All archives    Admin

2010'09.30 (Thu)

修学旅行

今日、ユースケは修学旅行に出発しました!

まぁねぇ、小学校なんて1泊2日なんで、
行ったと思ったら戻ってくるという目まぐるしさ。
なんかもう、どうでもいいって気持ちになってしまうんですが、
昨晩、ユースケ1人でしおりを見ながら荷物の準備をする姿を見ると、
さすがキャンプ経験豊富になったもんだ!
と、子どもの成長に嬉しくなりました!

けど、出発前のユースケに、私はあるアドバイスをしました。


「テンションが上がるのは仕方ないけど、余計なことは言うなよ!」


はい、これはユースケが通う造形教室の先生の実体験から出た言葉でした。

というのも、造形教室の先生の息子さん(現在高3)が、
小6の時の修学旅行で発した一言が問題になり、
後で、大騒動になったというのを聞いていたからです。

ほんと、些細な一言なんですよ。


「Aくん、肉食べ過ぎ!」


でも、これが引き金になり、造形教室の先生は夫婦で謝罪に出かけたそうです。

なんかね、ハウステンボス(うちの小学校は行かないんだけど)で、
食事をすることになり、班ごとにテーブルにつき、
船上でバーベキューをしたそうなんです。
で、先生の息子さんがAくんの食べる姿を見て、

「Aくん、肉食べ過ぎ!」

って、おちゃらけて言ったそうですが、それを聞いた他の子が、

「そうだ、そうだ、Aは肉ばかり食べてる!
 Aはいつもイイトコどりばかりして、実は俺たちおまえのことが大嫌い!」

と、そこで仲間割れしてしまい、
Aくんは残りの修学旅行での団体行動で、ハミにされちゃったんですね。

確かに先生の息子さんの一言がきっかけにはなりましたが、
これまでのAくんの態度に、みんな内心腹を立てていて、
それが一気に爆発した形になってしまった……というのが実情です。

けど、修学旅行から帰ってきたAくんは、
自分がいじめられたと、お母さんに訴えました。
そして、そのお母さんは、すぐさま学校に乗り込み、

「6年間で最大の思い出になるはずの修学旅行で、うちの息子は屈辱を味わった!
 この責任は、いったい誰が取ってくれるんだ!」

って、怒鳴り散らしたんですね。

それで……学校がとった行動は、

【すべての発端となったのは、息子さんの一言だから、
 夫婦で子どもと一緒に家まで行って、謝罪してきてほしい】

と、造形教室の先生は担任に呼び出されて言われたんだそうです。


これって、なんかオカシクない?!


でも、他にいじめた子の保護者の皆さんは、
Aくんの日頃の態度が悪いんだって団結し、
一緒にAくんとこに謝罪に行くのは拒んだそうで、
もうねぇ、うちが謝りゃいいんでしょ!
って、先生夫婦は半ば自棄になって、謝罪に伺ったそうです。
相当、嫌味を言われたとのことでしたが。

はい、その話を聞いてたんで、私はユースケに言いましたよ。

「くれぐれも、余計なことは言うなよ!」
スポンサーサイト
21:28  |  life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT