All archives    Admin

2014'01.31 (Fri)

フルーツバスケット

このところリアル中学生ネタが続き申し訳ないです。

祝! 残り1か月半で義務教育終了!
という、ラスト・スパートの意味も込め、
中学生日記を綴ることが多くなること、ご了承ください!

そして、私立の専願入試の結果ですが、
クラス全員が受かったわけではなかったため……
『合格』という言葉を口に出来ない雰囲気になってしまったそうで、
それでも、様子を見ていたら分かりますよね。

ウルトラ三流私立を受験した男子2人は合格し、
なんと、ユースケの同じ班の女の子が不合格となってしまいました。

「その高校を専願で受験して落ちたっていうの、
 ぼく、聞いたことないから、大丈夫だって!」


と、これまで彼女を励ましていたユースケ、真っ青!!!

口は災いの元だと、今日は寡黙に給食を食べたんだそうです。


で、今日のお題は『フルーツバスケット』なのですが、
これは、入院している友人へのお土産でもなく、
ホストクラブのフルーツ盛りでもない、
学校でよくやる椅子取りゲームのような遊びのことなんです。

今日の道徳の時間は、気分転換に、
みんなでレクリェーション・ゲームをしようということになり、
このフルーツバスケットをしたそうですが、
これ、ネタじゃないですからね!!!

でね、最初にルールを知らない人のために簡単に説明しますと、
皆で輪になって椅子に座り、真ん中に1人鬼が立ちます。
で、その鬼になった子がお題を言い、それにあてはまる子が場所を移動。
その移動する間に、鬼が入れ替わる(椅子に座る)というものです。

そして、笑いの神様は、
ユースケのクラスの天然男子くんが鬼になった時に降臨しました。

まず、彼が最初に言ったお題は、

「初夢に、富士山を見た人!」

でした。

はい、彼、一富士二鷹三茄子を知っているように、
決して頭が悪いわけじゃないんです。
ただただ天然なんです。

もちろん、初夢に富士山を見た人は誰もいないので、みんな動きません。

「じゃぁ、靴下をはいてない人!」

と、次に叫んだのですが、
あのぅ、この寒い寒い冬に、靴下をはかずに来る中学生、もちろんいません。
っつうか、『靴下をはいている人』って言えば、全員が移動するのにね!

なので、続けてお題3つ目に突入です。

「年が明けてから、ゲーセンに行った人!」

と、これまた受験生とは思えない発言に、みんなドン引き!!!

でも、この時、男子4名が移動したのですが、
忍者のようにササッと入れ替わったため、
天然くん、真ん中で動けず、座るチャンスを逃してしまいました。

「じゃぁ、昨日、ゲーセンに行った人!」

はい、さすがにこの発言には、みんな即座にツッコミましたよ。
おとなしい子を除き、男子も女子も瞬時に叫びます!!!

「オマエ(あんた)だけや!」

もちろん誰も移動しないので、
周囲から、フルーツバスケット・コール(総入れ替えの魔法の言葉)ですよ。

「フルーツバスケット! フルーツバスケット!」

天然くん以外のクラス全員で手拍子に合わせ、大合唱!!!

フルーツバスケットをしていて、
椅子に座っているほうが総入れ替えを要求するなんて、
もう終わってますよね……。

みんな苦笑いしながら、天然くんに座ってもらったそーです。
スポンサーサイト
18:36  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT