All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'04.07 (Tue)

鉄道沿線写真展

私が幼い頃、母に連れられてデパートに行くと、
市民ギャラリーみたいな展示スペースで、
よく写真展が開かれていました。

花とかイベント(季節の行事など)の写真もありましたが、
昔の風景写真が展示されていた時、
大勢の年配の人が、とても懐かしそうに眺めていたのを覚えています。

今の時代はネットがあるため、ちょっと検索すれば何でも出てきます。
時代も場所も超えて、どこでも見たいものが見られるのですから、
それはそれで幸せなのかもしれません。

でも、既に廃線になって20年以上たつ、
とある鉄道の沿線の写真展が開かれていたのですが、
その写真に登場する1980年頃の人々の顔は、今の人たちよりも、
もっともっと魅力的で、目に光が宿り、生き生きと輝いていました。

昨日よりも今日、今日よりも明日のほうが、いい暮らしが出来る!

そんな希望があった時代だったんでしょう。

でね、木造の古い駅舎で、単線のレールを切り替えるために、
駅員さんが自ら、毎回、毎回、エッチラオッチラ作業してる写真を見ていると、

「よく人為的ミスが起きなかったもんだよねぇ~~~」

なんて、まるで人よりも機械を信用しているかのような自分の発言に、
自分で自分にビックリしてしまいましたけど、手作業が連続の時代だったのでした。

はい、実は今日、デパートの展示スペースで、
うちのパートナーが子どもの頃に乗ったことがある、
既に廃線になった鉄道の写真展
があるというので、2人で出かけてきました。

というのも、パートナーの昔話の中において、
メッチャ笑える鉄板ネタがあり、それが、この鉄道に関することでした。

この鉄道の沿線には、当時、ワルで有名な高校があり、
そこの高校生は、リーゼントやパンチパーマをかけた不良の姿で、
よく、無賃乗車をしていたというのです。

その無賃乗車の方法というのが、
駅の改札を通らず、近くの田んぼから駅に進入し、列車に乗り込み、
降りる駅が近づいたら、減速したのを機に、窓から飛び降りていくというパターンや、
駅の近くになると列車が減速するので、
その時、列車と列車の連結部に飛び乗り、
そのまま連結部に立ったまま、目的地まで移動し、
目的の駅の近くで減速した時、飛び降りて去って行くというやり方だったそうです。

スゴイ過激ですよねぇ~~~。

でも、その高校の生徒さんが強烈に怖かったので、
駅員さんを含む大人全員、見て見ないフリを決め込んでいたそうです。

もう、その高校の生徒さんが占拠した車両では、
タバコの臭いが充満し、誰も近寄れない独特のオーラが漂っていたとのこと。

いやぁ、日本も、そういう、
平和っちゃぁ平和だし、バイオレンスといえばバイオレンスな
そんな時代があったんですね。

でね、写真家さんの展示の中に、ヤンキーの姿も少しは映っていましたが、
法を犯しているようなシーンは、さすがに公に出来ませんよね。

でも、

『市民の皆さんが、自由に当時のお手持ちの写真を貼ってください』

という掲示板があったのですが、そこには、いました! いました!

連結部に立っている強面ヤンキーの姿や、
駅に入ろうと減速している列車から、
次々と飛び降り、田んぼに散っていく高校生の姿が!!!


いやぁ、私、これが見たかったんですよねぇ。

当時は、これが当たり前の光景だったなんて、
笑えるというか、危険と隣り合わせという感覚の欠如に感心するというかね。

今の時代に、こんなことしていたら、全国ニュースで取り上げられ、
その生徒さんのプロフがばれて、個人情報大流出だし、
ワイドショーのコメンテーターが、なんやかんやと話題にしてくれるんでしょう……。
スポンサーサイト
17:25  |  life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2035-82cad7b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |