All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015'12.04 (Fri)

道徳の時間

国際的な統計でみると、
日本の子どもは自尊感情が低いという結果が出ており、
それに配慮するためでしょうか?

小学校でも中学校でも道徳の時間に、

「自分のいいところを5つあげましょう」

「班の各メンバーのいいところを1人につき1つ紙に書きましょう」


なんてやっていたんですよ。

で、時々、その手のプリントがユースケの部屋に転がっているのを見て、

「うちらの時代には、こんなことしなかったよなぁ~~~」

とか思い出したりしてましたよ。

私が子どもの頃は、相手のいいところを見つけるという以前に、
【人の悪口を言わない】という時点で、止まってましたもんね。

でも、まさか高校になっても、道徳の時間があり、
同じことをやってるとは思ってもみませんでした。

はい、昨晩、ユースケがプンプン怒って帰ってくるなり、
私に愚痴をこぼすんです。

「今日は道徳の時間に、
 相手のいいところを見つけて言うっていうのがあったんだけど、
 ○○さんが、僕の悪口をみんなの前で言ったのに、
 先生が注意するどころか、面白がって囃し立てたから、
 クラスのみんなが、大笑いして、僕は恥をかいた!


という内容でしたわ。

いいところを探すはずが、
【傲慢でプライドが高い】って、みんなの前で○○さんは言ったんですね。
で、本来は担任は、【それは短所であって、長所を言いなさい】と注意するはずが、
【そうだ! そうだ! ユースケは傲慢でプライドが高い!】って、言い出したため、
クラスの皆は面白がって笑っても、ユースケには屈辱的だったのでした。

けど、だったら、その場で指摘すればいいのに、
それが出来ないから、家で愚痴るんですよねぇ~~~。

ただ、○○ちゃんも、ちょっと面倒臭い子なので……
はい、人の悪口は平気で言うのに、自分が言われたらスゴク傷つくという、
イマドキのJKのため、そこでユースケが反論したら、
不登校になってやるぅ~~~とか、自傷行為をしてやるぅ~~~ってなるため、
まぁ、ユースケが反論せずに耐えたというのは、実は正解なんですけどね。

はい、ユースケの将来の姿が見えますね。

仕事で嫌なことがあったら、
飲みに行ったり、家で奥さん相手に愚痴を言う姿が、想像できます。


でも、親であるからこそ、私は言いましたよ。

「高校は卒業したら終わりで期限付きの人間関係だけど、
 社会に出たら、自分をいじめてくる人がいても耐えるしかなく、
 【アイツが辞めるか、俺が辞めるか】ってことになるのよ。
 だから、この程度でギャーギャー言いなさんな。
 
 上手く自分の中でスルーできるよう、今から鍛えておきなさいよ!」

で、ここから私の失敗談を話したのですが、
私は最初に就職したところ、3か月で辞めたんです、イジメにあって!
新人にイチャモンを付けようと思えば、いくらでも付けれるじゃないですか。

「あなたの数字は0が6に見える」

「10時に入れるコーヒーと3時に入れるコーヒーの味が違うのはオカシイ」


とか、メッチャ細かいことを、お局様にブチブチ言われ、
【やってられるか!】ってなり、
当時はバブルの真っ只中だったため、サッサと転職したのですが、
今の時代だったら、正社員にしがみつくためには我慢するしかないですよね。

ユースケ、頑張れ!
スポンサーサイト
17:07  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは。
確かに今は、職場が嫌だからってさっさと辞めれないですよね。
結婚だって一緒ですね。たとえ、気に入らない舅、姑、小姑なんかいてても堪えるしかない。いつか仕返ししてやる・・・・なんて考えてました。
職場には、ずーと恵まれてたのでその辺の苦労は無かったですよ。家に帰れば全て忘れて暢気に暮らしてましたから。^^
ピーちゃんこ | 2015年12月04日(金) 18:53 | URL | コメント編集

こんばんは

仕事上 いろんな人生相談を聴くけれど
悩みの根本は すべて道徳のあると感じます。

大学でも「自分のいいところを5つあげましょう」
やってほしいくらいです。
こっぺ | 2015年12月04日(金) 20:42 | URL | コメント編集

こんにちは。
プライド云々が真実か否かは別として
性格に関する事はデリケートであり
大勢の前で触れられて気持ちの良いものではありません。
高校生にもなって変な道徳の授業ですね。
ものがわかって来ると
完璧主義は褒め言葉ではないとか
細やかは単に細かいだけとか
裏の意味をわかってしまいますよね。
私なら道徳の時間と呼ばず鍛練の時間と呼びますよ。
ミーム | 2015年12月04日(金) 21:13 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> 確かに今は、職場が嫌だからってさっさと辞めれないですよね。
> 結婚だって一緒ですね。たとえ、気に入らない舅、姑、小姑なんかいてても堪えるしかない。いつか仕返ししてやる・・・・なんて考えてました。

そうですよね、結婚も家とか絡んでくると嫌な親族も出てきますもんね。
就職にしても、結婚にしても、自分とは相性が悪い人がいるから耐えられないってなると、
イマドキは、退職とか離婚とか、すぐに選んでしまいます。

まぁ、耐えるだけが美徳だとは思いませんし、
姑にされたことを、自分が姑になったらしてやるという悪循環も気持ち悪いですし、
失敗だと思ったら、またやり直せる世の中のほうがマシですけどね!


> 職場には、ずーと恵まれてたのでその辺の苦労は無かったですよ。家に帰れば全て忘れて暢気に暮らしてましたから。^^

はい、全ての人間関係に恵まれるほど運がいい人は少ないでしょうが、
だって、職場、家庭、子ども関係のママ友とか、今は複雑に絡み合ってますもん。

その中でラッキーな人間関係、住み心地のいい場所を、1つでも作っていければ、
いやなことがあった時も、オアシスで癒されますよね!

きっと今はピーちゃんこさん、人生で一番、居心地が良いのでは?
家族に恵まれているのが最大の幸せですね!
ちよこ | 2015年12月05日(土) 21:04 | URL | コメント編集

こっぺさん

> 仕事上 いろんな人生相談を聴くけれど
> 悩みの根本は すべて道徳のあると感じます。

本当にねぇ……
日本人が美徳としてきたもの、思いやりとか、人を立てるとか、
そういうものが自然に身に付いていてれば、
人間関係のトラブルというか摩擦が減るので、互いに住み心地がいいんですけどね!

確かに男尊女卑とか村社会とかは、女性にとっては居心地が悪いですが、
古き良き日本の助け合いとか、共感とかも、
個人主義というか個人の責任という言葉で片付けられて消えていくのは、もったいないです。
こういうのを社会の美徳として位置付けてきたからこそ、
日本人はマナーがいいとか、安全な国だって評価されてきたのにね!


> 大学でも「自分のいいところを5つあげましょう」
> やってほしいくらいです。

道徳とは別に、自尊感情を高めるトレーニングはあっていいと思うんです。
自分を好きになれない人は、相手も好きになれないですし、
自分を卑下する人が子育てをすると、
自分は親に受け入れられていないって、子どもも本能で分かっちゃいますもん。

まずは自己肯定です。
ちよこ | 2015年12月05日(土) 21:17 | URL | コメント編集

ミームさん

> プライド云々が真実か否かは別として
> 性格に関する事はデリケートであり
> 大勢の前で触れられて気持ちの良いものではありません。
> 高校生にもなって変な道徳の授業ですね。

すみません。
私の書き方が悪かったと反省しています。

この【相手を褒める】っていうのは、
もちろん『優しい』『面白い』という性格のことを言う子も中にはいますが、
だいたいの場合、『挨拶がよく出来る』とか『掃除を真面目にしてる』とか、
行動を褒める場合が多いんです。
ミームさんと同じく、性格に触れるのはタブーって思っている子のほうが多いんで!

その中で○○ちゃんは、あえて性格、それも相手の短所を突いてきたので、
性質(タチ)が悪いなってなったんですよ。


> ものがわかって来ると
> 完璧主義は褒め言葉ではないとか
> 細やかは単に細かいだけとか
> 裏の意味をわかってしまいますよね。
> 私なら道徳の時間と呼ばず鍛練の時間と呼びますよ。

でもね、私も、かなり性格がひん曲がっていて、素直に受け取らないタイプなんですけど、
それでも、実際に人から褒められたり、認められると、
やっぱり人間って嬉しいもんなんですよ!!!

以前、小学校のPTAのクラス役員をしていた時、
3月の懇談会で、1年が終わったという挨拶をテキトーにしたんですけど、
自然に拍手が沸いてきて……

「コイツら、自分はラクできたからって、おざなりの拍手しやがって!」

と、その時は思ったんですけど、
でも、家に帰ってからジワジワと喜びが心の中で育ってきたんです。

やっぱり褒められたり認められると、人間って嬉しいもんですよ。
ちよこ | 2015年12月05日(土) 21:32 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2279-096d3ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |