All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'07.13 (Mon)

父の三回忌

201507121.jpg

父の三回忌の法要のため、昨日は日帰りで実家のある街へ、
親子3人で行ってきました。

その日のスケジュールは、
午前10時にお寺さんで法要を済ませた後、
お墓参りをして、12時から会食というもので、14時過ぎに解散しました。

出席者は、母と東京で働く兄夫婦と私たち一家3人。

昨年の一周忌もそうでしたが、身内6人だけでの法要でした。

母は家にお坊さんに来ていただき、仏壇の前で拝んでいただくのは苦手で、
また、大勢の親戚を呼ぶというのも、気を遣うからでしょうか、嫌なんです。

だから、まぁ、こじんまりとしているのは、ありがたいのですが、
少人数ゆえに、母からのプレッシャーが強く圧し掛かり、
私としては、とても緊張する時間になり、心の病が悪化するんですよね。

まぁ、そういうこともあって、2日間ほどブログを休ませていただきました。

これでやっと一大セレモニーが終わったので、
安心して、のんびり過ごせますわ!!!

でも、生きている人(私)が苦痛を感じていても、
決まり事だからと法事をしなければならないというのも、
なんだかなぁって、思ってしまいます。

形だけお経をあげてもらうことに、何の意味があるのか?!

兄も私たち夫婦も、遠方から、多忙なスケジュールの合間を縫って帰り、
お互い顔色が悪い中で演技をしながら、母の自己満足に付き合うというのも、
疲弊以外、何も残りません。

それでも、それが家族というものなのでしょうかね?!

私は息子に、こんな面倒臭いことさせたくないんで、
生きている人は死んだ人に囚われることなく、
自由にやってくださいなと思ってしまいます。

多額のお金を包み、お経をあげていただき、
3回忌の法要というセレモニーをしなくても、
私の中には死んだ父は深く刻み込まれていますし、
それで、いいんじゃないでしょうか?!

たぶん、ご先祖様という意識が、私には希薄なんでしょう。

っていうか、今の自分が元気で金持ちだったら、
それなりに余裕があり、ご先祖様を敬いたいと思うのでしょうが、
この三回忌のために病気は悪化するし、お金はバンバン飛んでいくし、
いったいナニをやっているんだろう?!って、自問自答してしまいます。

まぁ、次は七回忌で、少し時間が空きますし、
その間に、私たちは実家に帰るので、
七回忌に関しては、今と違った心境で迎えられたらいいなって思ってしまうのでした。

あぁ、私が死んでも、戒名もいらないし、お坊さんに来ていただかなくていいし、
葬式もいらないし、もちろんお墓も、納骨堂もいりません。


死んだら、それで終わり!

あとは、残った人で楽しくやってね!!!
スポンサーサイト
07:48  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ちよこさんへ

お疲れ様でした!
私もちよこさんと全くの同意見です!
全く全く同じです。
言いたいこといっぱいありますが
書ききれないので、
とにかく気持ちメチャメチャ分かります。
 | 2015年07月13日(月) 14:47 | URL | コメント編集

こんにちは。私達夫婦も同じですよ。お坊さんを喜ばして見栄はってるだけだと思ってしまいます。
法事は、準備するのも大変なんですよ。お料理だって用意してソクヨウも用意して。それでいて料理がどうのこうのだとか思われないかと気を遣うんですもの。
私は、大阪ですから骨仏でお墓は、要らないし、永代供養だけ付けてくれたらそれでいいので。。。。面倒な事は、していらんのです。
お坊さんが嫌いなんです。これでも良いよね。地獄に落ちなければいいのよ。^^お坊さんって何だか金儲け主義で地獄の沙汰も金次第ですものね。戒名だってお値段で違うらしいのよ。あぁ・・・嫌だ嫌だ。><
高級車を乗り回すお坊さんに拝んでもらってもありがたくないわ。^^
ピーちゃんこ | 2015年07月13日(月) 18:03 | URL | コメント編集

   さん

> お疲れ様でした!
> 私もちよこさんと全くの同意見です!
> 全く全く同じです。
> 言いたいこといっぱいありますが
> 書ききれないので、
> とにかく気持ちメチャメチャ分かります。

私と同じ意見だと表明していただけただけで、本当に嬉しかったです!!!

ありがとうございます☆

今日のブログにも続きを書きましたが、
ほんと言いたいことは、いっぱいありますよね!

宗教に関しては、皆さんそれぞれ、子どもの頃に育った環境も影響しますし、
大人になって経験してきたことも関わってくるので、
いろんな価値観があっていいと私自身も思っていますが、
その中で、こういう意見もあるということに賛同していただき、私が喜んでおります!
ちよこ | 2015年07月14日(火) 16:59 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> こんにちは。私達夫婦も同じですよ。お坊さんを喜ばして見栄はってるだけだと思ってしまいます。

ですよねぇ~~~。

今日のブログにも書きましたが、お坊さんとは、いったい何者なのか?!
お坊さんを喜ばせることで、自分がこの世から消えた後、天国に行けると信じているのか?!

スゴイ不思議な世界観です。

でも基本は、ピーちゃんこさんのおっしゃるように、見栄というかプライドなんでしょうね!


> 法事は、準備するのも大変なんですよ。お料理だって用意してソクヨウも用意して。それでいて料理がどうのこうのだとか思われないかと気を遣うんですもの。

はい、私のパートナーの実家の場合、義父が健在の時は家で法事をして、食事も家でしていたので、
いくら地元の料亭からお膳を運んできてもらっても、出すのは嫁の仕事だったため、ヘトヘトに疲れました。

男は飲んで騒ぐだけで、嫁は食事もとらず奴隷ですよ。

ほんとウンザリしました!!!


> 私は、大阪ですから骨仏でお墓は、要らないし、永代供養だけ付けてくれたらそれでいいので。。。。面倒な事は、していらんのです。

まさに、おっしゃる通りです!!!


> お坊さんが嫌いなんです。これでも良いよね。地獄に落ちなければいいのよ。^^お坊さんって何だか金儲け主義で地獄の沙汰も金次第ですものね。戒名だってお値段で違うらしいのよ。あぁ・・・嫌だ嫌だ。><
> 高級車を乗り回すお坊さんに拝んでもらってもありがたくないわ。^^

はい、私もお坊さん、大嫌いです!!!

なんで、あんなに上から目線なのか?!
ブログには書きませんでしたが、こちらが必ず下手に出ると分かっているからか、
高飛車な態度には、正直、怒りが爆発しそうでした。

そして、パートナーの実家が檀家に入っているお寺さんでは、
冗談じゃなく、真っ赤な外車を息子が乗っていました!!!

ド田舎なので、絶対的に目立つというのに、車庫にシャッターを降ろし、
バカ息子は外車を乗り回してんですから、
こんなお坊さんに説経されても、全く心に響きませんでしたわ。

そうそう、義父は、自分は天国に行きたかったんでしょうね。
お寺さんに百万単位で寄付をして、大きく名前が貼り出されていましたが、
他界した後、百万単位の借金が分かり、残された家族は大迷惑しましたよ。
(結局、明細がハッキリしない分はお支払できないということで、減額してもらいましたが)

それも、借金してまで女性(義母が先に他界)に貢いでいたっていうんですから、あぁ、情けない!

これまた田舎でウワサになって、コッチが恥をかきましたわ。
ちよこ | 2015年07月14日(火) 17:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2130-04a9bd99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |