All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'05.31 (Sun)

天国から見てみたいもの

一昨日のブログに、
奥さまが先に他界した時の、残された夫の心情というものを書きましたが、
もし、私が自分のパートナーより先に天に召されたら、
ぜひ、空から見てみたいものがあります。

私が亡くなった後、パートナーは、どっちに転んでいるかなってね!

「ちよこに、あの時、もっと、こうしてあげればよかった」

と、一緒にいた日々を振り返り、少し悔やんでいるか?
それとも、

「ちよこは俺と結婚して、いい人生を送った幸せ者だ!」

って、豪語しているか?

私が思うに、先に亡くなった連れ合いに対し、

反省の弁を述べるのか?  自己満足に浸るのか?

ここで、夫婦の愛の結果みたいなのが1つ、見えてくるかなってね。

以前、こんなことがありましたが、
パートナーの両親の場合、義母さんが先にガンで他界したんです。
まだ義母は63歳と若かったですし、
義父からDVを受けていたことを知っていた近所の人たちの間では、

「あそこの奥さんは可哀想に、ご主人に殺されたようなもんだ」

って、ウワサされており、私も実際、耳にしたことがあります。

なので、義父は先に亡くなった妻に対し、
『~~してあげれば良かった』 というように、反省しているのかと思いきや、

「あいつは俺のような素晴らしい夫に出会え、なんていい人生だったんだ!」

って、ご近所に触れ回っていたので、

「奥さん、これじゃぁ、浮かばれないね……」

と、またまたご近所で、ウワサの続編が広まっていたのでした。

そりゃね、連れ合いの死というのは、
自分のキャパシティ(能力の範囲)を超えるかもしれない出来事ですから、
自分を守るために過去を美化するという作業、分からないでもないんです。

妻を蹴ろうが、罵声を浴びせようが、そして妻が泣いていようが、
義父の中では、全て【自分が正しい】と変換され、
DVの事実を突き付けても、真っ向から否定するだけでしたから。

でね、うちの母も、やはりキャパシティが狭いからか、自己擁護のために、

「お父さんは、私と一緒になって、本当に幸運な人だった」

って、私に言うんです。

「私が、お父さんの親戚とお付き合いしていれば、
 家族葬に、お父さんの親戚も呼んであげられたのにね」

とか、反省の弁があっていいと思っていましたが、
うちの母も、全て【自分が正しい】と、変換されていました。

ほんと、ちったぁ現実を受け止めて、歴史認識を正しく持とうよ!
って、思わないわけでもないのですが、
過去って、今を生きる人たちに、都合のいいように作り変えられていくものです。

夫婦の間であっても、国同士であっても、
やってることは、同じなんですよねぇ~~~。
スポンサーサイト
18:06  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは

「全て【自分が正しい】と、変換されている。」

あ~ 実家の継母もそういうことなんだ。と思いました。
もがき苦しむ父の声を無視したのに
父は継母に・・・
なのに、今は自分が正しいと変換している。

ちよこさんの記事に納得しました。
こっぺ | 2015年05月31日(日) 22:22 | URL | コメント編集

家の母は父に もっと優しくしてあげれば良かった
怒ってばかりだった・・って後悔してた。
だから、わたしは「急にお母ちゃんがが優しくなったら
お父ちゃん、気味が悪いと思うよ。」
って言ったら 「それもそうやな。」って納得してたわ。

多分家のじいちゃんなら 「自分が正しい」って人だから
義母の辛さを全然理解してないから
おちよたんの義父さんと同じだね。
義母の死後 めっちゃ反省でもしてくれたら
こっちも少しはスッキリするんだけど。
こむぎ | 2015年05月31日(日) 22:41 | URL | コメント編集

おはようございます。
私達夫婦も人生どう考えても半分以上過ぎています。
私なんかあと10年生きてるだろうか?なんて主人に言ってます。
主人は、寿命は、人それぞれだから、あと10年だったら思いっきり遊ばな・・・と言ってくれてます。どちらにせよ、後悔しないように夫婦仲良く暮らしたいものです。
ピーちゃんこ | 2015年06月01日(月) 05:12 | URL | コメント編集

こっぺさん

> 「全て【自分が正しい】と、変換されている。」
>
> あ~ 実家の継母もそういうことなんだ。と思いました。

いやぁ、こっぺさん、そういう人もいるんですよ。
あまりにも悲しみが深いために自己防衛が強いとすれば、まだ救いがありますが、
ただただ自己愛が強いだけって人もいますからね。

実家の継母さんは、自己愛が強いほうなのでは?!
ただ、こういう人は、連れ合いを喪失した時にも心に穴が空かないんで、
(実は連れ合いのことを愛していないから、そこまでショックは大きくない)
1人になっても、わりと元気にやっていけるという、
身内にとっては、ありがたい一面もあります。

でも、娘としては、もう少し連れ合いのことを愛してあげてほしかったって、
本音では思いますけどね……。
ちよこ | 2015年06月01日(月) 19:02 | URL | コメント編集

こむぎさん

> 家の母は父に もっと優しくしてあげれば良かった
> 怒ってばかりだった・・って後悔してた。

あぁ、さすが、こむぎさんのお母さんだ!!!
その一言が聞けると、娘としてはホッとするっていうか、嬉しいよね。

でも、こむぎさんの対応が大正解で、イマサラ悔やんでも仕方ないし、
アレはアレで良かったんだよって、今となってはお母さんを指示するだけですよね。

でも、後悔しているお母さんを励ます娘って言う構図に、
うちの母もなってほしかったなぁって、かなり羨ましいです!!!

そんな気配、これっぽっちもないからね!


> 多分家のじいちゃんなら 「自分が正しい」って人だから
> 義母の辛さを全然理解してないから
> おちよたんの義父さんと同じだね。
> 義母の死後 めっちゃ反省でもしてくれたら
> こっちも少しはスッキリするんだけど。

あぁ、分かるわぁ。

私も1度でも義父の反省の弁が聞きたかったよ。
そうしたら、少しは義父に愛着が持てるのにってね。

でも、オラが1番の人だったから、最期まで、自分のことしか愛せなかったわぁ。
だからこそ、同居している嫁さんと大喧嘩して家を出て行き、
嫁の悪口を言っていた友人の家で心筋梗塞で倒れ、
そのままあの世行きになったんだけどね。

これで、嫁さんに介護とか回って来ていたら、
施設に入れたいから、こっちにも金を出せとか、どんだけ揉めたかと思うと、
いやぁ、助かったわぁ。
ちよこ | 2015年06月01日(月) 19:09 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> 私達夫婦も人生どう考えても半分以上過ぎています。
> 私なんかあと10年生きてるだろうか?なんて主人に言ってます。
> 主人は、寿命は、人それぞれだから、あと10年だったら思いっきり遊ばな・・・と言ってくれてます。どちらにせよ、後悔しないように夫婦仲良く暮らしたいものです。

本当に、ご夫婦仲良しで、幸せに暮らしていらっしゃいますよね。
いつもブログを読みながら、この小さな幸せの積み重ねの日々が、
長く長く続きますようにって、私は願っております!!!
ちよこ | 2015年06月01日(月) 19:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2089-a2b25202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |