All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'12.26 (Sat)

人生の転換期

年が明け、全てが終わってからブログに書くつもりでしたが、
2016年の幕開けから寂しい話題というのもなんなので……

新年は心機一転、清々しく始めたいですよね!

なので、ここらで発表することにしました。

我が家は自営で寿司屋を16年営んできましたが、
今年の12月31日をもちまして、閉店することになりました。


通常営業は、明後日の月曜まで、おせちが31日の木曜まで。
そこで、寿司屋は終了です。

本来なら、もう1年あったんです。

ユースケが現在高2のため、
高3の3月末まで営業することも出来たのですが、
今年の売り上げが去年よりも更にも悪く、
売り上げ減少の下げ止まりが見えてこなかったことと、
私の実家からの援助で運転資金を回していくより、
寿司屋を閉めて無職のほうが、まだマシという数字が出たこともあり、
ここらが限界だと、1年前倒しで、店を閉める決断をしました。

この秋から、パートナー(大将)と話し合いをしてきたのですが、
男のプライド云々では、既にやっていけない状況でした。

はい、店がヒマで売り上げがないのは、パートナーも分かっていましたし、
ここ数年、いつも閉店の話しが出てきていたのを、
ギリギリで回避してきてましたが、もう限界でした。

落ち込んでふさぎ込むパートナーを見るのが辛くて、
ダラダラ店を続けてきた側面もあり、
もっと早く決断しなかったのは、経理を任されていた私が悪いのかという気持ちと、
あと1年ぐらい、続けさせてあげたほうが良かったんじゃないかという気持ちとで、
私自身、自分で自分を責めてしまい、スゴク辛いんです。

店は、私にとって、ユースケと一緒に育ててきた子どものようなものでしたし。

でも、数字はウソを吐きません。
どこかで線引きをしないと、ユースケの美大進学への夢も断たれてしまいます。

まぁ、店の片づけが終わったら、
パートナーにはバイトでいいので、少しでも家にお金を入れてもらい、
私も体調を良くして、働きに出られればいいなってところで、
将来の確実な目途は立っておりませんが、
現状維持で損失補てんを繰り返すのは、やめにします。

で、例年の12月なら、店はヒマで、私が店に手伝いに行くこともなかったのですが、
今年は、お客様に閉店のお知らせのハガキを配ったこともあり、
このところ満席が続いております。

そういうこともあり、昨晩からユースケも店に出て、
家族総出でフィナーレを迎えるということになりました。

これから我が家は、どこに向かっていくのか?

ブログを通じてですが、皆さんに温かく見守っていただければ幸いです。
今後とも、どうか、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
10:03  |  life  |  TB(0)  |  CM(34)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

そうですか・・・・・決断されたのですね。自営の厳しさは会社勤めのおっとを持つ私には、わかりきれないところも多いのですが、でもちよこさんのお考えは、ご家族のこれからを考えたら潔し!なのではないでしょうか。

でも大将はつらいだろうなあ・・・・。

明けて新年。ご家族にとっては前途明るい新しい年の始まりになりますように、お祈りしております。

おつかれさまでした・・はまだ早いかな?(笑)
まりん | 2015年12月26日(土) 10:34 | URL | コメント編集

既に決断されていたのですね。
ユースケ君の卒業と同時に、お店も卒業と言う気持ちはわかりますが、現実的な事も大切ですものね。
あのフカヒレの味は 忘れませんよ。
まだ、冷凍してあります。
お正月には ちよこさん、大将の心遣いを 嬉しく思いながら、ヒレ酒をじっくりと 味わせて頂く事にいたしますね。

おせちもお忙しいでしょうが お身体に気をつけて、残りの日々を 頑張ってくださいね。

お猿さんカワイイデスネ。
色紙飾らせて頂いていますよ。
ひつじさんと並んでいます。

ありがとうございました。m(__)m⤴
おこちゃん | 2015年12月26日(土) 10:58 | URL | コメント編集

同じ自営業同志、影ながら応援させて頂きましたが
今回閉店と言う事で残念に思います。

ただ私も経営者の一人として言いますが
無理だったら、一日も早く止めるのが健全でしょう。

少しでもやりたいのは分かりますが、経営困難で
借金が膨らみ、どうしようもなくなる前にけじめをつけ
これからを考えた方がはるかに良いです。

ご主人は腕があるから、サラリーマンになれば
毎月キチンと給料が入って来ますので
奥様としたら、そちらのほうがよほど安心かと思います。

また腕があれば、どの店行っても
腕一本で飯を食っても行けるハズです。

ユースケ君もまだ高校2年生
お金がかかるのは、まだまだこれからですが
可愛い息子さんのためにも、前向きに行きましょうね

今後の活躍と健康を祈願しています。

しょ~ちゃん☆じぃじ | 2015年12月26日(土) 11:33 | URL | コメント編集

こんにちは。
しんどい決断だったと思います。
決断するのはお辛かったと思いますが
きっと未来は開けて明るいので
あの時こうして良かったと思えるという再出発ですね。
良い新年が迎えられますように。
ミーム | 2015年12月26日(土) 14:53 | URL | コメント編集

お疲れさまでした。

こんにちは!

ブログを拝見して大変驚きましたが、
ちよこさんが大将とお話をされて決められたことなので、
ちよこさんのこれからに、心から声援を送りたいです。

今年の6月にお店に伺うことができて本当によかったです。
おいしいお寿司をありがとうございました。
大将の優しい笑顔、
そしてちよこさんとの楽しい時間を私は忘れません。
お疲れさまでした。
そしてこれからの新しい人生に改めて声援を送ります。
ゆう | 2015年12月26日(土) 15:08 | URL | コメント編集

こんばんは。
大きな決断されましたね。お疲れ様です。
これから新たな生活が始まりますね。焦らずやってください。
我が家でもいきなりそんな時期が訪れてビックラポンでした。
初めは戸惑っていましたが、いつしか慣れてしまいました。
気の遣いようが違うのである意味気楽です。
何とかなるよ。。。これで行きましょう。
ピーちゃんこ | 2015年12月26日(土) 17:55 | URL | コメント編集


お店の仕事は卒業!

ちよこさん、今日は!

16年間にわたって続けて来られたお店を閉められるとのこと、
16年間、色々あったと思いますが、お疲れ様でした!

ちよこさんにとって、お店はユースケ君と一緒に育ててきたお子さんのようなもの、
寂しいこととは思いますが、新しい道に向かって力強く進められることを願っています。

ちよこさんのパートナー(ご夫君)さん、
持てる技能を生かした良い仕事に就かれるといいですね!
chan.na.o | 2015年12月26日(土) 19:25 | URL | コメント編集

残念です!

今年6月、大分のゆうさんと一緒に頂いた
大将のお寿司、 とても美味しかったです。

あの日も「お店を閉めるなんて もったいない!」と言いましたが
1年前倒しで閉店することになったのですね。

大将の心労と
大将を支えるちよこさんのお気持ちは よく分かりますが
とても とても残念です。

こっぺ | 2015年12月26日(土) 19:51 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2015年12月26日(土) 20:59 |  | コメント編集

そうでしたか・・
確かに残念ではありますが、
それもひとつの道ですね。

理想と現実というのも分かりますし、
商売って、本当に大変です。

僕が感じるのは、
ちよこさんの明るさです。
その明るさで、ご主人もユースケくんも、
救われてる部分が少なくないように思います。

let it be!
北の大地から応戦しています。
tani | 2015年12月26日(土) 22:48 | URL | コメント編集

閉店はもう少し先かと思っていました。
私にとって、ちよこさんのブログからは
酢飯の香りが漂ってくるというか
ブログ=お寿司 みたいなイメージがあるので
本当に残念です。
サラリーマンの家庭の私にはわからない苦労が
たくさんあったことと思います。
あと少し頑張ったら、少しお休みしてくださいね。
ぐるこ | 2015年12月27日(日) 00:54 | URL | コメント編集

ちよこさん お疲れさまでした。

どれだけ頑張ってこられたか、想像するだけで胸がいっぱいになります。
今は商売が難しい時代ですね。

遠くからですが応援しています。

うどん県の先輩から
茶坊たがわ UP | 2015年12月27日(日) 07:55 | URL | コメント編集

大きな決断されたんですね
始めるより止める時の方が力がいりますよね
見極めの難しい事の方が多いですもの…

新年は心機一転ですね(^O^)/
ぷにゅ2 | 2015年12月27日(日) 08:20 | URL | コメント編集

お疲れ様でした

ちよこさん、お疲れ様でした。

私の実家も飲食店で、父は病院で亡くなりましたが、
入院するギリギリまで店をしていました。
今思うと、店が自分の持ち物で家賃がいらず、
晩年は、なじみさんだけを相手に、人を雇わず、
人件費もいらなかったからかなと思います。
今は、特に個人店の経営は難しい時代ですね。

いろいろ大変だと思いますが、前へ進むための、前向きの決断だと思います。
新しい生活も家族で力を合わせて、頑張ってくださいね。

今年もちよこさんのブログとても楽しませていただきました。
来年も、よろしくお願いします。
みずほ | 2015年12月27日(日) 10:19 | URL | コメント編集

まりんさん

> でもちよこさんのお考えは、ご家族のこれからを考えたら潔し!なのではないでしょうか。

はい、ユースケが高校卒業後に就職するというのなら、このまま店を続けても良かったのですが、
本人の希望にブレがなく、実際に努力を重ねている姿を見ると、
親のプライドで店を続けたいから諦めなさいというのもオカシナ話しですし、
未来のある子どもに託すのが賢明だと判断しました。


> でも大将はつらいだろうなあ・・・・。

はい、その部分が一番、引っかかって……。
腕もいいし、最大限の努力もしていたのに、時代が悪かったというかねぇ~~~。

大将には落ち度はないのですが、客商売で、お客さんが来ないのでは仕方がありません。
お客さんも、寿司を食べる余裕がないのが実情だと痛いほどわかりますし。

閉店が決まって、店を居抜きで売りに出す時は、ふさぎ込んで落ち込んでいたんです。
しばらくは、家でも黙り込んで、空気が重かったのですが、
最近、ようやく気持ちの整理がついたのか、普段の状態に戻ってきました。


> 明けて新年。ご家族にとっては前途明るい新しい年の始まりになりますように、お祈りしております。

ありがとうございます。


> おつかれさまでした・・はまだ早いかな?(笑)

ハハハ、ほんと疲れますね。
店をやる時は勢いで始められますが、閉める時はキツイですぅ~~~。
しかも、結局、トータルでみると赤字だったんですから、
いったい何やってたんだろ?!って、自問自答してしまいます。


でも、私的には、美味しいお寿司をいっぱい食べられたので、いい人生でした!
ちよこ | 2015年12月27日(日) 10:48 | URL | コメント編集

おこちゃんさん

> ユースケ君の卒業と同時に、お店も卒業と言う気持ちはわかりますが、現実的な事も大切ですものね。

はい、おっしゃる通りで、きれいな形で終わらせたくても、
現実のほうが、そうもいかないほど差し迫ってきたため、ここで決断しました。


> お正月には ちよこさん、大将の心遣いを 嬉しく思いながら、ヒレ酒をじっくりと 味わせて頂く事にいたしますね。

ぜひぜひ、正月には楽しんで飲んでくださいね!
おこちゃんさんも、私と同じく、この1年は精神的にも激動の日々でしたが、
どうか来年は落ち着いて穏やかにお互い、過ごしたいですよねぇ~~~。

パートナーや子どもに振り回されずに!!!


> おせちもお忙しいでしょうが お身体に気をつけて、残りの日々を 頑張ってくださいね。

はい、ありがとうございます!


> お猿さんカワイイデスネ。
> 色紙飾らせて頂いていますよ。
> ひつじさんと並んでいます。

今、ちょうど交代の時期なので、2枚並んでいる姿が微笑ましいです!
あと5日もすると、未さん、バトンタッチですね。

ほんと来年こそは、清々しい気持ちで過ごしたいです☆
ちよこ | 2015年12月27日(日) 10:53 | URL | コメント編集

お疲れさまでした。

ちよこさん、16年間お疲れさまでした。

息子さんが無事芸大に入られ、
ご主人とちよこさんが明るい気持ちになられて、
ご家族に平和で安定した生活が戻りますように、
心から祈っています。
ReikoJanvier | 2015年12月27日(日) 11:02 | URL | コメント編集

しょ~ちゃん☆じぃじさん

> 同じ自営業同志、影ながら応援させて頂きましたが
> 今回閉店と言う事で残念に思います。

はい、しょ~ちゃん☆じぃじさんとは、自営仲間で、互いに苦労が分かっていたので、
ここで我が家が戦線離脱となり、申し訳ないです。


> ただ私も経営者の一人として言いますが
> 無理だったら、一日も早く止めるのが健全でしょう。

まさに、そこなんです!

自営の場合、ゾンビをズルズル引きずっていると、どこまでもゾンビが増えていくだけで、
決して生き返ることはありませんからね。

そこを見極めたら、さっさとゾンビは駆除して、
無力な人間に逆戻りでも、そこから始めるのが健全な姿だと私も思います。

> また腕があれば、どの店行っても
> 腕一本で飯を食っても行けるハズです。

私としては、給料が入ってくる方が、額が少なくてもホッとします。
しょ~ちゃん☆じぃじさんのおっしゃる通りです。

私の実家の財産を食いつぶしてくだけでしたからね。

まぁ、うちの大将、農業高校中退の中卒の53歳なので、
正社員とかは無理だと思いますし、職人として雇ってもらえる場所がないかもしれません。
それでも、無職のほうが寿司屋をするよりマシという数字が出たので、
なんとかなるでしょ!!!


> ユースケ君もまだ高校2年生
> お金がかかるのは、まだまだこれからですが
> 可愛い息子さんのためにも、前向きに行きましょうね

はい、未来がある子どもに、私の父が遺したお金は使ってもらいましょう!


> 今後の活躍と健康を祈願しています。

温かい言葉、ありがとうございます。
同じ自営同士、身に沁みます。
ちよこ | 2015年12月27日(日) 11:05 | URL | コメント編集

ミームさん

> しんどい決断だったと思います。
> 決断するのはお辛かったと思いますが
> きっと未来は開けて明るいので
> あの時こうして良かったと思えるという再出発ですね。
> 良い新年が迎えられますように。

優しいお言葉、ありがとうございます。

夏頃から、年内での閉店を考えてきたのですが、
秋になっても売り上げが上がってこなかったため、ついに決断となりました。

大将は落ち込むし、ユースケからは「もっと早く決断しとけよ!」って責められるし、
実質的オーナーである私の母も、「孫の教育費には手を付けるな!」って怒られるし、
ほんと、私がボロボロでしたわ(苦笑)。

全くお金が無かったら、サッサと閉店していたでしょうに、
私の実家にお金があったため、ダラダラ続いてしまいましたが、
おっしゃる通り、再出発です。

大きな大きな重石が取り除かれたので、新年は気分的には私はスッキリなんですが、
大将がねぇ……ニートとなるのか? どうなることやらですな。
ちよこ | 2015年12月27日(日) 11:15 | URL | コメント編集

ゆうさん

> ちよこさんのこれからに、心から声援を送りたいです。

ゆうさんに、そう言っていただけるとホッとしました。
ありがとうございます。


> 今年の6月にお店に伺うことができて本当によかったです。
> おいしいお寿司をありがとうございました。
> 大将の優しい笑顔、
> そしてちよこさんとの楽しい時間を私は忘れません。
> お疲れさまでした。
> そしてこれからの新しい人生に改めて声援を送ります。

6月に来てくださったとき、「ぜひ来年も集まりましょう!」と、言っていただいたのに、
このようなことになってしまい、私どもの経営努力が足りなかったんだと思います。

それに、ゆうさんには、
ブログに書く前に報告しておくべきだったのではないかと、悩んでいたんです。

わざわざ遠方から、うちの店に足を運んでくださったのですしね。

でも、嬉しいことなら報告できても、寂しいことって、なかなか言えなかったんです。
それなのに、ゆうさんは温かく受けとめてくださり、ホッとしました。
報告が遅くなり、申し訳ありませんでした。

はい、パートナーは53歳ですし、私はゆうさんの同級生ですし、
資産があったら、早目のリタイアでもかまわないのでしょうが、
これから息子が大学生で、まだまだお金もかかります。

まだ引きこもるには早いので、何とか少しでもお金を稼げるよう、
新しい人生、頑張りますね!!!

応援、よろしくお願いいたします。
ちよこ | 2015年12月27日(日) 16:01 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> 大きな決断されましたね。お疲れ様です。
> これから新たな生活が始まりますね。焦らずやってください。

はい、先が見えない状況に、焦らないわけではないのですが、
1年3か月後には、また次の新生活が待っていますし、

年明け後は、充電期間になってもいい!

ぐらいの気持ちで、あまり気張らずにやっていけたらと思っています。

ただでさえ4月からは受験生がいて、ピリピリしているんでしょうしね。


> 我が家でもいきなりそんな時期が訪れてビックラポンでした。
> 初めは戸惑っていましたが、いつしか慣れてしまいました。
> 気の遣いようが違うのである意味気楽です。
> 何とかなるよ。。。これで行きましょう。

ピーちゃんこさんも家族経営をなさっていたので、
同じような体験をしたことでしょう。

始まりがあれば、終わりもありますもんね……。

我が家の場合、いきなりではなかったので、
気持ちの整理はつかなくても、あきらめはあったんです。

でも、おっしゃる通り、
自営は人に使われるわけではないため気楽だという反面、
稼ぎが外から入ってこないので、赤字続きの店を切り盛りしていると、
私は、頭がオカシクなりそうでしたっていうか、精神的に病みましたよ。

大将は、私の苦労を分かっていると言いながらも、
仕入れのお金がいつの間にか通帳に振り込まれているぐらいにしか感じてなかったでしょう。
こっちがどんな辛い思いで、親に頭を下げて、お金を融通してもらっていたか……。

大将のプライドを維持することと両親への申し訳ない気持ちとで、
私は心が引き裂かれていました。

やっと、こんなバカバカしい状況が終わりを告げるのかと考えると、
まさにパラダイスですよ! 私にとっては。

はい、何とかなるでしょう!
これ以上、赤字は増えませんしね。

何とかなるで、GO!ですよ。
ちよこ | 2015年12月27日(日) 16:22 | URL | コメント編集

chan.na.oさん

> 16年間にわたって続けて来られたお店を閉められるとのこと、
> 16年間、色々あったと思いますが、お疲れ様でした!

chan.na.oさんは、税金に関しての分析能力が優れているので、
この数年、特に苦しかったというのは見えていたことでしょう。

それでも、『お疲れ様でした!』と、言っていただき、感謝です。
こちらこそ支えていただき、ありがとうございました。


> ちよこさんにとって、お店はユースケ君と一緒に育ててきたお子さんのようなもの、
> 寂しいこととは思いますが、新しい道に向かって力強く進められることを願っています。

はい、ユースケが1歳の時にオープンした店なので、
まさに、一緒に大きくなったのですが、
私は店の女将というよりも、ユースケの母として夜を過ごしていたため、
店は、思うようには成長できませんでした。

でも、後悔はないです。

お金よりも、未来の社会を託す子どもを育てるほうが、大事ですから!


> ちよこさんのパートナー(ご夫君)さん、
> 持てる技能を生かした良い仕事に就かれるといいですね!

ほんと、寿司を握れる、魚をさばける、料理が出来るというのをとったら、
ニートも真っ青な、高校中退の中卒の53歳のオッサンですからね。
特技を生かして、バイトでいいので、ちょっとでも家にお金を入れてくれたら、
今は、それで十分です。

もちろん、実家に帰ったら、バイトよりはパート、パートよりは正社員ですけど、
そんなに多くは望めないですし、まぁ、健康な清貧を目指しましょう!
ちよこ | 2015年12月27日(日) 16:30 | URL | コメント編集

こっぺさん

> 今年6月、大分のゆうさんと一緒に頂いた
> 大将のお寿司、 とても美味しかったです。

ですよねぇ……。

こっぺさんには、ブログに書く前にお知らせすべきかと悩んだのですが、
お孫さんの誕生やらお世話やらでご多忙な時期に、
私事で気を遣わせるのも申し訳ないと判断し、報告が遅くなりました。

すみません。


> 大将の心労と
> 大将を支えるちよこさんのお気持ちは よく分かりますが
> とても とても残念です。

はい、どのお客さんも『残念だ』『寂しい』と、言ってくださるので、
ほんと申し訳なくて、頭を下げるばかりです。

6月に、こっぺさんがゆうさんと一緒に食べに来てくださったこと、
私の中では、一生の思い出です。

ありがとうございました。
ちよこ | 2015年12月27日(日) 16:35 | URL | コメント編集

鍵コメさん

心からの温かいエール、ありがとうございます。

店がつぶれても、命がどうこうというものではないので、
それほどたいしたことじゃないんだと、改めて思いました。

今は確かに辛くて悲しいですし、ストレスでお肌がボロボロですけど、
この時期は仕方ないと受け止め、いい風が吹くことを願って過ごしますね。

心に響くコメント、本当に、ありがとうございました。
ちよこ | 2015年12月27日(日) 16:40 | URL | コメント編集

taniさん

taniさんは、ご自身も従業員を抱える経営者なので、
このご時世、会社を切り盛りすることの大変さは、
私どもよりも、よくご存知だと思います。


> 僕が感じるのは、
> ちよこさんの明るさです。
> その明るさで、ご主人もユースケくんも、
> 救われてる部分が少なくないように思います。

いやぁ、どうなんでしょうかね(苦笑)。
taniさんのご家族のように、揺るぎない結束が我が家にあるのか?
これからが正念場でしょう。

確かに、男の人のほうが繊細なので、
店を居抜きで売りに出すという話しを不動産屋さんにしてからは、
大将がふさぎ込んでしまい、このままウツになるのか?と、心配しました。

でも、まぁ、落ち込む時間も必要でしょうし、
当たらず触らずの距離を保ちながら、様子をうかがっていると、
徐々にいつもの大将に戻ってきたので、ホッとしました。

私の明るさが、いい影響を及ぼしたとは思いませんが、
家族全員が暗くならずにすんだのは、良かったです。


> let it be!
> 北の大地から応戦しています。

はい、ケセラセラ!

北からのエール、心強いです。
ありがとうございます。
ちよこ | 2015年12月27日(日) 16:53 | URL | コメント編集

ご苦労様でした

仕事、全力で頑張って、、その結果、、

場所やタイミング、、ウンみたいなモノもあります。
結果だけが真実ではないのも真実。

次の出発に向けて力蓄える時期もあるのでしょう。
期待しております。
dowさん | 2015年12月27日(日) 20:01 | URL | コメント編集

おはようございます♪

ビックリです!!
九州に遊びに行くときは、ちよこさんのお店に食べに行きたい!!と思ってたんですが、なかなか我が家の家計では旅行も出来ないんですよね~

残念です

後数日、頑張って下さいね(*^_^*)
ゆーすけ君も来年はいよいよ大学受験なんですね!!
ウチの息子たちの分も、勉強頑張って下さいね
豆兄弟の母 | 2015年12月28日(月) 09:43 | URL | コメント編集

ぐるこさん

> 閉店はもう少し先かと思っていました。
> 本当に残念です。

残念だと言ってくださるうちが華ですよね。
酢飯のツンとした匂いは私も身に染みており、
その匂いを失うのは辛いのですが、大きな流れの中で抗うことは出来ませんでした。


> サラリーマンの家庭の私にはわからない苦労が
> たくさんあったことと思います。
> あと少し頑張ったら、少しお休みしてくださいね。
ありがとうございます。
昨日で通常の営業が終わったので、今日からはおせちの準備です。
大晦日におせちを出し終えたら、あとは片付けのみとなります。

年が明けても私は確定申告の準備がありますが、
店との掛け持ちではないので、ゆっくり対応していきたいです。

まぁ、来年は、ユースケが受験生になる以外は、これといった目標がなく、
実家に帰るまでの1年3か月は、人生のエアポケットみたいなものなので、
どうやって時間を過ごすか考えてみますわ。
ちよこ | 2015年12月29日(火) 09:35 | URL | コメント編集

茶坊たがわ UPさん

> ちよこさん お疲れさまでした。

はい、ただいま、かなりのお疲れ気味です。
店を始める時もヘトヘトでしたが、閉める時は未来がないだけ、ヘトヘトが二乗になりますなぁ。


> どれだけ頑張ってこられたか、想像するだけで胸がいっぱいになります。
> 今は商売が難しい時代ですね。

お互い、飲食をやっている身なので、痛いほど分かりますよね。
このご時世、誰が悪いというわけではなくても、
商売として飲食業が成り立ちにくくなっているというの。

お金が回るだけの余裕がないと、なかなか外食って出来ないですから……。


> 遠くからですが応援しています。
> うどん県の先輩から

ありがとうございます!!!
高校の先輩に励ましてもらえると、ホッとします。

私の世代は、まだアノ木造校舎でしたし、
鉄筋コンクリートの校舎で学んだ後輩よりも、先輩のほうに親近感が持てます。

それに、同会の皆さんも、温かいですしね!

実家はうどん県から引っ越して本州にあるのですが、
うどん県には近いので、実家に帰ったら、茶坊たがわを覗きに行きたいなっていうのが、
今の私の夢の一つです!

飲食で儲けるのは難しいですが、先輩の店はコミュニティとして必要だと思います。
末永く地域に愛されている店ですから、どうか存在し続けてくださいね!!!
ちよこ | 2015年12月29日(火) 09:45 | URL | コメント編集

ぷにゅ2さん

> 大きな決断されたんですね
> 始めるより止める時の方が力がいりますよね
> 見極めの難しい事の方が多いですもの…

はい、この数年、閉めるか閉めないかで、ずっと揉めてきたんです。
でも、ここまで売り上げが下がるとは想定外でした。
出来れば、あと1年は続けたかったんですけど、
下げ止まりが見えない中で、うちの親の援助頼みの生活に、私がブチ切れてしまいました。


> 新年は心機一転ですね(^O^)/

はい、収入がマイナスという事態は避けられることになったので、
少しでもプラスの方向に動くことが、今は、正直、嬉しいです!!!
ちよこ | 2015年12月29日(火) 09:49 | URL | コメント編集

みずほさん

> ちよこさん、お疲れ様でした。

ねぎらいの言葉、ありがとうございます。


> 今思うと、店が自分の持ち物で家賃がいらず、
> 晩年は、なじみさんだけを相手に、人を雇わず、
> 人件費もいらなかったからかなと思います。
> 今は、特に個人店の経営は難しい時代ですね。

おっしゃる通りです。
家賃と人件費がかからなかったら、道楽でも何とか生活できたんですが、
うちの場合、家賃と人件費だけで60万はかかりますし、
光熱費を入れたら70万。
そして、寿司屋はナマモノを扱い、売上の中での仕入れの割合が50%を占めるため、
最低でも月に140万円稼がないと±0ですし、
私たちの生活費を30万出そうと思うと、200万は必要となります。

家賃と人件費がなければ、売上80万でもやっていけますから、
そこが、みずほさんの実家との大きな違いだったんでしょう。


> いろいろ大変だと思いますが、前へ進むための、前向きの決断だと思います。
> 新しい生活も家族で力を合わせて、頑張ってくださいね。

ありがとうございます。
実家に帰ってからが、本当の勝負ですが、
まずはこの1年、少しでもお金が残るような生活をしていかなければねぇ~!


> 今年もちよこさんのブログとても楽しませていただきました。
> 来年も、よろしくお願いします。

こちらこそ、みずほさんのブログで、宮原知子さんの情報を得ることができ、
この12月は、唯一の楽しみでした。
本当はコメントを書きたかったのですが、そこまでのエネルギーがなく、スミマセン。
ちよこ | 2015年12月29日(火) 10:03 | URL | コメント編集

ReikoJanvierさん

> ちよこさん、16年間お疲れさまでした。

ありがとうございます。

昨日で通常営業は終わったのですが、
お客様は、自分が残念だとか寂しいとかおっしゃってくださいますが、
誰も『お疲れ様でした』とは言ってくれないんですよね~~~。

まぁ、自分のためにお金をバンバン使える人じゃなきゃ、
回らない寿司は食べられない時代なのでしょう。


> 息子さんが無事芸大に入られ、
> ご主人とちよこさんが明るい気持ちになられて、
> ご家族に平和で安定した生活が戻りますように、
> 心から祈っています。

ありがとうございます。

うちは、東京藝大ではなく、同じ国立でも金沢美術工芸大学を目指しているのですが、
でも、藝大と似たり寄ったりで、現役で入るには、かなりの難関なんですよ。
そこに入ってくれれば、私の老後が助かり、明るい気持ちになれますけど、
まぁねぇ……こればっかりはですね。

でも、本当にこの12月、辛かったんです。

タテマエとして、

私の母の介護で街を離れるため、店を閉める

ということになっており、儲かってないからつぶれるというのが、
大将のプライドで、伝えられないんですよ。

そうなると、私が悪で大将が神みたいにお客様に見えてしまい、
うちの実家の金を使い込んだ大将が威張ってるんですよね。

もう、ほんとバカバカしくて、やってられないというのが私の本音でした。

そんな辛かった時期、朝に一口食べるマロングラッセが、私の心の支えで、
マロングラッセをチビチビ齧る時だけ、至福の時間を味わっていたんです。

Reikoさんの心遣い、私、一生、忘れません。
どれだけ救われたか!!!

うどんとマロングラッセが、私のソウルフードです。

助けていただき、本当に、ありがとうございました。
ちよこ | 2015年12月29日(火) 10:20 | URL | コメント編集

dowさん

> 仕事、全力で頑張って、、その結果、、
>
> 場所やタイミング、、ウンみたいなモノもあります。
> 結果だけが真実ではないのも真実。
>
> 次の出発に向けて力蓄える時期もあるのでしょう。
> 期待しております。

はい、そうなんです。

一生懸命やっても、時期が悪いというか、大きな流れには逆らえないというか、
私たちが店を始めた時には、最初から、既に勝負はついていたのでしょう。

大将は人生で16年間、自分の好きなことを出来たので幸せだったと申しておりますが、
私は、黒字が数年だけで、あとは全て赤字経営という現実に、精神的にもオカシクなりました。

それでも、やっと悪循環を断ち切れたので、
これからは、私の心の病もいい方向に向かっていくことでしょう。

いつも真摯に見守ってくださり、ありがとうございます。
ちよこ | 2015年12月29日(火) 10:26 | URL | コメント編集

豆母さん

> ビックリです!!
> 九州に遊びに行くときは、ちよこさんのお店に食べに行きたい!!と思ってたんですが、なかなか我が家の家計では旅行も出来ないんですよね~
>
> 残念です

そう言っていただけるだけで、十分ですよ。
いつか九州に遊びに来られた時は、
豚骨ラーメンと玄界灘の海の幸を食べていってくださいね!!!


> 後数日、頑張って下さいね(*^_^*)
> ゆーすけ君も来年はいよいよ大学受験なんですね!!
> ウチの息子たちの分も、勉強頑張って下さいね

ほんと、ユースケが高校卒業後に働いてくれたら、
店を閉めることもなかったのですが、
東京の私立の美大に行くとなると、1500万円はかかるんです。

私の亡くなった父が、孫の教育資金にと、まとまったお金を残してくれているそうなんですが、
1500万円には、足りませんよね。

店を続けることで、父の遺産を食いつぶすのを今年でSTOPでき、
その点は、ホッとしています。

パートナーの夢、息子の夢、
男どもの夢のために私の老後の資金が、どんどん減っていき、私には夢が全くありません。

まぁ、いつか、豆母さんに会いに行きたいなぁっていうのが、
数少ない、私の夢です。

お互い、元気に頑張りましょう!!!
ちよこ | 2015年12月29日(火) 10:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2297-a17e36ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |