All archives    Admin

2012'10.31 (Wed)

ズタボロ乙女心

「副部長のお母様ですよね?!」

って、先日、ドラッグストアで買い物してレジに行くと、
いきなりレジの女性に声をかけられたので、
か~な~り吃驚して、内心ドギマギしちゃったんです。

向こうは私を知ってるけど私は知らないっていう時、焦りますよね。

で、『副部長』ってことは、ユースケの部活関連だなと思い続きを聞くと、

「うちの子、この前の新人戦で1回戦敗退だったんです」

っていうセリフから、あぁ、1年の親なのねって認識したため、こっちも、

「いやいや、1年生は、まだ入部して間もないですし、
 今の2年生も去年の新人戦では、部長を除いて、みんな1回戦敗退でしたよ」

なんて、お話ししたのですが、

ヤバッ、またこの店の従業員に知り合いが1人増えた!

って、チェック、チェックでしたわ。

はい、既に小学校の時にPTAの役員をした時の知り合いが働いていたので、
このドラッグストアでは2人目!

でね、今日は痔の薬を買いに行ったんです。
パートナーのを買いに行ったという気持ちで買えばいいんでしょうが、
それなら自分で買えや!って、私は買いに行かないだろうし、
まぁ、自分が必要だから買いに行ったんですけどぉ、
知り合いの女性2人がレジにいないのを見計らって、レジに行きましたわ。

すると……

私の前で会計を済ませていた兄ちゃんが、
1000円もしない買い物なのにカードで支払い、
さらに、そのカードが、なかなかリーダーに認識されなくて、
レジの女性が何度も通しているんですよ。

「お待ちのお客様、コチラのレジにどうぞ!」

って、いう声が背中から聞こえてきましたが、
私、フリーズして振り向けませんでした……。

だって、部活の後輩のお母さんの声でしたから!

はい、ここで痔の薬(ポラギノールだよ)1箱だけ持って、
そっちで支払うのはメチャクチャ苦しい!!!
そりゃ、仕事には守秘義務ってあるんですが、
お互い、気まずい思いをしないにこしたことはないですよね。

なので、声を無視して待っていたら、

「向こう側のレジに行ってください」

ってさぁ、待ってるレジの女性から、私、言われてしまって、

「すみません、向こうのレジに知り合いの女性がいるので」

と、言うと、彼女も私の薬を一瞥し納得したようで、

「後ろの方、向こう側のレジに行ってください」

って、私の後ろに並んでいた女性を促したのでした。

でも、悲劇はココで終わりませんでした……。

カード支払いの男性でレジが止まってしまったことを、
不審に思った従業員の女性が、新たに、このレジに入ってきたんです。

はい、その彼女は、知り合いその2・小学校PTAつながりでした。

彼女は、いつもならテープだけ貼るのを、痔の薬だからと紙袋に入れた後、

「レジ袋をお付けしましょうか?!」

と、丁寧に聞いてくださったんですが、やはり痔であってもエコを重視すべきだと、

「いえ、このままバッグに入れます」

って、受け取ったのでした、目と目を見つめ合いながら……。

あぁ、今日の乙女座はラッキーランキング2位だったのに、
みごと、あたしの乙女心はボロボロですぅ。


って、ボロボロなら、ここに書かなきゃいいんでしょうが、
でも、1週間、市販の薬で効果がなかったら、
私、宣言しときますよ、病院に行きますって!!!

はい、直腸がんの末期と診断され、
今年、私が尊敬する女性がお亡くなりになりました。

恥ずかしがって病院に行かないよりは、皆さん、私と一緒に行きましょうね!
スポンサーサイト
16:04  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT