All archives    Admin

2017'04.04 (Tue)

お花見には早かった

20170403.jpg

昨日はパートナーの仕事が休みだったのですが、
休日は、朝に公園でジョギングをするよう課しており、
私は寝てますけど、彼は走っているんです。

すると、戻ってきたら、

「桜が満開だから、今日は花見に行こう!」

と、パートナーは言い出し、
だったら、この地で最後のお花見になるだろうから、
『さくら祭り』の会場に足を運んだのでした。

…… 咲いてないよ?!

満開の桜の木は数本しか見かけず、
まだ三分咲き程度の木が多数で、
【桜を見た】という満足感は、全く得られませんでした。

でも、仕方ないので、市販の花見弁当を買っていたこともあり、
写真のように、まだまだ咲いてない桜の木の下で、
2人並んで食べたのでした。

さくら祭りには屋台が多数、出店しているのですが、
かなり割高な値段設定なのと、
花が咲いていないのに、屋台で買ってまで食べたい!
という欲求が出てこないんですよ。

花より団子とは言っても、
桜に目を満たしてもらわないと、腹を満たす気にならないというのが、
今回、判明しました。


若い頃は、花なんて飾りのようなもので、
皆で集まり、ワイワイ騒いで飲んで食べれれば、
それだけで大満足だったんですけどね。

今では、食べたら太るという万年ダイエットも頭を過ぎるし、
年を重ねたからか、そんなに量を食べられないため、
美味しいものが少しだけあればいいなって、変化しました。

それに代わって、
来年の桜は見られないかもしれないという覚悟を持ち、
毎年、毎年、ありがた~く、花を拝ませていただいております。


そうそう、祭りの会場で、こんなことがありました。

韓国の若い女性ばかりの学生さんたち10人ほどが、ゼミ旅行でしょうか?!
引率の先生は日本人の男性の方でしたが、
皆で一緒に写真に入りたいからと、
私に、シャッターをお願いしてきたんです。

数少ない満開の桜の木をバックに、
若い女性が大勢で笑っているという姿は、
私まで、とても幸せな気持ちになりました。

満開の桜と一緒に撮った集合写真というのは、
なんか特別なんですよね。


我が家の台所の壁にも、
ユースケが中学2年生だった時、
ソフトテニス部の卒業した3年の先輩とのお別れ会で、
満開の桜の下に並んで撮影した写真が、今も貼ってあります。

確か3月25日頃だったと思うんですが、ド派手に満開でしたよ。

「毎年、同じ時期に咲くとは限らないんだね」

と、パートナーが、その写真を見ながら呟いたのでした。
スポンサーサイト
19:32  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |