All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'03.06 (Sun)

福利厚生

昨晩、大手の寿司チェーン店に採用されたパートナーが、
妻を扶養として届け出るための書類を持って帰ってきました。

国民年金の第3号とか、社会保険とか、税金の扶養扱いとか、
もろもろの書類を、私は初めて見たので、

「これが一般的な家庭で行われていたことなんだ~!」

って、ちょっと感動してしまいました。

もちろん結婚した頃は独立しておらず、勤め人でしたが、
その時は家族経営の寿司屋での修行中で、
国保に国民年金、雇用保険すら入れてくれなかったため、
結婚しても、税金の扶養控除額分、チョコッと増えただけでした。

まぁ、だから、今の若い人がフリーターだったら結婚できないっていうの、
ほんと、よく分かります。


私も20年ほど前、
手取りで20万なく、さらに福利厚生もついてない職場の男性と結婚するの、
かなり、ためらいましたから!

ただ、その頃は。
【独立すれば、ガッポリ儲かる】という甘い言葉を信じ
結婚に踏み切れましたが、
そういう一発逆転の夢すら見られないフリーター相手だったら、
女性として恋愛は楽しんでも、
出来ちゃった婚にならないよう、ひたすら気をつけるしかないですよね。

だって、子どもが欲しかったら、
自分もパートやバイトをする共働きは当然としても、
パートナーに福利厚生がなくっちゃ、やっていけないですもん!!!

なんかねぇ、私の周囲のママ友さんを見ていても、
皆さん、1つの職場で、1日4時間ぐらいしか働けないんです。
そりゃ、夫の扶養範囲というのもあるのでしょうが、
4時間を超えると、パートでも福利厚生を付けなくてはならないというの、
雇う側が嫌がるんですよね。

まぁ、ママ友さんは、それでO.K.なんでしょうけど、
独り身で稼ぎたい人にとっては、結局、バイトの掛け持ちしかないんです。

つぶれちゃいましたけど、うちの店も福利厚生なんて付けられなかったため、
従業員さんは皆さん、掛け持ちで働いていました。

「昼の仕事が終わって、夜はうちに来てもらい、毎日、お疲れ様です!」

なんて、私が声をかけるのが常でしたもん。

こっちも申し訳ないとは思いつつ、
でも、まだ従業員さんは給料が出るけど、
こっちは【専従者給与】という名目のタダ働きで、
さらに貯金持ち出しの日々でしたから、

いったい、ナニをやってるんやら?!

って、感じでしたわ。

はい、初めて福利厚生のある職場で、総務から書類を渡され、
あたしゃ感激しましたよ!!!

でもなぁ……これって、1年だけだもんなぁ。

せっかく社会保険という港に繋がれることができましたが、
1年後、私の実家に帰ると同時に、また漂流することが決まっており、
大海原で不安とともに揺れ動くのが、我が家の定めなのでした。

これも一種の介護離職ですよねぇ~~~。
スポンサーサイト
17:47  |  life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2361-d3d45868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |