All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'08.06 (Sun)

AIと労働

早いもので、ユースケが高校を卒業してから、5か月経過しました。

卒業式では、校長先生も卒業生代表も、

【グローバル時代】 【AI(人工知能)による労働の変化】

というキーワードを何度も用いていたのが、印象的でした。

まぁ、グローバル時代というのは、ある程度、想像が出来るというか、
【国際化】というのは、私が子どもの頃から言われてきたことで、
だからこそ、私は中2の夏に1か月間、カリフォルニアにホームステイしたんです。

1ドル240円でしたが、アメリカで多様な人種が共生する社会に、
いきなり日本のド田舎の少女が放り込まれ、
まさにカルチャーショックの連続でした。

当時、四国の田舎には外人がいなかったですもん!

だから、1年に1人とかいう確率で外人を見かけたら、
視野に入るだけで緊張し、右手と右足が同時に出て、
それこそAIじゃありませんが、
私がロボットみたいな歩き方になってました!

それが今では、小学校の英語の授業には外国人講師が入っているんですから、
グローバル化は進んでいると思いますよ。

英語が喋れる、喋れないは別として。

だから、きっと【AIによる労働の変化】も、確実に進行していくのでしょう。

まぁ、今は、その過渡期って段階でしょうか?

はい、ユースケのバイトの話しを聞いていると、

『現時点でのAIの限界』

というのが見えてきます。

ユースケは肉体労働をしているとのことでしたが、
里帰りした際に詳細を聞くと、

自動販売機にジュースを補充するための配送車に、
ジュースの入った段ボールを、倉庫から効率よく詰め込む


というのが、仕事なんですって。

それが身体よりも頭が必要で、研修期間が長い! 長い!

配送ルートに沿って取り出しやすいよう、
段ボール箱をトラックに積んでいくには、
パソコンでAIが計算した通りにはならないんですって。

なので、パソコンから打ち出された紙を見ながらも、
その場の創意工夫で、箱の向きを変えたり、順番を変えたりして、
決められた個数を、配送ルートに合わせて積んでいくとのこと。

「最後は、その場の臨機応変さがないと出来ない!」

って、まぁ、人工知能が得意そうなパズルのようなものでも、
まだ、そこまで追い付いていないようです。

ただ、時間の問題って言われれば、そのうち全面的に機械化されて、
バイトの男子大学生は必要なくなるんでしょうけどね!

人件費を払うほうが安いのか?!
AIの最適化を促進させ、
オートメーション化のための機械を導入するほうが安くなるのか?


先日、100円ショップの配送センターが、全自動化されたというのをTVで見ました。
これによって、店舗の発注と配送センターからの納入の時差が無くなり、
売上が伸びることが期待されているんですって!

やっぱり、いずれ人間が要らなくなるというか、
より安く、より早く、確実に、というものが求められる時代には、
そういう設備投資ができる大手しか生き残れないんでしょうね。
スポンサーサイト
11:09  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |