All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'01.07 (Thu)

廃業の手続き

これは記録として残しておいた方がいいかと思い、
『廃業の手続き』について書いておきます。
誰のためや~って聞かれても、

飲食店をやっていて閉めるとなったオーナーさんのためっしょ!

としか言いようがないんですが、
まぁ、皆さん、ついでに、お付き合いください。

はい、大晦日に最後の営業を終えたのはいいですが、
そのまま正月に突入し、書類的なことはスッカリ抜けていたんです。

大将に聞いたら、

「12月に料飲組合の人に聞いたら、廃業の手続きしてくれるんだって!」

とのことで、フ~~~ンって思っていたまでは良かったんです。
でも、よくよく考えたら、店には『営業許可証』というものが貼ってありましたし、

アレって、どうよ?!

ということになり、
昨日、慌ててネットで廃業に関する諸手続きを検索してみました。

はい、あるわ! あるわ!

飲食店に限りますが、ここに列挙しておきます。


① 保健所に行って、廃止届を提出
   その際は、営業許可通知書、営業許可事項を持参する

② 税務署に行って、4つの書類を提出
   個人事業の開廃業等届出書、所得税の青色申告の取りやめ届出書
   給与支払事務所等の廃止届出書、消費税の事業廃止届出書

③ 労働基準監督署に行って、雇用保険&労働保険の停止手続き
   その際は、労働保険番号が分かる書類と、
   過去1年間に支払った従業員さんへの給料の写しも持って行くと、
   その場で職員の方が計算してくださる

④ 料飲組合、商工会議所など所属している団体に、退会届を提出

⑤ 店舗保険の解約


もちろん、水道・ガス・電気・ゆうせん・カード会社なども停止手続きが必要ですし、
郵便局にも、郵便物の転送の依頼をしなければなりませんが、
このあたりは、一般の引っ越しと同じなので、見落とすことはないかと思います。

あと、個人事業者ということで、万が一を考え、
生命保険を、かなり高額なものに入っていたのですが、
それは見直してもいいでしょうね。

ほんと、店を始める時は、あれよあれよという間に、
促されるまま開業の書類を提出していましたが、
16年たって閉めるとなると、当時の記憶はなく、
ネットで検索できなかったら、ヤバカッタです。

ただし、こういうのって、税理士事務所に会計処理をお任せしていたら、
余分にお金は取られるのでしょうが、
向こうはマニュアルがあって、オーナー自ら右往左往しなくても、
いろんな指示は出してもらえたんでしょうね……。

最後になりますが、
これらの手続きは廃業してから1週間以内に済ますべきものだそうで、
かといって、遅れても罰則規定はありません。

まぁ、いずれやらなきゃいけないことですし、
うちの大将も、1日走り回ったら、全て終わらせることが出来たため、
飲食店を廃業した方、
すぐに動いたほうが、気持ちの整理も早くつくのではないでしょうか?


って、だから誰よ?って、話しになりますが!
スポンサーサイト
16:51  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

飲食店ではないですが、もしもの時を考え勉強になりました。

俺もいつまで続くか分からないしねぇ・・・
しょ~ちゃん☆じぃじ | 2016年01月07日(木) 18:19 | URL | コメント編集

こんばんは

閉店する決意も大変ですが、
閉店手続きも、こんなに!?
ものすごいエネルギーが必要ですね。

閉店に向け、名残惜しい気持ちでいっぱいでしたが
日(記事)を追う毎に
私もだんだん気持ちの整理が出来てきました。
こっぺ | 2016年01月07日(木) 23:09 | URL | コメント編集

しょ~ちゃん☆じぃじさん

> 飲食店ではないですが、もしもの時を考え勉強になりました。

いやいや、これは店舗を借りて、人を雇い、
保健所で営業許可証をいただく飲食店の場合なので、
しょ~ちゃん☆じぃじさんは、
税務署ぐらいしか関係ないんじゃないでしょうか?

水道、ガス、電気は自宅兼でしょうし、
カード会社やゆうせんとか、使ってないはず!


> 俺もいつまで続くか分からないしねぇ・・・

自営って身体が壊れたらおしまいなので、
はい、寿司屋の業界でも、経営は上手くいっていたのに、
大将がガンで他界したとか、脳梗塞で倒れて閉店したとか、
そういうのは、よく聞きます。

うちの大将は身体は丈夫だったのに、経営が下手だったのが残念ですけど、
しょ~ちゃん☆じぃじさん、奥さまはお金よりも健康を心配していると思うので、
あまり働き過ぎないよう、無理しないでくださいね。

寿司屋の業界でも、長年身体を傷めつけていると、
50代になって大病するとか、60代で満身創痍とか当たり前ですもん。

お金より、健康です!!!
ちよこ | 2016年01月08日(金) 17:39 | URL | コメント編集

こっぺさん

> 閉店する決意も大変ですが、
> 閉店手続きも、こんなに!?
> ものすごいエネルギーが必要ですね。

そうなんですよ、後始末がねぇ……。
売上はないのに、1か月は店を借りて片付けねばなりません。

夜逃げする方がラクですけど、
(不動産屋さんは、それがあるから敷金を高めに設定してあるんでしょう)
そんなイイカゲンなこと、したくないですし。

それに役所に行くと、かなり待たされるみたいで、
大将は1日で全部を回ったため、ヘトヘトになってました。


> 閉店に向け、名残惜しい気持ちでいっぱいでしたが
> 日(記事)を追う毎に
> 私もだんだん気持ちの整理が出来てきました。

こっぺさんまで巻き込んでしまい、申し訳ありません。
ほんと、私も、会計処理とかしていると、涙目になってしまいます。
お互い、喪の作業(モーニング・ワーク)が必要ですね。

親身になっていただき、嬉しいです。
ありがとうございます!!!
ちよこ | 2016年01月08日(金) 17:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2306-69c6048f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |