All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'03.25 (Fri)

政治家と保育園

ユースケは1歳4か月から認可保育園で預かっていただいたのですが、
約5年ほど保育園と接していると、政治家との強い絆が、よ~く分かりました。

保育園は補助金欲しさに議員に媚を売りますし、
議員は選挙での票田として保育園は欠かせません。


政治家と保育園の結びつきが強いことの弊害=【待機児童問題】

だと、私は思っています。

私が暮らす都会では、私が子どもを預けていた頃も待機児童は大勢いましたが、
保育園を増やすということを、つい最近までしてきませんでした。

それは市が赤字財政で、保育園に注ぎ込める予算が限られており、
その限られたお金を、新しく保育園を建設する事業に回すより、
今、ある保育園に使わせてほしいという要望が強く、
だからこそ、保育園を票田としている議員たちも動かなかったんです。

経済の悪化とともに待機児童がドンドン増えても、新規の保育園は作られず、
既存の認可保育園は、毎年、毎年、
テラスを作る、窓ガラスをステンドグラスにする、門を立派な花壇と併設する、
などなどの、どーでも良いことに、バラマキ助成金を使ってきました。

さらに、最近になって、待機児童問題の解消のため、
約35年ぶりに、やっと新規の保育園が作られることになったのですが、
既存の保育園から、自分たちも分け前が欲しいという要望が議員に寄せられ、
ただでさえ狭い敷地内に増設し、
既存の保育園の定員も増やすことになったのでした。

でも、そうなると、これまで多額の税金を使い、
毎年、毎年、改装してきた建物が壊され、作り直されることになりました。

赤字財政なのに、この無駄金、どないするとよ!

認可保育園のガメツイ経営者と、選挙のことしか考えていない政治家に、
本当に、ウンザリしましたし、つくづく我が家は一人っ子で良かったと思いました。

こういう気持ち悪い場所に、関わりたくないですもの!!!

そして、私が子どもを預けていた時も、あまりにもブラックな職場に、
毎年、半数近くの保育士が入れ替わってました。

まぁ、我が家は飲食店をやってましたから、
辞めた保育士の先生が食べに来てくれたりもしたのですが、

「早朝から深夜まで働いても給料は低いし、身体を壊して続けられませんでした」

「園長は、少数の保育士を優遇するので、
 園長に気に入られていないと分かった時点で、アホらしくなって、
 みんな、辞めていきます」

とか、まぁ、内輪の事情も、たくさん聴きましたよ。

子どものことを思っているのか? お金儲けがしたいのか?

いったい、ナニを認可保育園の園長はしたいのか?!


私には、サッパリ分かりませんでした。

それでも、子どもを人質に取られており、何も言えないのが現実です。
毎年、3月に保育園の次年度への更新があるのですが、
そこで、更新されなかったら、子どもと一緒に路頭に迷うことになりますからね。


でね、まぁ、タイムリーな話題なので、付け加えますと、
私が子どもを預けていた時、
うちの保育園が推している政治家に女性スキャンダルが発覚したんです。

すると、選挙運動には、これまでは政治家本人が顔を出していたのに、
奥さまと娘さんが走り回り、保育園でも座談会に参加されていました。

「うちの夫が、この度は、皆さんにご迷惑をおかけし、申し訳ありません。
 妻の私が悪いんです。
 だから、妻の私が夫に代わって頭を下げますので、
 どうか、お母様方、私に免じて、夫を許してやってください」


なんて、言うんですよね。

夫の不倫に、なんで嫌な思いをしたであろう奥さまが頭を下げるのか?!
議員バッジのためなら、本人だけでなく、妻も娘も家族総出で頑張るんですね。
それだけ政治家って魅力的な商売なのでしょう。


まぁ、ダラダラと書きましたが、
こういう政治家と既存保育園の強固な結びつきが変わらない限り、
限りある予算を待機児童に回すのは、かなり難しいと思います。
スポンサーサイト
16:32  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

すごいお話ですね

いやいや凄い実情教えていただきました。
昨今の、議員の不祥事、これから出馬される方の不祥事と

すべて、妻や家族は、父、夫のためにすべてを飲み込んで選挙運動しなければならない。
ニュースとかぶせると、話が非常によくわかります。
はしかわ | 2016年03月25日(金) 17:06 | URL | コメント編集

はしかわさん

> いやいや凄い実情教えていただきました。
> 昨今の、議員の不祥事、これから出馬される方の不祥事と

はい、10年ほど前の話しではありますが、
うちの地域は都会ではあっても、意識は田舎なので、
今も、それほど変わっていないと思います。

例え議員さんに不祥事があっても、
その方とのパイプで税金を使える既得利権者にとっては、
議員さんに当選してもらわねばならないため、必死の選挙運動ですよ。

認可保育園は、公的な場所という扱いではないため、
園長は自分が応援する議員さんを招き座談会はするわ、
当時は、勝手に個人情報を流され、家に選挙事務所から電話はかかってくるわ、
朝、子どもを連れて登園すると、無理やり園長が見守る中、候補と握手させられるわ、
一番、強烈だったのは、選挙当日の昼過ぎのことです。

「先生が当選するかしないかの瀬戸際なので、今、すぐ、投票に行ってください」

と、開票もしていないのに、そうやって電話が家にかかってきました。

まぁ、それ以前に、何度も園長の口から、

「先生に当選してもらわないと、給食施設の老朽化に対応できないので、
 子どもに、いい食事をさせたいと思うなら、必ず先生に入れてくださいね」

とか、もう、その方に入れるしかないっていう状況へ、親を追い込んでいくんですよ。

ウンザリでした。


> すべて、妻や家族は、父、夫のためにすべてを飲み込んで選挙運動しなければならない。
> ニュースとかぶせると、話が非常によくわかります。

はい、どんなに私生活では裏切られようが、まずは議員バッジを付けてもらわないと、
自分たちにも【議員の妻、娘】という特権が入ってこないと割り切っているんでしょう。

その姿を見れば見るほど、なんか世の中の常識から逸脱しているというか、
よっぽどいい思いをしてきているんだなって、コッチは冷めてしまうんですけどね!


はい、はしかわさん、コメント、ありがとうござました☆
ちよこ | 2016年03月26日(土) 19:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2378-65686910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |