All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'01.08 (Thu)

僕らは無知

20150108.jpg

先月は、クリスマスカードを世界中に送ったというブログを書きましたが、
ぼちぼちとクリスマスを過ぎてから、お返しのカードが届き始めました。

ユースケが11歳と12歳の時に参加した、
インターナショナルキャンプ(4週間と3週間)で出会った友人たちに、
無理やり、毎年、送りつけているのですが、
今回は、アメリカとイギリス、この2か国の友人からのカードが、
見事に、かぶってたんですわ。

これぞ、クリスマス!

というイラストですが、皆さんは写真を見て、すぐにピンてくるっしょ?!

もう、当たり前すぎて、私はほいほいスルーしてしまったほどなのに、
うちのパートナー&ユースケは、この絵の意味を全く知らなかったんです。

それこそ、コッチが吃驚だわさ!!!

池上彰さんも、いみじくもおっしゃってるけどさぁ、
いくら日本では縁が薄いといっても、宗教を知らんと世界と渡り合えんよ!

でもでも、確かに考えてみたら、キリスト教の家系に生まれたとか、
キリスト教系の幼稚園~大学の、どっかに引っかかったとかなかったら、
触れ合う機会がないですもんね。

今日も、通院途中で、キリスト教系の宗教への勧誘を見ましたし、
ユースケなんか、中学の校門の前で配ってたって、
タダで新約聖書をもらって帰ってきたことだってありました。

それでも、興味なかったらないままで、ぜんぜん生きていけますわ、日本だと!

例えば、このカードを見て、ユースケは、

「星が綺麗なんだね」

で、終わってしまい……真の意味を探ろうって気はないですもん。
スマホを持ってるんだから、絵の意味を知ろうと思えば、ネットでいくらでも探せるのにね。

うちのパートナーも、

「ラクダがいるから砂漠やね」

で、終わり。

いやいやいや、サイテーでも、

キリストの誕生、三人の博士、聖書の一場面

ぐらいは、気づいてもらいたかったですわ。

でも、考えてみたら、私がこの絵の意味を知ったのは、
自分が小学生の時、日曜学校と呼ばれる教会に遊びに行っていたからで、
あの頃、日曜学校に行ってなかったら、私も知らんかったでしょうね。

クリスマスの劇では、私、三人の博士の1人を演じましたもん。

「あぁ、あの星に導かれていけば、我らの神に出会えるはず!」

みたいなセリフを、頭にも身体にもバスタオルを巻いて叫ばされましたからね。

そういう意味では、私はどちらかと言えば無宗教ですが、
それでも異文化を知るという意味では、日曜学校に遊びに行って良かったっす!

っていうか、毎回、讃美歌を歌って、聖書の一説のお話を聞き、
みんなでトランプなんかのゲームで遊んで、お茶とお菓子でなごんだ後、
献金して、今日の聖書の一説のカードをもらい、2時間ほどで終わるんですが、
いつも、うちの母が献金用に50円ほど持たせてくれたんで、
当時の親としては、宗教組織というよりも、学童保育だと思っていたんでしょうね。

いやぁ、今の時代、ユースケに日曜学校に通わせるかと私が聞かれたら、
宗教は怖いっていうイメージがあって、私は反対しているんじゃないでしょうか。

教育と洗脳は紙一重ではありますが、
昔の日本は宗教に寛容だったからこそ、私は無知を免れたわけで……
う~~~ん、難しい距離感だなぁって、改めて思い知るのでした。
スポンサーサイト
20:23  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

残念ながら私も無知です。

私が生まれ育った町(当時は村)に
教会なんて無かったしなぁ~
あっても行かなかっただろうな
父親が新興宗教を嫌ってたので
同じ括りとされてたと思うから…
ぷにゅ2 | 2015年01月09日(金) 02:46 | URL | コメント編集

遅ればせながら、あけましておめでとうございます☆
今年もちよこさんのブログ楽しみにしてます(^^♪

私の子供たちが通っていた幼稚園がキリスト系で(といってもクリスマスの時だけキリスト色があるだけでしたが)、クリスマス会で年長さんが聖誕劇をやるのが伝統でした。
そこで、長女にこの写真を見せて「何の絵か分かる?」って聞いたら、「博士!!」「星はキリストが生まれた場所だよね~」って(^◇^)
おぼえてましたよ~♪

たしかに。こういう経験がないと絵をみても???ですよね。
私も無宗教なので、子供たちをこの幼稚園に入れなければ絵の意味が分からなかったかも。

「経験してみて」「知る」ことって大事ですね。そこから「考える」力につながるし。
とつらつら考えさせてもらいました(^^)
こめこ | 2015年01月09日(金) 17:17 | URL | コメント編集

ぷにゅ2さん

> 残念ながら私も無知です。

いやぁ、私もたまたま日曜学校に行ったから知ったようなもので、
キリスト教と仏教以外は、神道もイスラム教もユダヤ教も、ぜんぜん知りませんから!

> 私が生まれ育った町(当時は村)に
> 教会なんて無かったしなぁ~
> あっても行かなかっただろうな
> 父親が新興宗教を嫌ってたので
> 同じ括りとされてたと思うから…

でしょ?!

普通、そうだと思うんですよ。

うちの両親は、クリスマス会で私が劇に出るといっても、
1度も教会に足を運んだことなかったですし、
自分たちは、宗教に巻き込まれないぞ!と、距離を取りながら、
子どもだけ遊ばせてたんですね。

でも、通っていた子も10人はいなかったので、
おそらく、ほとんどの家庭は、子どもが行きたいといっても行かせてなかったはず!

うちの親が、日曜に子どもの世話をするよりは、
どこぞの誰かが相手をしてくれる方が、
自分たちがラクっていうのを選択しただけの話しです。
ちよこ | 2015年01月09日(金) 18:09 | URL | コメント編集

こめこさん

> 遅ればせながら、あけましておめでとうございます☆
> 今年もちよこさんのブログ楽しみにしてます(^^♪

こめこさん、こちらこそ、あけおめで~す!
どうぞ、今年も、よろしくお願いいたします!!!

> 私の子供たちが通っていた幼稚園がキリスト系で(といってもクリスマスの時だけキリスト色があるだけでしたが)、クリスマス会で年長さんが聖誕劇をやるのが伝統でした。
> そこで、長女にこの写真を見せて「何の絵か分かる?」って聞いたら、「博士!!」「星はキリストが生まれた場所だよね~」って(^◇^)
> おぼえてましたよ~♪

さすが、お姉ちゃん!
記憶力が素晴らしいです!!!

でも、キリスト教系の幼稚園に通うのが、1番、子どもにとっていい環境だと私も思います。
うちの息子は保育園でしたが、保育園は拘束される時間が長いので、子どもは嫌がってました。
キリスト教系だと、きちんと世の中のルールやマナー、英語なども教えてくれるため、
通わせた保護者さんに聞くと、皆さん、好評でしたもんね。

> 「経験してみて」「知る」ことって大事ですね。そこから「考える」力につながるし。
> とつらつら考えさせてもらいました(^^)

この前、TVで言ってましたが、
人間の記憶に1番残る方法は、自分が学んだことを、そのまま誰かに教えることだそうで、
2番目に残る方法が、自分で体験することだそうです。

なので、経験することが、子どもにとって、スゴクいい学びにつながるんですって!
ちよこ | 2015年01月09日(金) 18:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/1952-64b1e362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |