All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'03.02 (Mon)

健全育成の難しさ

このところニュースで、
少年が被害者にも加害者にもなった事件の報道が続いていました。

うちの息子も16歳ですが、中学時代、様々な事件に巻き込まれ、
青少年の健全育成の難しさを痛感させられましたよ。

具体的には書けないのですが、
ある事件では、ユースケが被害者になりました。
加害者の同級生(男子)は、自分は手を下さず指示だけ出し、
後輩の生徒2人が、ユースケの嫌がることをしたんですね。

でね、同級生の子が後輩に指示を出したと判明し、
その子がユースケに謝罪をしましたが、
事件が起きたのが昼の3時、謝罪をしたのが夜の10時……
その間に、ユースケと私は病院に行ってレントゲンを撮ったり、治療を受け、
加害者の母親も学校に呼ばれ、全員揃ったのが5時でした。
しかし、それから5時間、謝りませんでしたから、ひたすら持久戦でしたよ。

けど、これが部活動の時間に起きたため、部活は停止となりましたし、

これから、どうすんのよ?!

って、事件が起きてから平常運転に戻るまでが、メッチャ大変!!!

1番簡単なのは、リーダー格の子に部活を辞めさせることですが、
このことに猛反対したのは、被害者である私たち家族でした。

でも、後輩たちは、先輩の指示には逆らえないと脅えるし、
後輩たちの保護者からは『辞めさせろ!』コールが起こるしで、
簡単なのは、リーダー格の子を部活から引き離すことなんでしょうけど、
私たち家族は猛反対しました。

「本人(リーダー格の子)は、部活動を続けたいと希望しています。
 ここで彼から部活を取り上げたら、
 もっと悲惨な事件が、学校外で起こる可能性が高くなります。

 中学生に大事なのは、皆で育てるという視点であり、
 面倒を起こしたから切り捨てるというのは間違いです!」


ということで、まぁ、被害者の我が家が加害者の少年を擁護したため、
リーダー格の子は、次に何か起こしたら辞めてもらうという条件で、
反省文を書き、1週間、校内を雑巾掛けし、部活動に復帰しました。

その間、先生を交えての緊急保護者会も開かれましたし、
私も心配する後輩の保護者に電話で説得しましたよ。

「手を放すことは簡単ですが、ここで手を放したら、
 取り返しのつかない事件が起こるかもしれません。
 本人にやる気があり、居場所を求めているのですから、
 もう1度だけ、チャンスを与えてあげてください」


はい、私たち家族にとっても賭けでしたが、
冷静に状況を判断すると、
それが1番、彼にとってベストな環境だと信じました。

リーダー格の子は、家庭は崩壊していましたし、
スマホで他校の生徒ともつながっていたため、
彼が部活を辞めて野放しになると、
夜の世界に引っ張られるのは目に見えていました。

ここは都会の商業地域で、
ドラッグもあれば、性犯罪も起きています。

そんな街で、中学生を健全育成させるほうが難しいのですが、
でも、せっかく部活が繋ぎ止めてくれているんですから、
彼から居場所を奪うことに、私たち一家は猛反対しましたよ。

彼のお母さんも、

「ユースケくんのお母さん、ありがとうございます。
 この子を見放さないでやってください!」


って、最初は部活を辞めさせるつもりだったそうですが、
野放しになった我が子が家に帰らなくなるのは時間の問題だと悟り、
彼のお母さんも、後輩たちの保護者の前で頭を下げ、
なんとか通常運転に戻ることが出来たのでした……。

もう賛否両論があり、
問題行動を起こした者は切り捨てればいいという人のほうが多かったのですが、
結果的に、それから事件は起きることなく、
無事、中3の夏の中総体を終え、卒業していきましたよ。

先日、そのリーダー格の子のお母さんにスーパーで、バッタリお会いしたんです。

「今は私立の進学校に通い、部活はしていませんが、
 息子は、楽しく高校生活を満喫しています。

 小学校高学年から中学校にかけて荒れていたのは、なんだったのか?!

 今は、親が高校から呼び出されることもないですし、いたって平穏な毎日です」


とのことで、とりあえず今の時点では、
上手く軌道修正できたのかな?!って、ホッとしています。

火事と一緒で、初期消火が1番大事なんです、非行に関しても。
なので、火が小さく学校内で治まるうちに、
事を荒立て、皆で大騒ぎし、
それでも、ずっと見守っているからね!というサインを本人に示す。

切り捨てて見ないフリをするほが簡単ですし、
自分や周囲の人が被害者にならなければいいと割り切るのはラクですが、
1人の少年や少女が大人になるには、様々な経験を積む過程が必要で、
そこに皆で少しずつ関わり合い、健全育成につながればと切に願います。
スポンサーサイト
18:10  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは。とっても良い話をありがとうございます。ここまで理解して信じて行動できたら怖い事件もかなり抑制できそうですね。中学校・高校が難しい時期ですよね。大学とか専門学校では、そんな話は、少ないはず・・・。例外もありましたけどね。
ピーちゃんこ | 2015年03月02日(月) 19:49 | URL | コメント編集

こんにちは。
またまたコメントせずにはおられずお邪魔します。
全て千代子さんの言う通り。
同感共感です。
自分の子供のことだけ考えれば排除がいいと思いますが
子供を育てるって自分の子供だけ育てばいいってものじゃないのでしょうね。
私はそんな簡単なことに気づいたのは最近です。
話せば長くなるのでやめますが本当にちよ子さんの子育ては参考になります。
私は実践出来るかわかりませんが心がけて行きたいと思います。
また伺います。
ミームみーむ | 2015年03月02日(月) 19:57 | URL | コメント編集

こんばんは

連日報道されている痛ましい事件は
どこででも起こりえる身近な問題ですね。

ちよこさんのようにしっかりこどもと向き合っていれば
今回の残酷な事件にはならなかったと思います。
こっぺ | 2015年03月02日(月) 20:44 | URL | コメント編集

ちよこさん 凄いです。
なかなか 被害者家族が 出来ないことですよ。
自分の身に起こった場合 そこまで 相手のこと 考えられるか
とても 自信ありませんね。
他人の子に そこまで なんて 思いましたが
周りの皆んなが ちよこさんの様になれば 世の中 変わるんじゃ 
なんて 思わされました。
ピオーネ親父 | 2015年03月02日(月) 21:27 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> こんばんは。とっても良い話をありがとうございます。ここまで理解して信じて行動できたら怖い事件もかなり抑制できそうですね。中学校・高校が難しい時期ですよね。大学とか専門学校では、そんな話は、少ないはず・・・。例外もありましたけどね。

いえいえ、良い話しというかねぇ、巻き込まれては右往左往してきた歴史ですな!

けど、悲惨な事件が起きるまでに、何か所か必ず分岐点があると思うんですよ。
その分岐点に自分たち家族が出くわした時は、出来るだけ冷静に状況を判断し、
感情に流されることなく、一番正しい未来を選択できるよう、心掛けてきたつもりです。

まぁねぇ、例外はありますけど、最近低年齢化が進んでおり、
私は厳罰化の年齢云々には、どちらかというと反対なんですけど、
小学校・中学校の暴力事件やネットの中傷とかが増え続け、かえって高校は沈静化気味です。
つまり、義務教育だから、中学までは追い出せないけど、
高校は退学っていう手段がありますからね。
それこそ野放しになりますが……。

そして、これだけ経済的に厳しくなると、
大学や専門学校に無理して行かせてあげているんだから、問題は起こすなよ!ってなりますもんね。
問題を起こすなら、奨学金で行けとか(笑)。

マジな話し、我が家は小学校で学級崩壊3回経験者ですし(小2、小3、小6)、
中学では3回病院送りにされたんで、やっと解放されて嬉しいです!!!

ちよこ | 2015年03月03日(火) 17:52 | URL | コメント編集

ミームみーむさん

ミームみーむさん
コメントの投稿、ありがとうございます!!!

> 同感共感です。
> 自分の子供のことだけ考えれば排除がいいと思いますが
> 子供を育てるって自分の子供だけ育てばいいってものじゃないのでしょうね。
> 私はそんな簡単なことに気づいたのは最近です。

そう言っていただけると、背中を押されたようで、ホッとします。
被害者が加害者を擁護すると、被害者にもバッシングがきましたからねぇ~~~。

でも、自分の子どもだけで精一杯という家庭が増えてきたようには思います。
今回の事件で、ミームさんが書かれていましたが、
全国の人が、この悲惨な事件に心を痛めているというのが分かり、
やはり、事件が起きないにこしたことはないんですよね。

かといって、じゃぁ、そこに至る過程で、誰かが抑止力になったかというと……
【関わりたくない】と、見て見ぬふりをしてきた結果のように思えます。

> 話せば長くなるのでやめますが本当にちよ子さんの子育ては参考になります。
> 私は実践出来るかわかりませんが心がけて行きたいと思います。

こんなんで参考になっているかどうかは???ですが、
ミームさんちのお子さんたちも、うちのユースケも、巻き込まれ型が多いかと思うんです。
どうしたら巻き込まれたり、誤解されないのか?
その辺りのことで、親が出来ることは限られてきますが(本人の生まれつきの資質ですな)、
お互い、子どものことを大切に思っているというのは、子どもには伝わっているので、
その辺りは安心していいんじゃないでしょうか?!
ちよこ | 2015年03月03日(火) 18:06 | URL | コメント編集

こっぺさん

> 連日報道されている痛ましい事件は
> どこででも起こりえる身近な問題ですね。

はい、あそこまで悲惨な事件は、今の日本では滅多に起こらないかと思いますが、
その手前までとか、暴力沙汰とか、夜中に子どもが徘徊しているなどは、
ちょっとした都会なら、どこでも見かけるんじゃないでしょうか。

さすがに田舎は少ないかと思いますけどね!

> ちよこさんのようにしっかりこどもと向き合っていれば
> 今回の残酷な事件にはならなかったと思います。

いやぁ、子どもと向き合うだけのエネルギーと時間が、今の親には足りないのでしょう。
生活が苦しいと稼ぐだけで精一杯ですし、
また問題行動(非行)を起こす子どもの親となると、
学校や周囲から非難されることに親が疲れてしまい、心がマヒしていくんですよね。
子どもも自暴自棄になりますが、親も自棄になりがちです。

家庭の問題という枠で捉えると、親も子も孤立しがちで、
ドンドン凶悪化が進んでいくため、どこかで第三者が介入できれば良かったんでしょうけどね。
ちよこ | 2015年03月03日(火) 18:15 | URL | コメント編集

ピオーネ親父さん

> ちよこさん 凄いです。
> なかなか 被害者家族が 出来ないことですよ。
> 自分の身に起こった場合 そこまで 相手のこと 考えられるか
> とても 自信ありませんね。

ピオーネ親父さん、コメントを入れてくださり、ありがとうございます。
嬉しかったです。

被害者家族が加害者家族を擁護するとなると、私たちにもバッシングが来て、
その中で、子どもも加害少年を許し、さらに彼をかばってきたと思うと、
私よりも子どものほうが、よっぽど出来た人間でしたよ。

でもね、感情に流されず、ちょっと冷静に考えれば、
割と子どもの行動パターンなんてしれているので、未来が見えてきますよね。

部活を辞める → ヒマになり悪い友人と夜遊び → 家に帰らなくなる → 犯罪に巻き込まれる

この連鎖を断ち切るなら、
部活を続けるというのが1番だと思っただけです。

本人が自ら落ちていくのであれば、止めようがありませんが、
本人は部活に情熱を持っており、続けたいと希望していたのが救いでした。

> 他人の子に そこまで なんて 思いましたが
> 周りの皆んなが ちよこさんの様になれば 世の中 変わるんじゃ 
> なんて 思わされました。

はい、起きたことや、今の感情に流されることなく、
子どもは未熟な存在で保護が必要であり、みんなで育てていくという視点に立てば、
少年や少女の凶悪犯罪というのは、かなり事前に防げると思います。

ただ厄介なのは、精神異常というか……
残酷な価値観に憑りつかれてしまう子どもというのも、何十万人に1人は存在すると思うんで、
それは熟した柿が落ちるまで、見抜けないかもしれません。
ちよこ | 2015年03月03日(火) 18:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2004-eeb93d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |