All archives    Admin

2016'04.03 (Sun)

あの人は今

「ちょうど目の前に座ったお客様が、某寿司屋の常連さんだったから、
 俺がココで働いているっていうの、瞬く間にウワサになるんだろうなぁ……」


と、昨晩、仕事を終えて帰ってきたパートナーが、
夕食の際、愚痴をこぼしていました。

私からしてみれば、昨年末に自分の店を閉めた際の理由が、

「かみさんの実家に帰り、義母さんの介護をするんです」

って、ウソじゃないけど、
時間的に1年のズレはあるわなって思っていたので、

「アレ? 引っ越すんじゃなかったの?
 こんなとこで雇われやってんの?」


こういう人の不幸話しを業界は好むので、
すぐに広がってしまうことでしょう。

でも、雇われの身になって既に1か月以上たつのですが、
今までバレテなかったほうが、私には不思議だったんですけどね!

はい、飲食店、しかも和食で寿司屋となると、
同業者が仕入れに行く場所って、限られたところになり、
そこで顔を突き合わせては、

「○○が閉店したってさ!」

「××の大将、病気で入院してるから、長期休業だって」


とか、ポジティブなネタよりも、ネガティブなネタのほうが好まれ、
すぐに広まるんです。

まぁ、その程度ならいいんですけどぉ、

「△△の大将は閉店の際、
 『フランスの寿司屋で職人として雇われた』って言ってたくせに、
 近所のスーパーの鮮魚コーナーで働いているの、見かけたんだってさ!」


なんて、かなり詳細な【あの人は今】っていうのまで、
出てくるんですよね。

店を出しても上手くいかずに閉店したからって、
その後の人生がどうなろうが、他人様には関係ないっしょ?
って思っても、不幸話しほど、胸がワクワクするもんなんです。

人の不幸は蜜の味ってもんですな。

地方の狭い業界内でのウワサ話しでコレなので、
全国的に顔の知られた芸能人だったらって思うと、
昨今の週刊誌のスクープじゃないですが、ほんと生き辛い世の中です。

うちの場合、売上が下がる一方で、閉店したこともあり、
商売に失敗したというのは事実です。
でも、失敗しても、また、やり直せばいいんだし、
再起をかけて頑張っている人を、
見下すようなマネはしてほしくないんですけどね。

例えば、パートナーが雇われている全国チェーンの寿司屋さんに、
顔を見てやろうとか、
前の店の顧客や顔見知りの大将が食べに来るのかもしれませんが、
この年齢(54歳)になると、物覚えが悪く、
年下の店長や主任から怒鳴られてばかりで、惨めなもんですわ。

それでも、働かないと家族は養えません。

「今まで、自営で苦労を掛けたことが原因で、
 おまえが、メンタルの病気になったんだから、この1年は俺が稼ぐ。
 おまえは働かんでいいから、病気を治すことに専念してほしい」


と、パートナーは私に言うんですが、
まぁねぇ、家を出て美大に進学を希望する息子を抱え、
私も少しでも稼げた方がいいんでしょうけど……
無理はしない範囲でですな。

なので、こっちの本音としては、

ソッと、しておいてください!

コレだけです。
スポンサーサイト
17:02  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

私も家のそばの松屋さんなので近所の方が時々おいでになりますね~。でも私の場合61ですからね。でも会社勤めから松屋さんってかなり方向転換したのでいろいろと言われてるみたいです。気にはしてないので来店されたらしっかり対応してます。
ある意味 あなたにはできないでしょ って思ってますからね
自遊自足 | 2016年04月03日(日) 18:34 | URL | コメント編集

自遊自足さん

> 私も家のそばの松屋さんなので近所の方が時々おいでになりますね~。でも私の場合61ですからね。でも会社勤めから松屋さんってかなり方向転換したのでいろいろと言われてるみたいです。気にはしてないので来店されたらしっかり対応してます。

自遊自足さんのブログを拝見していると、
家と職場が近いこともあり、急に呼び出しが入って駆け付けたとか書かれてあり、
家の近所でバイトをするのはスゴイ勇気があることだなって、以前から思っていました。

それを承知の上で選び(自遊自足さんには、二重生活という制約がありますもんね)、
地域の方が来店されても、臨機応変に真摯に向き合っているんですね。
ほんと、尊敬しております。


> ある意味 あなたにはできないでしょ って思ってますからね

まさに、そうですよ。
私にやれって言われても、遠距離介護を含め、出来ないですもん。
自遊自足さんのブログには、いつも勇気づけられております。

私もそうですが、年を重ねた親を背負っていると、
負担に感じることも多々ある中、
これも運命だと受け入れ、自分に出来る最善のことを尽くそうというのは、大変なことです。

人生の終わりは、どのように迎えるのかが誰も分からないですから、
【どうか倒れないで元気でいてください】って、願うだけですもんね。

みんな、みんな、健康第一で元気に過ごせるよう、
自分自身のことも含め、祈ってしまいます。


このたびは、コメント、ありがとうございました!!!
ちよこ | 2016年04月04日(月) 17:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2388-8d73af2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |