All archives    Admin

2017'04.27 (Thu)

私の姉御

もし自分に選択権があったら、

兄・姉・弟・妹

誰にいて欲しいか?!


って、考えたこと、ありませんか?!

私には、実の兄はいますが、
姉にいて欲しかったなっていうのが本音です。

自分が末っ子だからか、甘えられる立ち位置は捨てたくなく、
弟や妹には興味がないんですよ。
でね、兄よりは姉が良かったなぁって!

兄はねぇ……すぐイジケるんですよ。

これは、兄と妹の宿命なんですけど、
発達が男性はゆっくりで、女性は早熟なため、
兄の失敗する姿を見て学んだ妹は、兄よりも要領が良くなり、
兄はイジケます。

ずっと大人になっても当時のことを根にもってるんですよねぇ~~~。

なので、姉と妹は小さい頃は熾烈なライバル争いになるでしょうが、
それでも、自分が大人になった時はタッグを組んで物事に対処できるため、
私は、姉が欲しかったのでした。

そんな私に、運命の神様が授けてくださったのが、
これから紹介する【姉御】です。


姉御は、誰も友人がいない地で子育てをしていた私に、
いろんなアドバイスを与え、ずっと支えてくれました。

姉御とは英語のサークルで知り合ったのですが、
ユースケがキャロリン先生と出会うきっかけになったのは、
姉御が持ってきた1枚のチラシです。

そこに、キャロリンがピアノ・リサイタルを行うと書かれてあり、
なんか楽しそうだったので、ユースケ(4歳)と2人で聞きに行きました。
キャロリンは児童英語の先生でもあったので、
子どもたちに一緒に歌って踊らないかと呼びかけたところ、
なぜかユースケがトコトコ前に行き、
キャロリンの曲に合わせて踊りだしたんです。

この出来事が、キャロリンとユースケの14年に渡るおつきあいの始まりでした。

キャロリンからユースケは、絵の才能があると褒められましたし、
英語が分からなくても、なんとか通じるというのも学びました。

私の姉御は、人と人を結び付けていく名人だったんです!

他にも、学校での英語の成績がイマイチなユースケに、
英語の講師を紹介してくださいました。

実際の所、トップクラスの美大に受かったのは、
実技試験より、学科で点が取れていたのが大きかったと思っています。
それも英語で点が取れるようになったのが最大の勝因でした。

今のユースケがあるのは、姉御の人脈のおかげです。

もちろん、私も、たっくさんサポートしていただきましたよ。
42歳の時、子宮筋腫で過多月経となり、子宮の全摘で入院していた私に、
お見舞いに来てくれたのは、姉御、唯一人でした。

明日は、そんな姉御とのお別れ会です。
姉御が美味しかったという和食の店で、ランチをご一緒します。

この地を離れたら、もう会うこともないのかもしれません。

なので、いっぱい、いっぱい、感謝の気持ちを伝えてきますね!

姉御、長年、私たち一家を見守って育ててくださり、
本当に、ありがとうございました。
スポンサーサイト
11:14  |  life  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT