All archives    Admin

2017'03.10 (Fri)

料理本

20170310.jpg

4月から一人暮らしを始めるユースケが、
最近、昼食は自分で作るようになりました。


といっても、これまで料理の手伝いはしてこなかったため、

☆ ご飯を炊く
☆ パスタを茹でる
☆ 素麺を茹でる


というレベルからの出発です。

まぁねぇ、主食の炭水化物は自炊して、
主菜や副菜などは、レトルトでもコンビニでもいいって感じでしょうか。

「一人暮らしになったら、自分で料理する!」

と、豪語しているユースケでありますが、
今まで、やってこなかったのに、いきなり出来るわけがないって、
私は思ってみています。

トップクラスの美大の4年間は、課題をこなすのが忙しく、
バイトも出来ないと言われており、
我が家も、バイトより創作活動や美術館巡りなど、
4年間で、出来るだけ多くのことを吸収できる方がいいと思っています。

まぁ、バイトはねぇ、
うちの店の手伝いを、小学生の頃から、たま~にしていたので、
ホールや皿洗いなどの居酒屋なら、十分、通用するでしょう。


なので、そんな多忙な中、
自分で料理するなんて無理じゃないかと思うのですが、
今の時代、素麺を茹でるにしても、ネットで検索し、スマホを見ながら作るので、
基礎の料理の本とか買わずに済む、いい時代がきましたね!

でも、素麺を茹でるのにラーメンを作る小鍋を使おうとしたため、

「素麺は、たくさんのお湯がいるから、大きな鍋が要るとよ!」

なんて声をかけたら、

「そんなの書いてないし……あっ、書いてあった」

という具合なので、
結局、レシピを読まず、テキトーにやっているのでした。

で、そんなユースケが、昨日、料理本を買ってきたと言って見せてくれました。

それが、写真の文庫本なのですが、

【バルサの食卓】

という……
ファンタジー小説の中に出てくる料理を、実際に作るとしたら、
こんな感じになるのではないか?!というレシピ本
です。

さすがに、これは版権があり、ネットで無料で見るわけにはいきませんが、

料理初心者には、難しくね?!

と、疑問がフツフツと沸いてくるのでした。

今、ちょうど、NHKで精霊の守り人シリーズが放送されており、
ユースケと私は原作の大ファンなので、毎週、楽しみに見ています。
そして、小説の中でもそうでしたが、TVでも、
美味しそうな料理を食べるシーンが、数多く出てきます。

異世界の国の話し、それも、どちらかというと、
近未来のSFの逆で、日本で例えたら、江戸時代ぐらいの文明なんですよね。
なので、電化製品が出てくることはなく、蒔きで火を焚いて焼くとかいう世界観です。

だからこそ、シンプルはシンプルなんですけどぉ、
最初は、それこそNHKのビギナー向け料理本ぐらいのほうが、
いいんじゃないかって、私は思いましたわ。

でも、自分のレベルに合った料理を作るのではなく、
憧れていた料理を作りたいというのは……


ガンバレ!

としか、言いようがないですよね。

とりあえず、私に本を見せてきたので、
明日の昼にでも、
香ばしい無発酵のパン(バム)を、作ってみようかと思っています。

「【バム】って、【ナン】に似てない?!」

って、ユースケに言われましたが、
だったら、先日のダムカレーの残りのカレーが冷凍してあるので、
カレーを付けて食べたら、きっと美味しいことでしょう。
スポンサーサイト
18:15  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |