All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'02.17 (Tue)

恐怖の行方

昨年の6月、私は副鼻腔炎の内視鏡手術を受けました。

その時の血液検査で、私はスギとヒノキの花粉に対し、
中程度のアレルギー反応を示すという結果が出たのですが、
鼻の手術を受けた際、私は鼻茸(ポリープ)の切除と一緒に、
アレルギーのセンサーをブロックする処置も受けたため、
今年は快適に過ごしております。

そして、術後1年間は経過観察ということで、
今は2か月に1度、通院しており、
先日、こんな光景を目にしたのでした。

はい、1人の20代前半の若い女性が大声で泣きながら、
看護士さんに話しを聞いてもらっていたのですが、
その内容が、私と同じ鼻の手術に関することだったんです。

どうも彼女は、鼻の手術を受けるのを、かなり迷っているようで……
1度に両方の鼻の手術を受けるのではなく、
片方ずつ受けたいと申し出ていたんです。


手術を体験した私からしたらですよ、
麻酔をかけるにしろ、入院期間にしろ、たぶん金額的にも、
左右の鼻の穴を2回に分けて手術したら、
全てが2倍かかるじゃないですか!!!

それでも、中にはそういう選択をする人もいるそうで、
両方の鼻がつまって息が出来ない状態が10日間ほど続くというのが、
物凄い恐怖らしいんです。


鯉のように口をパクパク開けて、エラ呼吸ではなく口呼吸していたら、
鼻が詰まっても、ちゃんと人間も生きていけるんですが、
10日間の口呼吸というのが、やったことない人にとっては恐怖なんですね。

あたしなんて副鼻腔炎歴30年でしたから、
風邪をひいたり、花粉の時期になったら、そんなの当たり前でしたけど……

でね、看護士さんは、何とか彼女の考えを変えようと必死でした。

「片方ずつ分けて手術を受けた方もいらっしゃるのですが、
 痛みは片方の手術だから半分になるということはなく、
 片方だけ手術して完治しても、もう片方は放置となる場合が多いんです!
 だから、受ける時は左右同時に受けたほうが、絶対、後がラクですよ」

はい、まさに、その通りなので、私は聞きながら頷いてしまいました。

鼻が詰まって息が出来ない恐怖 と 痛みの恐怖

最終的に、どちらに人間が弱いかというと、痛みだと思うんですけどね……。

そりゃ、鼻から呼吸できない時に、口にガムテープ貼られたら、死んじゃうけどさ!

まぁねぇ、価値観は人それぞれなので、彼女が、どんな決断をするのか、
私は知りませんが、まぁ、いろんな考え方があるんだなぁって、勉強になりました!
スポンサーサイト
17:59  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます。手術と言う言葉がなにより怖いですよね。私は、ばね指で手術を勧められた時にマッサージで何とかしてほしいとお願いしました。ですが、最終的には、手術をしました。お医者様の言う事を最初から聞いておけばどれだけ楽だったかと後で思いました。私バカよね・・♪
ピーちゃんこ | 2015年02月18日(水) 05:41 | URL | コメント編集

私の友達、鼻ではないのですが股関節の手術するんです。しかも両足いっぺんに。その友達と先日話してたんだけど、片足ずつするケースも多いそうで・・・・。でも「入院や全身麻酔、術後のいろいろを2階もするかと思ったらめんどくさいから、1回で済ますんだ。」って言ってました。その若い子、10日間口呼吸が怖いだろうけど、それで命落とした人いないしね。かえって、1回目のいろいろを知っちゃっての2回目は怖いような気がするけどなあ。
まりん | 2015年02月18日(水) 08:57 | URL | コメント編集

今晩はv-22

あたしは先生から 両足一遍だと 大変だからって
手術は 片足ずつだったんですよねえ・・。
何しろ痛かった・・v-406

まあ 両足だと入院になるし トイレも行けないからって
先生に言われて まあ そうだなって片足ずつに・・
子供が産まれて1歳になってなかったしねえ・・。

確かに 息は苦しいかもしれないけれど・・
一度が楽なのでは・・まあ あたしも鼻炎酷くて
息苦しいのはオトナになるまで いつもだったから
あまり怖くないけど・・3年くらい耳鼻科に通って
いつの間にか 鼻炎は軽くなりましたが 風邪ひくと
呼吸困難?です^^;
800びくに | 2015年02月18日(水) 17:42 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> おはようございます。手術と言う言葉がなにより怖いですよね。私は、ばね指で手術を勧められた時にマッサージで何とかしてほしいとお願いしました。ですが、最終的には、手術をしました。お医者様の言う事を最初から聞いておけばどれだけ楽だったかと後で思いました。私バカよね・・♪

はい、おっしゃる通りで、『手術』という言葉が最大の難関なんですよね。

私も過去に、子宮筋腫で子宮の全摘、鼻茸(ポリープ)で副鼻腔炎の手術を受けましたが、
両方とも、早目にやっておけば、残りの人生がラクだったのに、
ギリギリまで悩んで、かなり時間が経過してしまいましたわ。

なので、ピーちゃんこさんの気持ち、よく分かりますっていうか、私もバカだったなって思います。

でも、命に関わりがないのであれば、出来るだけ手術は避けたい!
痛いのはイヤ、怖い!というのが人間の本音ですよね。
ちよこ | 2015年02月18日(水) 18:55 | URL | コメント編集

まりんさん

> 私の友達、鼻ではないのですが股関節の手術するんです。しかも両足いっぺんに。その友達と先日話してたんだけど、片足ずつするケースも多いそうで・・・・。でも「入院や全身麻酔、術後のいろいろを2回もするかと思ったらめんどくさいから、1回で済ますんだ。」って言ってました。

そうなんですよ。
1度に済ませられるものを2回に分けると、全てが倍になってしまうので、
やるなら1度にやってしまったほうが、私も後がラクだと思います。

もちろん片足ずつしたほうが、生活の不便さは避けられそうですけど……。
だって、両足を1度にすると、歩けない期間が長くなりそうですもんね。
周囲のバックアップがない人にとっては、片足ずつしか出来ないのかもしれませんね。


> その若い子、10日間口呼吸が怖いだろうけど、それで命落とした人いないしね。かえって、1回目のいろいろを知っちゃっての2回目は怖いような気がするけどなあ。

もう、その通りで、看護士さんも何度も力説していました。
片方の鼻の手術をしただけで、精神的にまいってしまい、
もう片方をしないっていう人のほうが、多いんですって。

でも、この彼女の場合、両方の鼻に私と同じ鼻茸(ポリープ)があり、
いずれポリープは大きくなるので、両方の鼻の手術は時間の問題なんです。

まぁ、片方の鼻が通らなくなっても、もう片方で息が出来るからいいって、
そう割り切る選択もあるでしょうが、
私の勘だと、彼女、もう手術はしないで、ポリープがとことん大きくなるまで、
我慢し続けるような気がします。

ポリープが小さいほうが、手術も術後もラクなんですけどね……。
ちよこ | 2015年02月18日(水) 19:06 | URL | コメント編集

800びくにさん

> あたしは先生から 両足一遍だと 大変だからって
> 手術は 片足ずつだったんですよねえ・・。
> 何しろ痛かった・・v-406

痛いのを2回に分けてというのは、
精神的にスゴク800びくにさんが強かったんだなぁって、尊敬です!

> まあ 両足だと入院になるし トイレも行けないからって
> 先生に言われて まあ そうだなって片足ずつに・・
> 子供が産まれて1歳になってなかったしねえ・・。

そうなんです、手術って子どもが小さいと入院できないですもんね。
私も子宮全摘の手術、もっと早くした方がラクだと分かっていても、
子どもが中学生になるまで入院をためらってましたから。

やはり、入院と通院は、全く別物だと思います。

> 確かに 息は苦しいかもしれないけれど・・
> 一度が楽なのでは・・まあ あたしも鼻炎酷くて
> 息苦しいのはオトナになるまで いつもだったから
> あまり怖くないけど・・3年くらい耳鼻科に通って
> いつの間にか 鼻炎は軽くなりましたが 風邪ひくと
> 呼吸困難?です^^;

はい、鼻の場合は、息が苦しくても口呼吸も出来ますし、
絶対に1度がラクですよ!!!

術後の痛み、1週間は続きましたからね。
24時間×7日間、座薬のボルタレンのお世話になりましたもん。

なので、2回に分けるとなると、挫折しますよ、私でも……。

けど、鼻炎が軽くなったというのは、800びくにさん、良かったです!!!
最近は、いい治療薬も出来ましたし、鼻茸がないなら、薬で軽くなるのがベストです。
私もポリープがなかったら、手術しませんでしたよ。
ちよこ | 2015年02月18日(水) 19:18 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/1991-68835d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |