All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'02.02 (Mon)

寄付

うちのパートナーの知り合いの息子さんは、
甲子園を目指し、小学生の頃から野球漬けの生活を送ってきました。

今、息子さんは高校2年生で、野球部に所属しているのですが、
その高校が春の選抜に出場することが決まったんですね!

ただし、息子さんはレギュラーではなく、観客席での応援になりますが。

けど、お父さんのほうが、もう大はしゃぎで、
すごく嬉しそうに、うちのパートナーの顔を見ると話しかけてくるそうで、

「甲子園出場が決まったから、野球部は全員、
 最低でも8万円は寄付しなきゃなんないんだよ!」


とのことで、

8万円を安いと見るか? 高いと見るか?

まぁ、憧れの甲子園ですし、
これまで息子さんに注ぎ込んだ金額から換算すると、安いんでしょうけどね。

実は、私もユースケが高校の芸術科で、
先週、3年生の卒業作品展が開催されたこともあり、
作品展の冊子を制作するための協賛金として、
うちの店の名義で、1万円、寄付しましたわ。

なんか自営の人は、寄付をお願いしたいということだったため、
日頃、お世話になっているし、必要経費だと思って払いましたが、
まぁ、せいぜい1万円ですよ。

でも、うちの高校の場合は最低が1口5千円だったので、

「5千円で十分とよ」

と、担任の先生にユースケは声をかけられたそうですけどね!

ほんと寄付って、微妙な立ち位置です。
強制じゃないけど、でも、やっぱり仕方ないかって、そんなところなのでした。


ちなみに、パートナーの知り合いの高校の野球部の息子さんは、

「もう野球はやり尽くしたから、高校で終わりにする」

とのことで、本人は野球、そこまで好きじゃなかったみたいなんです。
でも、待望の男の子で、お父さんが、どうしても野球をやらせたかったという夢を、
ちゃんと形にしたんですから、息子さん、あたしゃ、偉いなって思います。

でね、息子さんに伴走して、お父さんも、ずっと走り込みをしてきたのですが、
今じゃ、お父さんのほうが、
フルマラソンに参加するほどのスポーツマンになってしまいました!!!

「だったら、お父さんが草野球のチームに所属して、自分で楽しめばよかったのにね!」

なんて、私たちは小声で話しておりますが、
でも、やっぱり甲子園じゃないとダメなんでしょう。
スポンサーサイト
18:24  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

8という数字に疑問が・・・
なんか半端な数字のような・・・w
1とか5とか10とか・・・

しかし各家庭にもいろいろ事情があるわけだし
8万は高いような気がします。

OBになると大変ですね。
カープなんか樽募金ですよw
ゆみかん | 2015年02月03日(火) 01:51 | URL | コメント編集

ゆみかんさん

ゆみかんさん、コメント、ありがとうございます!

> 8という数字に疑問が・・・
> なんか半端な数字のような・・・w
> 1とか5とか10とか・・・

でしょ?!

私も最低10万円にすればいいのにって、
この8万円という額を、どうやって計算したのかが???と思いました。

> しかし各家庭にもいろいろ事情があるわけだし
> 8万は高いような気がします。

まぁねぇ、野球部に関係のない生徒さんは、自由募金という形で、
甲子園に応援に行かず、学校で応援するというのなら、払わない人もいるんでしょうが、
野球部となると、やっぱり全員が払わされちゃうんでしょうね。

でも、もともと私立の高校で、甲子園が決まったのも、
お金で優秀な野球部員を、全国から集めてきたというのが真相だそうで、
2年生よりも1年生のほうが力のある生徒が多く、2年生が補欠なんですって!

> OBになると大変ですね。
> カープなんか樽募金ですよw

あはは、カープは市民球団ですし、愛されて募金っていうのが、ベストですよ!!!
それに、そうそう卒業生は全員、母校の甲子園出場のため、
募金用の振込用紙は送られてくるんでしょうし、甲子園って憧れだけでは行けないもんですね。
ちよこ | 2015年02月03日(火) 18:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/1977-96472cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |