All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'06.30 (Tue)

そういう気質

今、ギリシャのデフォルト(債務不履行)問題が、
毎日のようにニュースで流れています。

直接、ギリシャという国には関係ないのですが、
こんな体験談を聞いたことがあり、なんとなく納得してしまった私です。

ユースケは、小学生の時、
2度ほど、インターナショナルキャンプに参加しました。
そういう子どもの国際交流を推進する団体に、我が家は2年ほど関わったのですが、
色んな国に子どもたちは派遣されていくんですね。

で、年に1度、報告会があり、
ポルトガルで1週間過ごした中学生グループの体験談が披露されたんです。

それが、まぁ、ヒドイというか杜撰というか……
ポルトガルという国のイイカゲンな気質というものが、よく表れていたんです。

まず、キャンプの主催国であるポルトガルの団体が、
ぜんぜんプログラムを作ってなかったため、
はるばる日本から出かけて行ったのに、ほとんど1日、やることがなく過ごしたそうで。

本来なら、みんなでテーマを決めてディスカッションしたり、
自分の国を紹介したりするのですが、
そういうキャンプの基本の骨格から存在しない状態で、

「まぁ、みんなで集まれば、なんとかなるんじゃない?」

っていう、ぜんぜん危機感ナッシングなポルトガル人気質なんですね。

そのキャンプには、
フランス、ドイツ、日本、スペイン、ポルトガルの5か国の、
子どもたちとリーダーが集まっていたのですが、
あまりにも無意味に時間だけが過ぎていくため、
フランス人とドイツ人が怒ってポルトガル人を責めるんですが、
そのポルトガル人をスペイン人がかばって、2対2になるんです。

そして、傍観していた日本人に、

「日本人は、どっちにつくんだ?」

って、問い詰められ、そりゃ、フランスやドイツでしょ!って、なったんですって。

でも、だからといって何かが変わるわけでもなく、
対立が解消されないまま、
ダラダラ過ごしただけというキャンプは終わったのでした。

「ポルトガルの不手際を、イギリスにある本部に訴えてやる!」

って、怒りをぶちまけて、フランス人とドイツ人は帰って行ったそうですが、
スペイン人は、こんなもんだって、ポルトガル人をかばっていたとのこと。

まぁねぇ、EUといっても、いろんな気質の国の集合体のため、
真面目な国もあれば、不真面目な国もあるんですよねぇ~~~。

でも、実際、ポルトガルという国のイイカゲンな部分は、
日本人には耐えられなかったそうで、
冬なのに(冬休みに行った)、
シャワーのボイラーが壊れて水しか出ないため風邪を引いたとか、
食事を作る人がおらず、毎回、みんなで小銭を持ってパンを買って齧っていたとか、
衣食住の基本的な部分から、投げやりなんですわ。

いやいや、日本人から見たら投げやりに見えますが、
ポルトガル人にとっては、それが自然というか当たり前なのでしょう。

で、今回のギリシャ問題ですが、
EUの中でも、お国柄というか、気質が違うんだっていうことを考慮すると、
EU側の言い分とギリシャ側の言い分、どっちもどっちなんですよね。

日本人の私からしてみれば、

「ギリシャ人は公務員なんて甘っちょろいこと言ってないで、
 他国に出稼ぎに行ってでも、ちゃんと働いて金を返せよ!」

って思ったりもしたりしますが、
たぶん、ギリシャ人、そういうことは一切、頭にないっていうか、
イマサラ働けないですよねぇ~~~。
ラクしてなんぼっていうお国柄でしょうから。

まぁねぇ、こういうお国柄の人たちもいるんだって、
困ったちゃんではありますが、EU全体で包み込むか?
やっぱ一緒にやっていけんって排除するか?

それは、ヨーロッパの皆さんの考え方ですけど、
共同体って運営が難しいなって、
子どものキャンプでも、これだけ揉めたんで、つくづく思うのでした。

ちなみに、日本が主催国の場合、
キャンプに参加したいという国に、大人気です。
そりゃ、治安もしっかりしていますし、プログラムもきっちりしていますからね!
スポンサーサイト
18:08  |  life  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは

お国柄と言えば それまでだけど
まさか ここまで来るとは!

ギリシャの火の粉が飛んできてくる!と世界がおののいているのに
当のギリシャは・・・心が豊かなのでしょうか???。
こっぺ | 2015年06月30日(火) 21:48 | URL | コメント編集

こんにちは。
話はちょっとずれますが
子供の通う学校でも交換留学があります。
タイとドイツの子供たちがやってきますが
みんな日本のアニメを目当てにやってくるんですって!!
全員オタク!だそうです。
もちろん学校を上げていろいろプログラムをご用意していますよ。
ミームみーむ | 2015年06月30日(火) 22:51 | URL | コメント編集

おはようございます。色々ご存知なんですね。
お国が違ったら常識も変わるんですね。ちょっと考えられないけどね。
日本人は、おもてなし・・・があるから良かった。いい文化ですよね。
ピーちゃんこ | 2015年07月01日(水) 04:22 | URL | コメント編集

おはようございます。

いくらお国柄といえどもあまりにも無責任というか楽観視しすぎというか、少しぐらい痛い目に遭ったら目が覚めるんじゃないの!?って感じです。
かばうのも大切ですが、あまり過保護にするとかえって始末に負えないという事も解るべきかも・・・・。
周りがヤキモキしてても当の本人がマイペースなのも、イライラしちゃう原因ですね。
はなこ | 2015年07月01日(水) 09:00 | URL | コメント編集

国柄、人柄

住んでいる地域によっての違い、暖かいところの人は” 蓄える習慣 ”が無く、オープンな性格が多く見られるようです。

先輩、農業指導で東南アジアから中近東まで、、
その中で、生産量が2倍になった地域、、翌年訪れると、、「今年はお休みしても良い」と、農場は閑散としていたコトがあったと聞きました。

生産が2倍なら、2倍儲かるという考え方、定着させるのに苦労したそうです。(随分前の話ですが、気質の奥には残っているモノと思われます)

逆に寒い地域のヒト達は、必死で蓄えますから、、たとえ、モノがあっても、、アルという顔をいたしません。
其々の地域に住む知恵なのでしょう。

国柄には宗教も関係してきます。

だから、生き方(哲学)の浸透度まで考慮しないと、その国、国民性は理解できないようです。

外からは簡単に見えないこともあるようで、、
コチラとの違い、、欠点ばかりが目立ちます。

人も同じで、自分との差異、悪いと思われるトコロが目につきます。
しかし、コレでは仲良くはできません。
できるだけ、良いトコロを発見して、お互いに取り入れる努力すると、相手に対する好感が積み重なり、、平和になるようです。

ただ、残念な事に、これにはたくさんの時間がかかります。
早急に対処はできないのです。

世代を超えて、諦めずに、続けることが大切なのだと感じております。
dowさん | 2015年07月01日(水) 12:45 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2015年07月01日(水) 15:12 |  | コメント編集

こっぺさん

> お国柄と言えば それまでだけど
> まさか ここまで来るとは!

でしょ?!

ポルトガル、スペイン、イタリア、ギリシャ……
あの辺りの皆さんは、わりと、こんな感じなんですって!


> ギリシャの火の粉が飛んできてくる!と世界がおののいているのに
> 当のギリシャは・・・心が豊かなのでしょうか???。

心が豊かというよりも、向上心がないんでしょうね。
現状維持でいいというか、
昨日と同じ今日が過ごせればいいし、
何か壊れたり無くなったりしても、そのまんま放置。
修理したり、新しくしようという意識は希薄なようです。

ギリシャも、古代の遺跡にすがって生活しているようなもんですからね。
ちよこ | 2015年07月01日(水) 19:25 | URL | コメント編集

ミームみーむさん

> 話はちょっとずれますが
> 子供の通う学校でも交換留学があります。
> タイとドイツの子供たちがやってきますが
> みんな日本のアニメを目当てにやってくるんですって!!
> 全員オタク!だそうです。

ですよねぇ~~~。

今、日本に来たがる子っていうのは、アニメを見て、日本に憧れていますから。

なので、一昔前は、ディズニーランドに連れて行くと、
海外のお子さんたちは喜んでくれていたそうですが、
今は、お台場のゲーセンやポケモンセンターに連れて行ったほうが喜ぶそうで!

UFOキャッチャーで、お気に入りのグッズを手に入れるために、
ホストファミリーは、かなりの金額を用意していくって聞きました。


> もちろん学校を上げていろいろプログラムをご用意していますよ。

それが普通ですよねぇ~~~。
ちよこ | 2015年07月01日(水) 19:31 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> おはようございます。色々ご存知なんですね。
> お国が違ったら常識も変わるんですね。ちょっと考えられないけどね。
> 日本人は、おもてなし・・・があるから良かった。いい文化ですよね。

はい、日本人は、きっちりし過ぎだとは思いますが、
ここまでイイカゲンだと、実際のところイヤですね。

なんせ、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)が壊滅しており、
キャンプに出発する直前になっても、
到着した晩に泊めていただくホストファミリーについて、
ポルトガルのスタッフから、連絡がなかったそうなんです。

で、実際に空港に着いても出迎えもなく、
これじゃダメだって、現地に着いてから、
日本のリーダーがホテルを急遽予約したんだそうです。

おもてなしの文化があるというのは、海外の人からすれば素晴らしいことですよ!!!
ちよこ | 2015年07月01日(水) 19:38 | URL | コメント編集

はなこさん

> いくらお国柄といえどもあまりにも無責任というか楽観視しすぎというか、少しぐらい痛い目に遭ったら目が覚めるんじゃないの!?って感じです。
> かばうのも大切ですが、あまり過保護にするとかえって始末に負えないという事も解るべきかも・・・・。


私も正直なところ、はなこさんの意見に賛成です。
このままズルズル援助だけ増やしても、本人たちが被害者意識のままでは、根本的な解決にはなりませんよね。

こういう国を仲間にしたところから、失敗だったと思います。



> 周りがヤキモキしてても当の本人がマイペースなのも、イライラしちゃう原因ですね。

はい、国民にしてみれば、
もともと政府が莫大な借金を隠してユーロに参加したのに問題があり、
自分たちは悪くないっていう意見なのでしょうが、
そんな政府に投票したのは、自分たちですしね……。

いつも被害者のように国民は振る舞っていますが、恩恵を被っていたのも自分たちなんだというの、
身の丈に合わない生活をさせてもらっていたというの、忘れてほしくないですよね。
ちよこ | 2015年07月01日(水) 19:47 | URL | コメント編集

dowさん

> 住んでいる地域によっての違い、暖かいところの人は” 蓄える習慣 ”が無く、オープンな性格が多く見られるようです。

はい、おっしゃる通りで、ユーロの困ったちゃんたちも、
ポルトガル、スペイン、イタリア、ギリシャ……と、
ヨーロッパの中では、暖かい地域ですよね。


> 其々の地域に住む知恵なのでしょう。
> 国柄には宗教も関係してきます。
> だから、生き方(哲学)の浸透度まで考慮しないと、その国、国民性は理解できないようです。

はい、プライドっていう国民性を理解しないと、本来は、いい関係が築けませんよね。
今の時代は国力が弱くても、過去は一時代築いたとかいうプライドが、
その国の根幹にある場合は、やはり、それなりの扱いをしてほしいんでしょうし……。


> 人も同じで、自分との差異、悪いと思われるトコロが目につきます。
> しかし、コレでは仲良くはできません。
> できるだけ、良いトコロを発見して、お互いに取り入れる努力すると、相手に対する好感が積み重なり、、平和になるようです。
>
> ただ、残念な事に、これにはたくさんの時間がかかります。
> 早急に対処はできないのです。
>
> 世代を超えて、諦めずに、続けることが大切なのだと感じております。

はい、私がユースケをインターナショナルキャンプに行かせたのも、そういう理念があったからです。
実際に世界の人たちとナマで触れ合ってみないと、平和を築けないのではないか?!
ネットとか情報はたくさんありますが、まず自分の目で見て確かめてほしいと思ったんですよ。
それも、小学校高学年という心が素直な時期にですね。
その時期だと言葉が通じなくても、子ども同士なんとかなりますし。

まぁ、時間もお金もかかりますが、平和な世界を目指すには、
地道に顔と顔を突き合わせて、トコトン話し合っていくしかないんだと思います。

dowさん、いつも素敵なコメント、ありがとうございます!!!

ちよこ | 2015年07月01日(水) 19:56 | URL | コメント編集

鍵コメさん

ご連絡、本当に、ありがとうございます!!!

了解です。
ちよこ | 2015年07月01日(水) 19:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2118-df7820ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |