All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'05.26 (Tue)

方言

先週の土曜日、学生時代の友人と25年ぶりに再会したのですが、
彼女自身は、大阪から1度も出たことがなく、生粋の大阪弁を喋ります。

でね、2時間ほど彼女と話していたら、私も触発されて、
ところどころ、

「あかんがなぁ~」

「そうやねん」

なんて、私の言葉にも大阪弁が混じってしまうのでした。

まぁ、学生時代は、私も大阪弁を話せるようになっていたため、
っていうか、私は四国から出てきたので、
大阪弁=都会だって、当時は信じていたんです。

だから、人生の一時期は話していたこともあり、
なんとなくつられてしまったという感でしょうか?

でも、私は西日本各地を転々としてきたため、
今は、いろんな方言が混じったアヤシイ日本語になってしまいました。

関西も住んでいましたし、中国地方、四国、九州

父が転勤族だったこともありますし、
私自身の仕事の関係で、いろんな地域に住むことになったというのもあります。

ただ、私が生まれたのは千葉県の柏市で、3歳までいたんですよ。

実は、私自身は記憶は全くないのですが、
大脳新皮質的には、この時期が1番、私の聴覚に影響したらしく、
その後、どこに行って、どんな方言を喋ろうとも、

「標準語に近いですね」

って、言われてしまうんです。

確かに、私の日本語のイントネーションのベースは関東のようです。

今の街に住んで、20年近くになるのですが、
そこまであからさまな方言に馴染むこともなく、
どちらかというと、標準語っぽいものを喋っています。

でも本音を書くと、これって【憧れ】が大きく影響していると思うんですよね。

その地域の方言をクールだとか、カッコイイって思えれば、
自然と自分もそうなりたいと、使うようになるんでしょうが、
今、住んでいる街の方言って、全国的には田舎者扱いになるんでしょうから、
なんか東京とか行った時、使ってる現場を抑えられたくないよなぁって、
無意識にSTOPがかけられ、話さないんでしょう。

でも、今から考えたら、大阪弁だって、東京で話したらイマイチですもんね。
TVで、さんまさんが言ってましたけど、

「N.Y.で、大阪弁のオバチャンの集団に遭遇した時は、
 【その日本語はあかん!】
 って、普段は大阪弁話してる自分でも拒否反応、出たわ」


はい、別に、標準語が良くて、方言が悪いという話しではなく、
単に、自分の中での思い込み(劣等感)なのですが、
生まれつき、その地域から出たことがなく、
純粋な方言を喋ることが出来たなら、方言にプライドを持てたのでしょう。


でも、私のように転々としていると、いろんな方言が入り混じってしまい、
方言=帰属意識に結びつかず、
そんな自分への劣等感の裏返しで、
方言に馴染めなくなってしまったのかもしれません。
スポンサーサイト
17:50  |  life  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは

結婚して6年ほど長崎にいましたが
私は佐賀生まれの佐賀育ち。

佐賀県民は なんでもかんでも「がばい」と
言っているように思われているけれど
「がばい」なんて佐賀弁はめったに使いません^^

私の好きな言葉は「よかよ」です^^
こっぺ | 2015年05月26日(火) 20:59 | URL | コメント編集

おはようございます。
確かに方言は、ありますよね。私の両親は、四国なので父の実家へ行くとしっかり、そこの言葉で話し出来ますし、また戻って来たら元の言葉になります。
旅行で、九州へ行ったり秋田へいって、方言を聞くと、旅行が奥深い物になるのでとっても好きです。
大阪弁・・・・?やっぱり下品でしょうか?
ピーちゃんこ | 2015年05月27日(水) 05:10 | URL | コメント編集

方言っていいですよね。
九州って九州山地を境にして全く方言が違うように思います。
福岡(北九州はちょっと違いますが)、佐賀、長崎、熊本は似た方言も多いように思います。
でも、鹿児島は外国語(^^;
その中で大分弁は関西弁に近いという人が多いけど、確かに大分弁だけ九州の中で標準語に近いかなぁ、と大分弁を巧みに操る自分が行っています(笑)
BB | 2015年05月27日(水) 07:26 | URL | コメント編集

言葉

村や町、地域などで独特の言い回し(方言)には、イロイロな意味があるようです。
ひとつには主従関係。
強いモノ(勢力)の言葉を使うのは”従う”の意味だと、
言語ではこの意味が強いようです。(戦いで負けた国は征服者の言語を使う)
ひとつには仲間。
よそ者にはわからない言葉、、オナジ生まれをパスポートのように使う。
でも、アチコチの方言使うのも、ソノ人らしさ、ステキではありませんか。どの地方の誰でもない、、自分がいるようではありませんか?
間違っていては困るのですが、、意味さえただしければ、、イントネーションが変わっていても、、
英語圏の人達は、、「これは○○のなまり、、」と、国や地方を判断しているようです。
でも、最後には「アナタらしい、、」が最高の褒め言葉!!

やはり、、ですね。
dowさん | 2015年05月27日(水) 08:34 | URL | コメント編集

愛知県から東京に出たときは
田舎ものって思われましたね
今は標準語で話していますが
たまに実家へ戻ると自然と方言が出てきてくるので
幼い頃の脳の影響ってすごい!って思いました

honey*caramel | 2015年05月27日(水) 08:46 | URL | コメント編集

こっぺさん

> 佐賀県民は なんでもかんでも「がばい」と
> 言っているように思われているけれど
> 「がばい」なんて佐賀弁はめったに使いません^^

そうなんですよね!
1つの方言が有名になると、そればっかり使っているように見られるんですが、
実際は、古い方言って今の人は使いません。
っていうか、使ってくれって言われても、現地の人でも上手に使えないですもん!!!


> 私の好きな言葉は「よかよ」です^^

あぁ、いいですね!!!

私のパートナーの母親も、「よかよ」は、よく使っていました。
まぁ、「よかくさ」って言うことのほうが多かったかな?!

人を優しく包み込んでくれる方言は、その地域の温もりも教えてくれますね!
ちよこ | 2015年05月27日(水) 14:39 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> 確かに方言は、ありますよね。私の両親は、四国なので父の実家へ行くとしっかり、そこの言葉で話し出来ますし、また戻って来たら元の言葉になります。

いやぁ、使い分けが出来るって言うのは、
昔住んでいた場所でも、今住んでいる場所でも、
両方、しっかり自分って言うものが根付いている証拠なんでしょうね。

いやぁ、そういうのって、憧れます!!!


> 旅行で、九州へ行ったり秋田へいって、方言を聞くと、旅行が奥深い物になるのでとっても好きです。

それは、ありますね!
その地域の人の言葉にナマで触れると、TVとかで見る旅行番組と違い、
スゴク実感が湧きますもんね。


> 大阪弁・・・・?やっぱり下品でしょうか?

う~~~ん、地域に寄ると思うんですよ。
四国の人から見たら、大阪弁ってカッコイイんですけど、
でも、東京の人からしたら、カッコ悪いみたいな、そういう比較の問題じゃないでしょうか?!

でもね、四国にいた時は、よく関西ローカルのTV番組が流れていたんですが、
大阪の番組ってアクが強いっていうか、あまり品はなかったですね(苦笑)。
そうそう、ヤンタンとかラジオも当時は聞いていましたが、
ラジオは下品だったと思います……。

ただ、うちのパートナーの兄の嫁さんは、四国の人なんですが、
今、奈良に住んでおり、エセ関西弁をコッチに来ても使うんですよ。
それは、スゴク浮いていて……。
でも兄嫁さんにとっては、コッチ(九州)よりは都会だって言いたいんでしょうね。
ちよこ | 2015年05月27日(水) 14:48 | URL | コメント編集

BBさん

> 方言っていいですよね。
> 九州って九州山地を境にして全く方言が違うように思います。

はい、九州は特に、地域に寄って全く違うって私も思います。


> 福岡(北九州はちょっと違いますが)、佐賀、長崎、熊本は似た方言も多いように思います。
> でも、鹿児島は外国語(^^;
> その中で大分弁は関西弁に近いという人が多いけど、確かに大分弁だけ九州の中で標準語に近いかなぁ、と大分弁を巧みに操る自分が行っています(笑)

私は、よく分からないのですが、パートナーに聞いてみると、
大分の人は九州とつながるよりも、
関西(大阪)、関東(東京)と、直接つながっているとのことでした。

大分は、昔から海を使っての行き来が陸路よりも盛んだったので、本州に近いんでしょうね(笑)。

ちよこ | 2015年05月27日(水) 14:52 | URL | コメント編集

dowさん

> 村や町、地域などで独特の言い回し(方言)には、イロイロな意味があるようです。
> ひとつには主従関係。

英語が世界共通語になったのも、そういうことですもんね。


> ひとつには仲間。
> よそ者にはわからない言葉、、オナジ生まれをパスポートのように使う。

鹿児島とかは、特に、そういう意識が強いからこそ、
江戸幕府に大政奉還させることができたのでしょうね!


> でも、アチコチの方言使うのも、ソノ人らしさ、ステキではありませんか。どの地方の誰でもない、、自分がいるようではありませんか?

はい、自分らしさという意味では、このゴチャゴチャな喋り方が個性なのでしょう。

なかなか日本という国では、出る釘は打たれるというか、
周囲に溶け込むことで事なかれ主義を生きていけるのですが、
海外では、個性があることのほうが尊重されますよね。
その辺りが方言に関しても、日本人の解釈と外国人の解釈は違うのでしょう。
ちよこ | 2015年05月27日(水) 14:58 | URL | コメント編集

honey*caramelさん

コメント、ありがとうございます!!!

> 愛知県から東京に出たときは
> 田舎ものって思われましたね

そうなんですよ。
四国から東京の大学に行った子は、
田舎者扱いされるのに、みんな、最初は凹んでましたもん。

東京だって田舎者の集まりなのにねぇ~~~。


> 今は標準語で話していますが
> たまに実家へ戻ると自然と方言が出てきてくるので
> 幼い頃の脳の影響ってすごい!って思いました

はい、これって不思議ですよね。
別に、チャンネルを切り替えるとかいう作業をしなくとも、
自然に方言が口を突いて出るのですから、
記憶って、幼い時のもののほうが、強烈に脳には影響を与えているんですね。

認知症になると、新しいことから忘れていくそうですが、
そうなると、喋り方も変わってくるんでしょうか?!
ちよこ | 2015年05月27日(水) 15:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2083-e072f9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |