All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'04.25 (Mon)

遺産と遺伝

ついにユースケも高校3年生になり、
浪人生も加わって、この1年間を共に戦う仲間との受験生活が始まりました!

その第一弾が、昨日、行われた東進のセンター模試です。

さて、昨日の東進のセンター試験本番レベル模試の、
国語の問題を、私は読んだのですが、
評論の内容が、相変わらず説教臭く、最高です!!!

イマドキ、こんなに難しくて、うるさい小姑のような文章を、誰も読まないでしょうから、
大学受験対策の問題として取り上げ、若者に無理やり読ますというのは、
私は大正解だと思いますよ!!!

まぁねぇ、ユースケ曰く、

「【環境問題や、外交問題、コミュニケーションが下手だとか、
 オマエラの未来は暗い! 暗い! お先は真っ暗だぁ~】
 みたいなのばっか、いつも模試の評論で読まされてると、
 18歳にして、夢なんか持てるか!」


と、いつも同じようなトーンの文章ばかり出くわすそうで、
本人はウンザリしておりますが、
まぁ、こうでもしない限り読まないでしょうから、仕方ないですね。

あきらめて読んで、解答し、1点でも2点でも多く稼いでくだされ!!!

で、昨日の問題に出てきた評論文は、
門脇厚司さんの『社会力をそだてる』という本からの抜粋でした。

その中で取り上げられていて、私がなるほどと思ったのが、
『遺産』と『遺伝』という言葉の組み合わせでした。

よく使われるのが、【遺伝と環境】という組み合わせで、
子どもの持つDNAが影響するのか? それとも生まれた後の環境か?
という議論なら分かるんですよ。

でも、この評論を読んでいると、なるほど~と思いました。

つまり、環境というのは、『遺産』で、ある程度は決まってしまうということで、
あえて環境という言葉を使わずに、
社会的階層から配分される『遺産』こそ、子どもの人生に大きく影響するということですよ。

うわぁ、まさに、我が家がそうです!

だって、今の時代、親の世代は働けど働けど稼げないんで、
うちの他界した父の遺産がなければ、
ユースケの美大進学の費用は捻出できませんからね。

いやぁ、鋭いご指摘に、アイタタタッ!!!

で、『遺伝』というのは、もって生まれた才能ですから、
こればかりは、同じDNAであっても、
恵まれた子どもと、そうじゃない子っていうのは、出てきます。

まぁ、この評論を要約すると、

『遺産』と『遺伝』という2つの大きな要因で、子どもに格差は生じるが、
この2つの課題を克服し、
誰もが幸せな人生を送れるよう保証するには、どうしたら良いのだろうか?


という問い掛けで始まり、

社会的基本財の平等な分配だけでは、幸せな人生を実現するには無理があり、
分配された富を、教育によって、より良く使う方法を学ぶ必要がある。

「人と人がつながり、社会をつくる力」を学んでこそ、
互いに恩恵にあやかりながら、協力して働く世界が実現する。



というような感じのまとめで終わるんですが、
はい、なかなか良い文章でございました!!!

こういうのを、18歳ぐらいの年齢で、
無理やり読まされるのはテストのためとはいえ苦痛かとは思います。

でも、この年齢の人たちこそが、
50年後、日本の人口が8000万人になるという……
激動の超高齢化社会の中で、日本の舵取りをしなければならないんです。

どうか、社会力を駆使して頑張ってください!!!
スポンサーサイト
17:29  |  life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2410-c674bace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |