All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'08.06 (Thu)

語学の習得

先日、【地球ドラマチック】という番組で、
マヤ文明で使われていた、古代マヤ文字を解読する様子が放送されました。

古代マヤ文字って絵文字なんですよ。

その番組の中で言われていたのが、
アルファベットのように記号を組み合わせる文字の数と
漢字のように、最大数では10万文字を超えるものとの、ほぼ中間のような役割を、
このマヤの絵文字(800字)は担当していたのではないかということでした。

けど、日本の常用漢字は2136字であります。

これだけの数を母国語として頭に叩き込むのと同時に、
ついに小学校でも、正式科目に英語が昇格し、
高学年では週に2回の英語の授業が、将来的に始まるそうです。

いやぁ、自国の言葉がこれだけ複雑で、
覚えるのにエネルギーをかなり要するとなると、
他の言語の習得に、どれだけ集中できるかというのは、現実的に難しいです。

特に言語はセンスのある人とない人とで、
習得にかかる時間が全く違ってきますしね。

ただ1つ言えるとことがあります。

楽しく上手に教える先生に出会えると、語学の習得は一気に開花します。

というのも、昨晩、ユースケは東進ハイスクールの公開授業に参加したんですが、
今井宏先生のナマの英語の授業を受け、

「こんなに楽しくて分かりやすい英語の授業は初めてだ!」

って、メッチャ感動して帰ってきましたよ。

ユースケの17年間の人生で、もっとも優れた英語の授業だったそうです。

はい、今井宏先生は、知ってる人は知っている、超有名な塾の講師で、
ユースケのように英語の基礎が出来ていない生徒が、
英語の文法を理解し、語学が楽しいと思うようになるにはピッタリの先生です。
(つまり、英語上級者には向かないんでしょうね)

まずは導入が大切なので、ユースケ曰く、

「英語の先生は、どうして今井先生の授業を参考にしないんだろう?!
 文科省も、今井先生の授業をマネするように教師に指導してほしいよね」


とのこと。

今まで東進の無料講座で、パソコンの画面を通じ、
今井先生の基礎の英語を受講してきたユースケですが、
実際のナマの先生の授業も、パソコンと迫力や面白さが変わらなかったそうで、
それだけ素晴らしい授業が配信できるんだったら、
それこそ文科省が買い取って、全国の中学生や高校生に見せれば、
よっぽど英語の習得率が上がるのにねぇ~~~。


いくら時間をかけても、
今の日本の公立の英語教育では、指導者がイマイチなので、
使える英語にはならないでしょうね……。

そうそう、今日、7月に行われた進研模試の結果が出たのですが、
ユースケ、前回と変わらず、学年1位でした!

でも、1学期の通知表の評定では、クラス順位22位。

これがクラスで5位以内なら、まぁ、分かるんですけどぉ、
模試で学年1位を取る子が、
中間や期末のテスト結果において、
平均以下とか、そんなに悪い点数を取るわけがなく、
いったい、どういう基準で評価されているのか?!

あたしゃ、サッパリ分かりません!
スポンサーサイト
18:16  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは

えっ!?
模試で学年1位なのに
通知表の評定では、クラス順位22位?

う~ん 私にもわからないなぁ^^;
こっぺ | 2015年08月06日(木) 21:20 | URL | コメント編集

模試で学年1位!!(^_^)v
ユースケくんこのまま頑張ってね!!
大学入試に通知表なんて関係ないんだから!
群馬から応援してるからね~

ぷにゅ2 | 2015年08月07日(金) 06:34 | URL | コメント編集

模試

採点方法の違いなのでしょうか?
それとも、出題者の傾向にユースケ君が合っていないのでしょうか?

授業で、、先生の苦心!!
あまりにヒドイ点数では「いつも、何を教えているのか!」と、周囲の批判もあるでしょうから、、「ココ、、問題に出すからね」なんて、、

そんな時、、ちょっと他のコト考えてると、、聞き逃して、、
友人、仲間が教えてくれれば良いのですが、、

どちらにしても、あまり気にしない事です。

” どうしようもナイことは諦めて、変えられる自分のコト、変える努力をいたしましょう”(自戒)
dowさん | 2015年08月07日(金) 07:31 | URL | コメント編集

いーの!いーの!!大学受験は、高校のクラス順位かんけーないから!!

うちの三男一浪してて、某河◯塾に通ったのだけど、授業受けてわずか数日で、「すっげー、わかりやすい!!」って大絶賛してました。「こんな、簡単な話だったんだと思ったら、高校の先生の教え方はなんなんだって思った。」って。そこは公務員と受験を生業にしている講師との違いでしょうかね。

ちなみに、二男と三男同じ大学なんです。二男は現役合格、三男は一浪です。高校の偏差値は、ちょっとだけ二男の方が上でしたが、大差あった訳ではありません。クラス順位は三男の方が上でした。違っていた事は二男は私立、三男は市立の高校で、私立は国公立大や有名私大に何人入るかが、学校の宣伝になるため、受験対策が手厚かったんです。先生方の力量ってホントいろいろです。
まりん | 2015年08月07日(金) 08:06 | URL | コメント編集

こっぺさん

> えっ!?
> 模試で学年1位なのに
> 通知表の評定では、クラス順位22位?
>
> う~ん 私にもわからないなぁ^^;

なんか皆さんのコメントを読んで、分かってきました。

つまり、教師の評価に関係ない高校では、生徒の進学先に教師が必死になることもなく、
簡単に推薦で入れる大学や専門学校に行く子に、花を持たせる意味で高い評価を付け、
自力で一般入試で行く子には、高校の成績は関係ないので、学校全体のバランスを取るためにも、
わざと低い評価を付ける。

ということなんですね。

フムフム。
ちよこ | 2015年08月07日(金) 19:22 | URL | コメント編集

ぷにゅ2さん

> 模試で学年1位!!(^_^)v
> ユースケくんこのまま頑張ってね!!
> 大学入試に通知表なんて関係ないんだから!
> 群馬から応援してるからね~

いつも、遠く群馬から応援していただき、
ユースケの部屋に飾られているだるまも、喜んでおりますよ!!!

本当に、ぷにゅ2さん、変わらぬご支援、ありがとうございます。
(どこぞの選挙みたいやけど)

でも、「一般入試で行くんですね」って、三者面談で担任確認された意味が分かりました。
入試を受ける子には、通知表は関係ないということだったんですね。

はぁ~~~バカバカしい!!!

でも、ユースケ、頑張ってます。
学年1位を取れて良かったんですが、偏差値がぐんぐん上がっているんです。
(数学は捨てているので、国語と英語)

やっぱり日々の努力が結果につながるんですね。

ぷにゅ2さんの応援が、ユースケを支えていますよ。
「群馬のおばちゃんが喜んでる」って伝えたら、ニカッて笑ってましたから!!!
ちよこ | 2015年08月07日(金) 19:27 | URL | コメント編集

dowさん

詳しいイマドキの高校事情は、こっぺさんの返信に書きましたので、
そちらを見てやってください。

どうも、こういうカラクリみたいです。


> どちらにしても、あまり気にしない事です。
>
> ” どうしようもナイことは諦めて、変えられる自分のコト、変える努力をいたしましょう”(自戒)

でも、ほんと気にしちゃダメですね。
残り少ない高校生活ですから、周囲のことを気にせず、自分中心でワガママに、
夢に向かって突き進んでもらいましょう!!!

まぁ、私も年齢を重ねてやっと、人と比べてもしょうがないし、
過去は変えられないから、こだわるのはやめて、未来を変えていこうと思えるようになりましたよ。

ただ、私は悲観論者で、つまらないことに振り回されてきましたが、
ユースケは楽観主義で、我が道を行くタイプなので、母親に似ず図太くて良かったです。
ちよこ | 2015年08月07日(金) 19:32 | URL | コメント編集

まりんさん

> いーの!いーの!!大学受験は、高校のクラス順位かんけーないから!!

まりんさんが詳細に経験談を書いてくださったおかげで、
ようやく、真相が見えてきましたし、安心しました。

本当に、ありがとうございます!!!

でも、まりんさんの次男さんや三男さんのような進学校に通えなかった、
普通校のユースケの場合、聞いてやってくださいよ、データ的に酷いもんです。

今回の進研模試の英語は100点満点で、ユースケの高校の平均は17点です。
ほぼ全校生が受けて、平均17点ですよ。

なので、英語の授業は中学の復習しかしないんですが、
それが中1レベルの問題が中間や期末試験に出るので、
そっちの平均点は88点とかなんです。

その中で、ユースケが96点とかとっても、差がつかないんですよね。
問題が簡単すぎて。

で、英語の全体の1学期の評定が78点で、5段階評価で4なんですって、ユースケは。

もう、アホみたいで、やってられませんよ!!!

こんなんだから、高校の授業を聞いても全国で勝負にならないんで、
東進のネット配信授業を聞きに行かざるをえないんですわ。
ちよこ | 2015年08月07日(金) 19:40 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2155-b69db030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |