All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'04.06 (Wed)

ラスト・イヤー

「6・3・3で12年、コイズミ学習机!」

っていうCMが、ありましたよね?

私が小学生の頃に聞いていたような覚えがあるのですが、
子どもながらに、

「小学校が6年、中学校が3年、高校が3年って、12年間は長いよ!」

と、溜め息を吐いていたことも、ちゃんと記憶に残ってます。

あの頃も今も、女の子には友人関係でのトラブルが付き物なので、
クラスという単位で縛られる学校生活は、私には苦痛でした。

で、いざ、自分が親と言う立場になると、これまた、

「6・3・3で12年、コイズミ学習机!」

って、長いわぁ~~~!

そりゃ、中学の3年間、高校の3年間は、あっという間だと聞きますし、
小学校の6年間よりは、子どもに手がかからなくなるだけ、
短いようには感じられます。

それでも、長いわぁ~~~!

やっと一人っ子のユースケが高3になり、今日から始業式だというので、

「ラスト1年!」

って、心の中でバンザイ三唱しておりました。

けど、昭和11年生まれの私の父(既に他界)なんて、
11人兄弟の末っ子で、母親が48歳の時の子どもなので、
ちよこ46歳、まだ、これから妊娠&出産なんですか?!

あの頃の日本は多産だった!

それが80年たつと、
こうも少子化少子化って騒がれるんですから、時代は変わるもんですわ。

しみじみ

でも、事例検証として書きますと、


父の母は11人子どもを産みましたが、成人を迎えられたのは6人で、
その6人の子どもたちも、1人は太平洋の南方の島で戦死し、
1人は原爆の後遺症で終戦2年後に死亡。
結果、60歳以上の年齢を迎えられたのは4人でした。

母の母は3人子どもを産みましたが、3人とも60歳以上で、今も元気です。

母は3人の子どもを産みましたが、成人を迎えられたのは2人で、
最初の子は、産まれて3か月で肺炎にかかり命を落としました。

そして私は子ども1人を出産し、今に至っております。
(ちなみに、兄夫婦には子どもはいません)


こうやって事実を並べていくと、
日本の現代史が、いかに家族と直結し、子どもの数に影響しているかが、
一目瞭然ですよね。

戦争があったり、公衆衛生が悪かった時代は、
生まれる子がいても、命を落とす子もいるというのがあたりまえで、
だからこそ、夫婦になり子どもを授かっても、

子どもが親よりも先に死ぬことがないかどうか?

50年ほど前までは、不安がつきものだったことでしょう。

それが今では、まず夫婦になりたいという願望を持つかどうかもアヤシイですし、
うちのユースケも言ってますが、

「女子の顔色を伺う恋愛なんて、面倒臭いからイヤ!」

なんですって!

確かに、うちの家系を使って計算すると、
父方の母11人、母方の母3人 → 母3人 → 私1人(兄0人)のため、

ユースケが独身で寿命をまっとうし、DNAが途絶える

というのが予想されますが、はたして、どうなることやら?!

私の子育てもラスト1年、お勤めは果たしましたよ。
スポンサーサイト
16:41  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは。
少子化の原因は、他にもありそうですよ。
私の娘をみてると、もうじき仕事に復帰します。帰りは、たぶん保育時間ぎりぎりだと思うんです。すると、娘は、どれだけ大変か。。
保育料も高いし大変です。だから子供の人数も限られてしまいますね。
昔のように専業主婦があたり前だったら子育ての環境としては良かったのかな?って思ったりします。だからと言って同居は、考え物ですよね。子育て終了・お役御免となった私達は、もうあの忙しい生活はしたくないのが本音なんです。
ピーちゃんこ | 2016年04月06日(水) 19:34 | URL | コメント編集

11人産んで4人・・・
きっとお母さんはいっぱい悲しい想いしただろうね・・。
わたしの祖母は5人産んで1人赤ちゃんの時に亡くしてるけど
その悲しみは相当だったよう。
昔は生き残る子供を求めて沢山産んだのかもね。
ほんと、今は多く生んでも3人。
わたしもまさか娘を授かるとは思ってなかったから
息子は一人っ子で育てる気満々だったよ。
ユースケくんの気持ちは今の子の気持ちを
代弁してるよね。 娘も自分が結婚出来る気がしない
って言ってるよ。
こむぎ | 2016年04月06日(水) 20:46 | URL | コメント編集

ユースケ君へ

オトコというモノ、仕方のない生き物で、

難しいとか大変だとか、
そんな事に情熱を燃やす時が、、、タマにあるのです。

そんな時には、女性の顔色うかがってドキドキ!
面倒くさいのがたまらなくってのめり込むのです。

ホラ、デッサンの鉛筆削る作業だって、、使いやすくと思えば、、
ここは、、こんなふうに、、もう少し芯をだして、、とか、

きがつくと夢中になっていませんか?

何?  無いですか!
困りましたねー!
だって、免疫の無い人ほど ” 重症 ” に陥るのですから、、
嗚呼、、困った!
dowさん | 2016年04月07日(木) 08:59 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> 少子化の原因は、他にもありそうですよ。
> 私の娘をみてると、もうじき仕事に復帰します。帰りは、たぶん保育時間ぎりぎりだと思うんです。すると、娘は、どれだけ大変か。。
> 保育料も高いし大変です。だから子供の人数も限られてしまいますね。

はい、認可保育園の場合、両親が払っている市の税金の額で保育料が決まるので、
夫婦共働きで正社員だと、けっこうな額になります。

それに、保育時間ギリギリで迎えに行っても、そこから家事と育児をするのは、本当に疲れます。

あと、うちもそうでしたが、保育園に入って1年目は病気をしがちなので、
その際は、ピーちゃんこさんが預かるということになるのでしょう。


> 昔のように専業主婦があたり前だったら子育ての環境としては良かったのかな?って思ったりします。だからと言って同居は、考え物ですよね。子育て終了・お役御免となった私達は、もうあの忙しい生活はしたくないのが本音なんです。

病児を預かり、小児科に連れて行くというだけでも、祖父母にとっては大きな負担なのに、
同居となると、保育園へ連れて行くのも、お迎えに行くのも祖父母の仕事となりがちで、
ピーちゃんこさんが大変ですよ!!!

同居するよりは、孫はカワイイって思えるだけの、ちょっとした距離があるほうが、
祖父母にとってはラクはラクなんでしょうが……
これから、次女さんも保育園に預けるとか、第2子を妊娠・出産とかになると、
祖父母のサポートなくしては、やっていけないので、
ピーちゃんこさんご夫婦で、頑張っていただきたいです!!!

もちろん、旦那さんの両親にも頼ってもらわないと、娘の両親だけではメッチャ疲れます!

どうか、ピーちゃんこさん、お孫さんのためにも、お元気でいてくださいね!


コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年04月07日(木) 17:54 | URL | コメント編集

こむぎさん

> 11人産んで4人・・・
> きっとお母さんはいっぱい悲しい想いしただろうね・・。

いやぁ、その頃は、もう生きるだけで精一杯だったから、
悲しいとか嘆いているヒマはなかったと思うのね。

父の父は金持ちの坊ちゃんだったため、働かないし、騙されて(保証人)財産を失くしたのよ。
それで、父の母が、必死で農業とかして稼いでいたんだよね。

それでも、長男さんが当時の財閥で働き幹部だったから、
長男さんが戦死しなかったら、もう少し、長生きできていたのかも。
父が中学生の時、60歳で他界したそうです。


> わたしの祖母は5人産んで1人赤ちゃんの時に亡くしてるけど
> その悲しみは相当だったよう。
> 昔は生き残る子供を求めて沢山産んだのかもね。

うわぁ、赤ちゃんの時に命を落とすっていうの、
うちの母もそうだったみたいだけど、
公衆衛生が悪いし、薬とか今ほどいいのがなかったから、
あっという間に病状が進んでいったそうです。

だから、うちの母が私を育てるのにメッチャ神経質だったっていうの、
この経験からきてるんだなって、それは仕方ないんだろうけど、
子どもとしては、精神的に息苦しかった!


> ほんと、今は多く生んでも3人。
> わたしもまさか娘を授かるとは思ってなかったから
> 息子は一人っ子で育てる気満々だったよ。

いやぁ、3人産んでいる人って、今じゃ珍しいもの!!!
でも、結果的には、こむぎさんは娘さんがいてくれて良かったと思うよ。
やはり母親の気持ちを酌んでくれるのは、息子じゃなくて娘だもん。

息子さん、結婚が決まっておめでたいけど、
お嫁ちゃんが、こむぎさんのことを大切にしてくれるのを、切に願うわぁ。
こればっかりは、蓋を開けて見んと、分からんからねぇ。


> ユースケくんの気持ちは今の子の気持ちを
> 代弁してるよね。 娘も自分が結婚出来る気がしない
> って言ってるよ。

それはそれで、今の時代、いいんじゃないの?!って、思うよ。

ユースケなんか東京に出て、そのまま独身で人生を楽しんで終わるんじゃないのかなぁ。
私がホームに入る時のお金だけ出してくれたら、それでいいわ。


こむぎさん、コメント、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年04月07日(木) 18:08 | URL | コメント編集

dowさん

> オトコというモノ、仕方のない生き物で、
> 面倒くさいのがたまらなくってのめり込むのです。

う~~~ん、今の若い世代を見ていると、
オトコもオンナも1人や同性同士で、楽しめることが多過ぎて、
カップルで過ごすということに、興味がないんですよね。

自分の趣味のためなら、どんなに面倒臭いことでも頑張るのですが、
異性と過ごすことは優先順位が低く、価値を持たないんです。


> だって、免疫の無い人ほど ” 重症 ” に陥るのですから、、
> 嗚呼、、困った!

はい、うちの兄は高専で、ほぼ男子校だったため、女性に免疫がなく、
まさに、dowさんのおっしゃる通り、計算高い女性の策略に引っかかり結婚しましたが、
ユースケは、今、芸術科で女子に囲まれており、女の嫌な部分を山ほど見ているとのこと。

「女は基本、自己中だし、男を利用することしか頭にないから、信用できない!」

って、言ってますわ。

「結婚する前は、【共働きで頑張る!】って言っておくけど、
 妊娠したら、つわりが重いって、すぐに仕事やめて、家でのんびりしたいよね。
 だから、そこそこ稼いでくれる男を捕まえないとね!」

なんて、教室でJKの皆さんは、会話してるそうです。

ユースケ曰く、

「オマエら、自分の顔とスタイルを見てから言え!」

とのことでした!


dowさん、コメント、ありがとうございました!!!
ちよこ | 2016年04月07日(木) 18:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2392-162ef5b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |