All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'08.20 (Sun)

騒音トラブル

今は、ド田舎で生活していることもあり、基本、静かなんですよ。
だから、たかが草刈り機程度の音でも気になってしまい、
そのことを母に話すと、

「私は、草刈り機よりも、
 道を挟んで向こう側の○○さんちの犬の吠える声の方が、
 よっぽどウルサイって思うわ」


とのこと。

母は犬も猫も苦手なので、そう感じてしまうのでしょう。

確かに、セミの鳴き声に混じって、犬の吠える声も響いてきます。

まぁ、草刈り機は人が動かすものなので、コントロールも出来ますが、
セミや犬は自然界に存在する生命ですから、
人間の意向で、どうこうできるものではないですよね。

そりゃ、庭の木を伐採するとか、犬を躾けてくれと文句を言うとか、
そこまでやれば、変わるんでしょうけど。

でも、私が5月末まで暮らしていた都会では、騒音が当たり前で、
耳栓をしても振動が伝わってくるぐらいダメージは大きかったです。


これだけ空き家問題が取りだたされていても、
都会はマンションの建設が続き、
朝の9時から夕方5時まは、工事現場の音が鳴り止みません。

さらに、私が暮らしていた古いマンションは、全面改装ラッシュで、
昔ながらの仕切られた間取りを取っ払い、ワンルームに変えるには、
大掛かりな工具を使うこともあって、
私の部屋の壁が小刻みに震えるぐらいです。

昼間に仕事で家を空けている人はいいでしょうが、
引きこもり療養中の私にとっては、
ドリルの音を聞かされるたびに、
歯医者の中に缶詰めにされている気分になってしまいます。

でも、それよりも苦しかったのは、
深夜の水道管工事と救急車のサイレンです。

私が住んでいたマンションが、救急車の通り道に当たるため、
1日に何度も、しかも午前3時過ぎでも、サイレンだけでなく、

「左側に曲がります」

とかいうアナウンスまで大音量で流すんです。

これは、もう、住んでからじゃないと分からないことなので、
救急車がうるさくて3か月たたずに引っ越すという方々も、
いらっしゃったように思います。

なので、そういう騒音と共存する場所から引っ越してきたこともあり、
コッチは、

静けさ天国! パラダイス!

多少、草刈り機がうるさくても、犬が吠えても、
気にならないはずなんですが……

それが、人間ってオカシナもので、
マンションの建設やリフォーム、水道管や救急車、
そういう個人がクレームをつけられないものは、
どんなに騒音が激しくても、ひたすら耐えるんですけど、
草刈り機とか犬とか、ご近所で顔が見える人が関与しているとなると、
なんか、イライラしてくる
んですよね。

でも、顔が見えるからこそ、面と向かって言うには、
後々のご近所づきあいを考えると、できません……。

逆恨みが怖いじゃないですか!

だからこそ、ネットで不倫とかの、
絶対的な悪と位置付けられる事例が発生すると、
ここぞとばかりに叩きたくなる気持ちも、なんとなく分かります。

匿名だし、自分が正義だって胸を張れるし、逆切れされないし!

でも、それでも、私は小心者なので、
自分のブログに細々と書く程度しかしませんよ。
スポンサーサイト
19:27  |  life  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT