All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'08.08 (Tue)

美大と体育大

先日のヤフトピで、

『美大と体育大で、潰しがきくのは、どっち?』

という記事が掲載されていました。

記事の中での結論から書くと、

理不尽な上下関係に耐えられ、体力もある体育大卒のほうが、
個性が強く組織が苦手な美大卒よりも、マシ!

というものでした。

ただ記事の中にも書かれていましたが、

「美大に行かせることができる家庭は裕福だから、
 卒後、作家というかニートになっても大丈夫!」


みたいなノリでした。

でね、実際にユースケが美大に入学し、親子でビックリしたのは、
あんなに学費がかかるのに、
奨学金をもらっている子は少なかったんです。

今、一般の大学では、奨学金の受給者率は50%を超えているのに、
ユースケの通う美大では、奨学金の話題はほとんど出ないし、
4月から振り込まれるよう申し込んでいたのは、1年生の2%だったそうです。

しかも、いざ、入ってから知った現実なんですが、

「地方出身者は、現役生でも浪人生でも、
 東京の画塾の夏期講習や冬期講習に参加してたんだって!
 行ったことなかったのは、僕だけだった」


とのことで、トップクラスの美大に合格するためには、
地方の画塾ではなく、東京の画塾に行くのが当たり前だったのでした。

うわぁ、そんな常識、知らんかったとよ~~~~。

っていうか、まず、我が家に、そんなお金ないし!!!


だって、東京の画塾(どばた、しんび、おちゃびetc.)の、
夏期講習参加費だけでも、かなりの額が必要で、
さらに交通費に宿泊費ってなると、


無理! 無理! 絶対に無理!


この時点で美大の受験者が淘汰されてますよねぇ。

うちは現実を知らなくて、ヨカッタわぁ。

つまり、受験する前から、
裕福な家庭でないと、合格するテクニックは身につかないのでした。

「おまえ、このレベルの絵で、よく合格したなぁ~」

って、ユースケ、よく同級生には言われるとのこと。

ただ、受験のための技術は、時間と金をかければ手に入りますが、
合格後の伸び代は、また別モノなので、
その辺りのことも、たぶん見る人が見れば分かるんでしょうから、
ユースケには、精進してもらいましょう!!!

で、話しは元に戻りますが、
『美大と体育大で、潰しがきくのは、どっち?』
という質問には、

『そこに、音大も入れてよ!』

とか、

『文系だって、潰しはきかない!』

とかいうコメントも多かったのですが、

潰しがきく、きかないは、大学ではなく本人次第!

という意見が、1番支持を集めていたのは、大いに納得なのでした。

国家資格を持つとかならともかく、そうじゃないのなら、
フリーターにしろ、正社員にしろ、
本人が真面目にコツコツ働くしかないですもんね!
まずは、そこから頑張ろう!


っていうのも、私自身が新卒で入社した会社を3か月で辞めたからです……。
当時はバブルだったので、辞めても、すぐに次の仕事は見つかりましたが、
継続できる人は素晴らしい!と、今でも深く反省しております。
スポンサーサイト
17:00  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |