All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'04.28 (Thu)

SFへの扉

20160428.jpg

「SF小説は13歳までに読むのが相応しい」

みたいなことを、私が中学生の頃、何かで目にしたことがあります。

SF小説は想像力が必要なので、
頭が柔らかいうちに読んだ方が、世界観に入りやすく、楽しめる!


というような意味に、当時の私は受け止めたんで、
私は中学時代、けっこうSF小説を読んだんです。

その中の1冊が『夏への扉』です。

これって、日本では、けっこう人気のある作品ですが、
1956年に書かれており、60年前の作品ですよ!!!

で、現在、この本を、54差になるパートナーが読んでおります。

でね、私としては、先の言葉を意識していたため、
ユースケが中学生になった時、SF小説を3冊、買ってきて渡したんです。

夏への扉  ロバート.A.ハインライン  1956年作
われはロボット  アイザック・アシモフ  1950年作
1984年  ジョージ・オーウェル  1949年作


この3つの作品は、私自身が中学生の時に読み、スゴイ感銘を受けたので、
同じようにユースケにも……
タイムトラベルの醍醐味や、ロボット工学三原則や、全体主義の恐ろしさ
こういうのを知ってもらいたかったんですよ。

でも、親の思惑なんて、そう簡単に子どもに通じるわけがなく、
きれい、サッパリ、スルーされてしまい、
部屋の本棚の片隅で、ひたすら置いてけぼりをくらっていたのでした。

でね、このまま、引っ越しゴミとして捨てられてしまうのか?!

と、やっぱ私が引き取るしかないのかなぁって思っていたところ、
自営を辞めたパートナーが、休日にすることがないとのことで、
急にユースケの本棚に注目し、この1冊を手に取ったのでした。

「だんだん面白くなってきた!」

パートナーが、今、4分の3まで読んで、いよいよクライマックスへという時ですわ、
読んでないと思っていたユースケが、
突如、父親の前でネタばらしを始めたんです。

「ぼく、それ、読んだから知ってるよ!
 ラストはねぇ……」


という所で、私はユースケの口をふさぎ、別の部屋へと連行したのでした。

小説のネタばらしをするのは、重罪です!!!

でも、そこで初めて知りました。
ユースケは読んでいないと思っていたのに、ちゃんと読んでいたんですよ。

ビックリ!

あらすじを言わせてみたところ、かなり詳細に語ってくれました。

私は本棚に置きっぱなしだと思っていたのに、
親の知らないところで、手に取ってたんですね。

なんか最近、特に思うんですが、
今の子どもたちって、文字を読み想像力を働かせて頭の中で世界を作る前に、
CGが発展し、イメージを視覚から既に与えられているんですよね。

近未来のゲームや映像が、溢れているんで!

なので、SFを読みやすいっていえば、
視覚からの情報は幼い頃から入っているので、ラクに読めるとは思うんです。
でも、それだと、自分独自の世界観を、
文章から1つ1つ組み立てていく作業は出来ないため、
ある意味、損しているような気もします。

ハリー・ポッターを映画化される前、小説として読むことができた世代と、
最初に映画を見て、それから小説を読む世代とでは、
脳のしわの出来具合が、ぜんぜん違ってきますよね?


CGが発展する前の時代のほうが、読書が楽しかったんじゃないか?

って、そういうことを言えば言うほど、
自分が昭和のはく製にでもなったような気持ちになります。
スポンサーサイト
18:18  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

やっぱりユースケ君は、ちよこさんの子供だなあと
変な嬉しさを感じました。

私は、ほとんどSFを読まずにここまで来てしまいました。

54歳の旦那様でも楽しく読めるなら
ちよこさんが感銘を受けた本なら
私も読んでみようかなと思いました。
ふくこ” | 2016年04月28日(木) 20:15 | URL | コメント編集

こんばんは

あははは!
ユースケくん、読んでいましたか!
子供は、夢中になるとあっという間に本を読んでしまいますからね。

とても、あの集中力には敵いません。
はしかわ | 2016年04月28日(木) 22:22 | URL | コメント編集

ふくこ”さん

> やっぱりユースケ君は、ちよこさんの子供だなあと
> 変な嬉しさを感じました。

小学校4年生までは、全く本を読まなかったのですが、
高学年になると、急に本を読み始めたんです。
どこでスイッチが入るか、男の子は分かりませんね。

今も、マンガよりも本を読んでいるようです。


> 私は、ほとんどSFを読まずにここまで来てしまいました。
>
> 54歳の旦那様でも楽しく読めるなら
> ちよこさんが感銘を受けた本なら
> 私も読んでみようかなと思いました。

はい、ふくこ”さんに、おススメは、パートナーが読んでいる『夏への扉』ですね!
ふくこ”さんは経営者でもあり、正義感も強いので、この手の本を読みだしたら、
大いに共感できるのではないでしょうか?

推理小説の要素に、コールド・スリープやタイムマシンが絡んでくるという感じです。
SFというジャンルって、そんなに難しいものではなく、
ミステリーとかファンタジーが読める人なら楽勝です!!!

そりゃ、中には難解なものもありますが……
映画マトリックスの原作のSF小説なんか、
文字だけで読んでいても、あの世界観が、全くワケが分からなかったんですけどね。

はい、ふくこ”さん、ぜひSF小説も読んでみてくださいね!

星新一さんのショート・ショートなんかも、おススメです!!!


コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年04月29日(金) 18:49 | URL | コメント編集

はしかわさん

> あははは!
> ユースケくん、読んでいましたか!
> 子供は、夢中になるとあっという間に本を読んでしまいますからね。

そうなんです!
私、全く気が付いていませんでした。

なので、ヤラレタ~~~って、感じです。


> とても、あの集中力には敵いません。

はい、若さっていいですよね。
明日のこととか考えずに、一気に早朝近くまで読み耽るなんて、
今の私には出来ないです!!!

そして、そんな小説と出会えるような……胸がトキメクこともないですしね。

やはりティーンエイジャーぐらいが、一番、読書が楽しいんでしょう。
マンガやゲームや動画で時間をつぶしてしまう、スマホ世代の子どもたちには、
もったいないが気がします。


はしかわさん、コメント、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年04月29日(金) 18:53 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2413-278fb70c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |