All archives    Admin

2015'09.19 (Sat)

男は握力?

ついに安保法案が通過してしまいましたが、
前回の衆院選で自民党が大勝した時から分かっていたことなので、
私自身は、今後のことを考えてユースケと話してたんです。

「ユースケ、体力テストの結果がさぁ、握力28って、最低のEランクとよ。
 この数値って、小学生じゃん!
 こんなんじゃ、軍隊に入ってもお荷物、お荷物!
 もうちょっと握力を上げるように努力したら?」

まぁ、安保法案が、即、徴兵制に結びつくとは思っていませんけど、
体力さえあれば、
難民になって漂流しても蹴られても、生き延びる確率が上がるわけで。

でも、ユースケも負けてはいません。

「母さんだって、高校生の時に握力18だったんでしょ?!
 それも小学生の数値じゃん!
 僕は母さんに運動神経が似たから、壊滅的なんだよ」

まぁねぇ、それを言われたら、返す言葉がありません……。

私もユースケも、逆上がりは出来ないし、跳び箱は飛べないし、
体力テストの判定は、Eの常連です。

でも、これからの時代、
特に男の子は身体を鍛えておいた方がいいのでしょう。


別に自衛隊や軍隊に入ることが前提ではありませんが、
世界を基準にしてみると、
外国語を習得し海外で勤務している同世代の友人たちは、
大学時代にテコンドーとか合気道とかを部活でやってましたよね。
男性にしても、女性にしても!

日本の外に出れば、自分の身は自分で守るというのは当然なわけで、
日本ほど安心して過ごせる国はないですから、
最低でも護身術は会得しとかねばっていうノリでした。

で、そういうのを見てきたので、
私もユースケに、例え運動神経が悪くても、
何か身を守れる術は持っていてほしいと、
小学校1年から5年まで5年間、
少林拳というマーシャル・アーツを習わせたのですが、
全く、ダメでした!!!

その場では、チョコマカやってましたけど、
家で練習しないので、身体で覚えてないんです。
だから、今じゃ、基本拳という基礎の基礎ですら構えが出来ず、
たった3つしかないのに、挨拶の仕方すら忘れていますもん!!!

はぁ~、ムダ金! ムダ金!

これが日本以外の国だったら、

「徴兵で軍隊に行ったら、厳しい訓練が待っているんだから、
 今の内から、真面目に身体を鍛えておかないと、
 あとで、自分が困るんだからね!」

って、私もユースケの尻を叩き、
もう少しユースケも本気を出して、頑張っていたのかもしれません。

まぁねぇ、これから日本が、どう変わるのか?!

というよりも、
この法案の成立で、日本が他国から、どのような判定を受けるのか?

アメリカのように、世界の警察を縮小したいから、
日本は日本でヨロシクやってほしいし、
アメリカが困った時は、手伝えよ!


ってなるのか、

アメリカの属国として、日本がさらに軍事協力するなら、
日本もテロの標的にしてやる!


ってなるのか、

アメリカと日本が固く手を結んだ以上、
日本には迂闊には手を出せない!


となるのか?

こればっかりは、日本国民がどうのこうのというのではなく、
世界情勢を注視し続けるしかないですね。
スポンサーサイト
18:55  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ユースケ君の握力は心配ない!


ちよこさん、今日は!

ユースケ君の握力は心配ないと思います。
ユースケ君の握力“28”は、握力を計る器具で計って“28”なのです。
握力を計る器具が苦手な人は良い数値が出ません。
器具が手にしっくりこない、握りにくい、握るときの呼吸が合わないなど、
苦手な人がいるものです。(わたしは肺活量を計るのが苦手です)

ユースケ君はテニスをしていたのですから、普通の人よりは握力が強いはずです。
テニスはラケットをしっかり握ってプレーする競技です。
握力が弱ければテニスのプレー中にしょっちゅうラケットを飛ばしているはずです。
握力の強さ、弱さは握手をすればイチバン良くわかると思いす。(^o^)/
chan.na.o | 2015年09月20日(日) 08:25 | URL | コメント編集

chan.na.oさん

chan.na.oさん、いつも私たち一家を温かく見守ってくださり、
本当に心強いです。
感謝しても、感謝しきれません。

ありがとうございます!!!

> ユースケ君の握力は心配ないと思います。
> 握力を計る器具が苦手な人は良い数値が出ません。

言われてみれば、確かに、そうかも!
私も、あの道具は苦手でした。

chan.na.oさんも、以前から肺活量の測定の度に、胸がドキドキすると書いておられましたが、
器械との相性ってありますもんね。


> ユースケ君はテニスをしていたのですから、普通の人よりは握力が強いはずです。

中学生なので軟式テニスなんですよ。
だから、硬式ほど力が加わらないのですが、
それでも、握るという行為はたくさんしてきているはずなので、
まぁ、それでも何とかやってきたのですから、人並みには大丈夫なんでしょう。

私が開けられない瓶の蓋なんかも開けてくれますし、
そんなに心配することないですね。

ホッとしました!!!

コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2015年09月20日(日) 23:23 | URL | コメント編集

腕力がなくても芸術に秀でていれば役に立ちます。
硫黄島の戦いでも手先が器用だったので一人だけ玉砕せずに日本に帰国できた兵士もいたから。
BB | 2015年09月21日(月) 07:07 | URL | コメント編集

BBさん

> 腕力がなくても芸術に秀でていれば役に立ちます。
> 硫黄島の戦いでも手先が器用だったので一人だけ玉砕せずに日本に帰国できた兵士もいたから。

まぁ、芸は身を助くというか、何か1つ特技があれば、
まだ、生存率は上がりますよね!

でも、あの中で玉砕せずに帰国できた兵士がいたというのも驚きです!!!
私、全員、命が助からなかったと思っていました。
私の父(既に他界)は11人兄弟の末っ子でしたが、長男さんが硫黄島で亡くなりました。
長男さんは財閥系の大企業で出世しており、お兄さんが生きていたら、
父の一家は没落せずに済んだのですけどね……。

それに引き替え、母の父は、それこそ小学校の図工の先生だったため、
教え子は戦地に行っても、自分は召集令状が来なかったんです。
でね、9月に招集がかかっていたので、8月15日の終戦で、ギリギリセーフだったのでした。

美術教師をしていたおかげで命拾いです。

ちよこ | 2015年09月21日(月) 19:32 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2201-09b76354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |