All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'03.22 (Tue)

市民と美術

既に終わったのですが、
地元の美術館で、ユースケが高校の美術部で制作したものが、
展示されていたんです。


その展示会は、一般市民から作品を募集し、
ありとあらゆるジャンルが、一堂に並んでいるものでした。

でね、やはり応募が多く人気があるのは、油絵とか写真なんですよね。

あと、一般の人で、先生について習っているという意味では、
陶芸とか書道なんかも一定の数の作品は集まるようです。

それに比べると、工芸とか彫刻って、人気がありません。

立体の巨大な作品を、素人さんが家に置けるのか?!

これって、けっこう深刻な問題です。

一般の方の油絵の搬入とか見ていても、
大きなキャンバスを、車の天井に括り付けて運んだりしており、
芸術作品って、破損とか考えると、移動が難しいんですわ。

まぁ、高校という大量購入してくれる市場がある所では、
業者さんがトラックを出し、無料サービスで運搬してくれるそうですが、
市民の美術作品展に、一般人が応募するのは大変です。

でね、なぜか、
大きければ大きいほど見栄えが良く、評価が高くなる傾向があり、
絵画や写真は、最初から大きさの規定があるのでしょうが、
工芸や彫刻となると、
大きいものから賞をもらっているような気がしないでもありません。

あと、現代アートというのか、抽象画とかオブジェっていうのを、
審査員の先生方の作品として多く見られました。

こうなると、私なんかじゃ、

上手いのか? 下手なのか? 

サッパリ分かんないですもんね。

正直なところ、美大の受験のデッサンでは、
形が正しくとれているとか、質感がきちんと出ているとか、
評価の良し悪しが分かるんですけどぉ、
日展にしても、一般市民の展示会にしても、
何を基準として審査員の方が優劣を付けているのかは、??? なんですよね。

スポーツのように勝ち負けのルールがあるわけではないため、

審査員の先生のコネ? 業界の派閥? 

まぁねぇ、そのあたりは、よく分かりませんわ。

だからこそ、コンクールで最優秀賞をもらったとしても、
美術の場合、美大の入試に全く加点されません。

私も、息子が入学する前は、
高校の芸術科に入ったら、
何かコンクールで入賞し、表彰されたらいいなぁって思ってましたけど、
今じゃ、そんなの、どーでもいいって感じです。

ズバリ、美術部に時間を割いて、コンクールに作品を応募するよりは、
画塾で、美大受験用のテクニックを習得するほうが、
この先の長い人生に、大きな意味を持ちますからね!

ただ、私も物作りは大好きなので、
油絵にしても、日本画にしても、
絵を描けるというのはステキだなって思いますし、
写真にしても、この一瞬を、よくぞ切り取れたなって、感激です!!!

ほんと、自宅に工房があって、好きな時に、巨大なオブジェとか制作できたら、
他人の評価がなんであろうと、そりゃ、楽しいですよねぇ~~~。

でも、やっぱり最後は作品の置き場です。

ガラクタを他人に押し付けるのは大迷惑でしょうし、
家の敷地内にオブジェがゴロゴロされても、家族はウンザリ!

「ユースケ、大きな作品は、やめてね」

って、芸術は爆発かもしれませんが、一般家庭では爆発されても困ります。
スポンサーサイト
16:40  |  life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2375-16a6b7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |