All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015'11.03 (Tue)

砂像展

201511031.jpg

今日は店の休みと祝日が重なった珍しい日だったのですが、
ユースケを早朝に空港まで送り届けたパートナーと2人で、
ドライブに出掛けたのでした。

今まで、走ったことのないコースにしようということになり、
ナビもないのに、ひたすら国道を北上すること2時間。
面白いイベントをやっていたので、覗いてきました!

『砂像展』

というもので、砂を使った立体アートです。

外国から砂像彫刻家も招いて、本格的な作品が並んでいました。

今回は、『産業革命』というタイトルで、
昨年7月に、明治日本の産業革命遺産群が、
世界遺産に登録されたことを記念して選ばれたテーマだそうです。

上の写真は、ロンドンの紡績工場をイメージしたもので、
アメリカ人のアーティストの作品です。

私は、砂像を見るのは初めてだったのですが、
緻密な描写と陰影を考慮したデザインに、圧倒されましたよ!!!

雪像は見たことないんですが、壊れやすい砂を使って、
こんな美しいラインや、くっきりとした凹凸が表現できるものだと、
ほんと、実物を見て感心しきりでした。

触ってもいいというコーナーもあったのですが、
めちゃくちゃ固いんです。
接着剤を混ぜたかのように砂はカチコチに固まっているのに、
でも、爪を立てたら、傷が容易に入ってしまうという脆さもあり、
砂を使って作品を作るというのは、素人には難しいなって思いました。

もし、私がチャレンジするとしたら、
1年ぐらい準備期間をおいて、
まず砂の特徴を知り、固めたり削ることに慣れるところから始めないと、
せっかく作ったのに、完成前に崩れてしまったってことになりかねないです。

あと、砂のスゴイところは、
グレーという色が醸し出す不気味さにあると思うんです。

雪の白さだと、どうしても綺麗なものに昇華されてしまいがちですが、
砂って灰色なので、美も表現できるし、醜悪も作り出せるんですよね。

シンガポールのアーティストの方の作品が、
産業革命の影の部分を表していました。

201511032.jpg

この作品のタイトルは『貧困層とテムズ川の汚染』というもので、
工場排水による水質汚染をイメージしているんだそうです。

はい、こういうオドロオドロしいものも存在感を持って表現できるって、
砂の重みと迫力があってこそですよね。

雪と同じく、短期間で消えゆく儚い砂の芸術ですが、
だからこそ、私の中には永久に刻み込まれたのでした。
スポンサーサイト
18:45  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは

素晴らしい作品ですね
シンガポールのアーティストの作品に
衝撃を受けました
砂だから表現できるんですよね
影の部分があるから
今の豊かさもあると思うと
忘れてはいけないですね
honey*caramel | 2015年11月03日(火) 19:26 | URL | コメント編集

おはようございます。
砂の彫刻なのに裟割れたんうあね。いつか壊れるだから」余計に心に残るのでしょうね。雨が降ったらどうなるのでしょうか?ちょっと気になりました。
鳥取砂丘で、見た事があります。まだ製作中ですが大きな作品でした。
ピーちゃんこ | 2015年11月04日(水) 06:24 | URL | コメント編集

honey*caramelさん

> 素晴らしい作品ですね
> シンガポールのアーティストの作品に
> 衝撃を受けました
> 砂だから表現できるんですよね
> 影の部分があるから
> 今の豊かさもあると思うと
> 忘れてはいけないですね

まさに、おっしゃる通りです!!!

産業革命というと蒸気機関車が有名で、
日本の一般参加のグループは、
機関車をメインに据えた作品が多かったのですが、
さすが外国人アーティストの方々は、目の付け所が違いますよね。

特にシンガポールの作家さんは、2つの砂像を仕上げていたのですが、
1つは、水質汚染による健康被害と貧困
もう1つは、子どもへの過酷な労働 でした。

砂像は、小さな子ども達も、親子連れで一緒に見に来ていたため、
ちょっと怖いかしら?!と、思いつつも、
こういう側面も事実として知っておくことが、歴史の大切なところなんだと思います。

『過ちは繰り返さない』

そのことを改めて強く感じました。

でも、雪だと、やっぱり綺麗になっちゃうんで、砂だからこそ出来る表現なんでしょうね。
ちよこ | 2015年11月04日(水) 19:17 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

ピーちゃんこさん、ご自身のブログのコメントへの返信も忙しい中で、
私のブログにコメントを寄せていただき、スミマセン。

ありがとうございます!!!


> 砂の彫刻なのに裟割れたんうあね。いつか壊れるだから」余計に心に残るのでしょうね。雨が降ったらどうなるのでしょうか?ちょっと気になりました。

はい、私も雨の日は、どうするのかと思って見ていたのですが、
スタッフによると、豪雨でない限りは屋外でも大丈夫なんだそうですよ!
まぁ、崩れている個所もないわけではなかったんですけどね。


> 鳥取砂丘で、見た事があります。まだ製作中ですが大きな作品でした。

はい、鳥取砂丘は屋内展示もあるようで、本格的ですよね。
私もTVで見て、感動しました!!!

ココは、そこまで大きな作品はなかったのですが、
それでも小さな町の一大イベントとして、頑張っている心意気は感じましたよ!
ちよこ | 2015年11月04日(水) 19:24 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2246-f2b59e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |