたわ。

たかが10年ほどの間に、
鑑識の機械の性能が、一気にグレードUPしてたとは!

今、10年ほど前の最前線を見ていますが、
スマホがないんで、デジカメで現場検証を撮影しており、
特に検死のシーンが、今のCSI:NYでは3Dホログラムが出てきますけど、
シーズン1では、レンガ造りの倉庫みたいなところで、
【法医学教室の事件ファイル】って感じでやってますもん。

いやぁ、技術の進歩は10年で、こ~んなに変わっちゃうのね!

日本の警視庁も、鑑識の人はアメリカに留学させないとダメねぇ。
っていうか、イージス艦じゃないけど、
最新鋭の機器を揃えないと、犯人は追い詰められないってことなのかしら?

まぁ、日本はアメリカほど鑑識の仕事が多いわけではないでしょうから、
その点では、古い体質でも大丈夫なような気がしないでもないですけど。

でもね、私たち個人の生活においても、
スマホが入ってきたら、1日に扱う情報量が桁違いですもんね。


イチイチPCを開けなくても、手の平で、だいたいのことが分かるんです。

しかも、紛争地帯の難民の方だって、スマホは命で持ち歩いており、
みんなみんな1人1人がプチ鑑識って技術と共に生活してるって、
スゴイことですよねぇ。

ただなぁ……近々シャーロックの第4シーズンも始まりますが、
海外ドラマの製作費が、1話あたり映画1本並みになっちゃいますよね。
デジタル処理のオンパレードですもん。

CSIの全シリーズが終焉してしまったのも、制作費の高騰がベースにあり、
終わってしまうぐらいなら、【法医学教室の事件ファイル】ぐらいで良かったのに。
でも、全世界の人が憧れとして見るには、チト物足りないか……。
スポンサーサイト
17:32  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.24 (Sat)

地方アイドル

先週の日曜、パートナーと車で遠出したのですが、
たまたま通りかかった農協の直売所で『JA祭り』をしており、
私たちも覗いてみました。

駐車場にはテントが張られ、無料で甘酒が振る舞われていましたし、
ミニステージが設置され、誰かが歌っていました。

最初はカラオケ大会でも開催されているのかと思ったのですが、
観客席も空席が目立ち、ぜんぜん盛り上がっていません。

知っている人がカラオケで歌っているなら、
田舎パワーで応援しているはずなのに、
オカシイなぁって思ってみていると、
1人の若い女性が、ずっとステージで歌い続けていたのでした。

それがねぇ、声量があって、スゴク上手いんですよ!

それこそNHKののど自慢だったら、
鐘がキンコンカンコン(古っ!)鳴り響き、合格しています。

でも、地方のJAのイベントだったら、売れない演歌歌手とか想像するのに、
彼女が歌っているのは、アニソン系列(アニメソング)なんです。

アイドルって、顔はかわいくダンスもできるけど、歌はヘタ

というイメージがありましたが、その彼女の場合は、

スタイルがイマイチで、顔も普通だけど、
声が抜群にかわいくて、歌は上手!


声優さん志望だからこそのアニソンだったのでした。

けど、誰がブッキングしたのか? 大音量のアニメ声が響く中、
農協関係者の方々は全く興味を示さず、
マイペースでお仕事をされていましたし、
直売所店内のお客さんも、完全にスルーでした。

でね、私たちが買い物をすませて外に出ると、
ちょうど彼女のステージも終わったようで、

「皆さん、今日は来てくれて、ありがとう!」

って、ガラガラの観客席に声をかけたんですよね。

でも、いましたよ! いました! いました!

彼女にも熱烈なファンが!

最前列に並んで座っていた3人の若い男性が、
手を振って応えてましたよ。


やはりファンは心強いなぁって、つくづく感心したのでした。

でね、彼女が告知のチラシをワンボックスカーに取りに行ってると、
ステージの音響設備を年配の男性が1人で片付けていました。

どうやら地方芸能事務所のスタッフの方らしく、
2人セットで営業に来たって感じです。

「サイン入りのCD、買う?!」

と、私がパートナーに聞くと、その時は『いらない』って答えたのに、
今になって、

「ネタになるし、1枚ぐらい買ってあげてもヨカッタかもね」

なんて、55歳のオジサンは若い女の子には弱いのでした。
16:53  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.23 (Fri)

先制パンチ

よく同窓会の話題で、

「ウン十年ぶりに会ったのに、
 すぐに、あの頃に戻って、気さくに会話が弾んだ!」


というのが、多いですよね。

っていうか、緊張して会話に苦労すると思う人は、
最初から同窓会に参加しないですし。

で話しは変わりますが、
私が、大学時代を過ごした実家に帰ってきたこともあり、
転居通知を出したところ、数人から返事が来たんです。

その中に、大学の図書室で司書をしていた方からお知らせがあり、

「Aさんが6月末で、退職されます」

という内容だったんです。

このハガキをくださった方は、既に引退されているのですが、
Aさんは、まだまだ大学にいると思い、
今月初旬に大学を訪ねた時、私は図書室に寄りませんでした。

Aさんの連絡先を知らないし、ココで会っておかないと!

と、私は焦って大学の図書室に電話をつないでいただいたのですが、
なんせ引継ぎが忙しいようで、
本人が不在のまま、出勤日だけ聞けたのでした。

で、Aさんが確実にいるという時間に、図書室に行くと、
私と同世代のBさんも、一緒に私を待っていました。

私は学生時代、よく図書室に遊びに行き、
クッキーやパンを家で焼いては差し入れしてましたし、
当時、スーパーでバイトをしていた私は、
【特販】といって、スーパーの社員に格安で販売する制度を利用し、
図書室の司書の方にも、必要なものがあればカタログで選んでもらい、
私が代わりに買ってきて、代金を受け取ったりしていたんです。

今じゃ考えられない、ユルユルな関係です!

でも、私が卒業する時、
司書の皆さんがお金を出し合って花束を用意してくれたことは、
今でも感動して、ウルウル思い出してしまいます。

だからこそ、卒業後も実家に帰った時は、
ユースケを連れ、お土産持参で、大学の図書室に顔を出していました。
ただ私が体調を崩した頃からユースケが1人で帰省するようになり、
もう7年ぐらいはご無沙汰になってしまったのでした。

でね、7年ぶりに再会した時のことです。

あと1週間で退職されるAさんは、
優しく微笑んで私を迎えてくれたのですが、
40代半ばのBさんは、私を見るなり、アンパンチ!です。

「どうして髪、染めないの?」

と、聞かれて、私、バイキンマンじゃありませんが、

『バイバイキーン!』

って、吹っ飛びそうになりました。

7年ぶりに会った最初の一言が、ソレってないんじゃない?!

アイタタタッの先制の一打だったのでした。

まぁ、それだけ私のことを、身内というか、
気楽な仲間と思ってくれているのは、感謝すべきなんでしょうけど、
私、これでも自分の中では、今は髪を染めているほうで、
きれいに染まる強いカラーリング剤は肌に合わず、使えないんです。

そこを、いきなり突かれてもねぇ……。

でも、皮膚が弱いとは言わず、ハッキリ、こう言い返しました。

「貧乏なんです」

すると、向こうは黙ってしまったのでした。

あぁ、貧乏最強!
17:29  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.22 (Thu)

カーナビ

先日、パートナーが迷子になりましたが、
その時、私は車の教習所で言われたことが、頭の中を過ぎりました。


「道を間違えたと思ったら、すぐに引き返しなさい!

 人間の頭の中では、角を曲がると直角であるというイメージがあり、
 次に2回曲がれば本来の道に出るというように思いがちです。

 しかし、実際の道はいろんな角度で曲がっているため、
 間違えて進んでも、思うような道に出ることは少ないです」



はい、その頃はカーナビなんてなかったので、
地図帳を頼りに運転していましたよ。

でも、今ではカーナビもお買い得な値段まで下がったこともあり、
10年ものの軽自動車にも、付けることになりました!

というのも、今、パートナーが職安で仕事を斡旋してもらい、
面接を受けている最中なのですが、
車通勤でないと無理という場所が多く、
初めての土地を運転していくというのは難しいですもんね。

スマホがあれば、ナビもしてくれますが、
パートナーは機械がダメダメで、今でもガラケーですし……。

なので、昨日は車用品の専門店に行き、
カーナビを買って取り付けていただきました!

もうねぇ、2時間かかりましたよ……。

我が家は埋め込み型ではなく、3万円ほどの据置型です。

これでパートナーの仕事も決まればいいのですが、
田舎は寿司職人の仕事がなく、和食になってしまうため、
どう評価されるかは未知数です。

まぁ、実際に試用期間で働いてみないと、
雇う側も雇われる側も、分かりませんけど、
今は正社員狙いなので、そこまで行けるかも???であります。

正社員がダメなら、バイト・パートでも仕方ないですよね、
年齢が年齢ですし。
そして板さんのスキルを活かせる場があれば、
ありがたいと思わねば……。
10:38  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.20 (Tue)

迷子 or 蒸発

昨晩、パートナーが散歩に行くと言って出掛けたまま、
2時間ほど、夜の9時前になっても帰ってきませんでした。


7時過ぎに陽が落ちてきて、やっと歩ける暑さになったので、
私もポケGO片手に散歩に出たのですが、
パートナーと私とは歩く速度が違うっていうか、
そもそも目的が違うので、別の道に行ったんですよ。

で、まぁ、大人だし、そのうち帰ってくるだろうと思っていたら、
私は8時前に帰ってきたものの、
パートナーは8時過ぎても戻ってきません。

既に外は夏至を前にしたといっても暗くなり、
心配性の母が、キーキー怒鳴り始めました。

私は、母に、

「55歳の大人なんだから、そのうち帰ってくるでしょ!」

って、気楽に答えていたのですが、
さすがに8時30分になると、私も不安になってきて、
まずは、携帯に電話してみました。

すると、パートナーの部屋から呼び出し音が鳴り響き、
携帯を持って行っていないことが判明!

「もしかして○○さん、この家が嫌になって、
 蒸発したのかしら?!」


って、うちの母は言い出すし。

で、9時に戻ってきたパートナーですが、部屋に入ったと思ったら、
心配する私たちを置いて、瞬時に外に飛び出ていったので、
意味不明の行動に???になってしましまいました。

そして、財布を片手に玄関に戻ってきたパートナーは、

「迷子になりました」

って、言うんです。

まぁ、初めての場所なので、土地勘がないのは仕方ないのですが、
薄暗くなってから、細い道を歩いていたら、どんどん訳が分からなくなり、
それも、山の中へと入ってしまったそうで、
人家も見当たらなくなったんですってさ。

そして、気が付いたら走り出しており、
灯りが付いた運送会社に飛び込んだとのこと。

「タクシーを呼んでもらえませんか?」

って、もう、ココまで来たら、不審者ですよ! 不審者!

アメリカだったら、不法侵入で拳銃を突きつけられても文句言えません。

まぁ、親切な事業所の人がタクシーを呼んでくださり、
なんとか家に辿り着いたのでした。

「よく、こんな山奥まで歩いてきましたね」

って、タクシーの運転手さんに妙に感心されたそうですが、
お金の持ち合わせがなく、タクシーに門の前で待ってもらい、
慌てて家に財布を取りに行き、代金を支払った……

というのが、実際の所だったのでした。

はぁ~ぁ、蒸発ではなく迷子だったのはホッとしましたが、
これから年を重ねていったら、
私も道が分からなくなる日が来るのかもしれないって、
ゾッとしたのでした。


まぁ、今はスマホがありますけど、
スマホの使い方も分からなくなってるかも……。
21:23  |  life  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT