All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'05.06 (Fri)

国を守るということ

今、アメリカの大統領選挙で、
共和党の指名をトランプ氏が確実にしたという報道がなされています。

【日本や韓国からのアメリカ軍撤退をちらつかせ、
    アメリカ軍の駐留経費を負担するよう求めた】

とのことですが、この点においては、

アメリカ軍の傘下で、日本はラクをしているんだろうな……

という負い目が、私にはありました。

まだユースケが小学生の頃、
日本人女性が主催する英会話スクールに、ユースケは通っていました。
そこのクリスマス・パーティーで、
ネィティブスピーカーの方をゲストに招こうということになり、
ボブ・サップ氏のような大柄な黒人男性が、来てくれたんです。

で、パーティーが終わった後、後片付けの手伝いを私もしていたのですが、
その時、スクールの先生とゲストの黒人男性が話しているのを聞き、
何とも言えない気持ちになりました。

というのも、その黒人男性は50代で、奥さんと一緒に日本で暮らしているのですが、
息子さんの1人は海軍に勤務しており、
たぶん特殊部隊に入っているのだろうということでした。

 息子とは全く連絡が取れないし、偽名を使っているのだろう。
 両親が日本にいると判明したら、
 自分たちが人質となり息子は脅迫され、任務に支障をきたすことになる。
 だから、我が子ではあっても、存在していないというように、
 自分たちでも思うようにしている


そんな話を、英語でしているのを、私は何となく聞いていたんですね。

世界の警察を担うアメリカ軍というのは、
お金の負担で済む問題じゃなく、
家族すら引き離されるという心の問題を抱えているのか……


この時、現実を突き付けられ、
日本人はラクをさせてもらっているんだなって、思ったのでした。

もちろん、日本人の中でも、特殊な国家任務についており、
家族と連絡を一切取れないという方もいらっしゃるのかもしれませんが、
世界中に網を巡らし、テロリストと対峙するアメリカと比較すれば、
かなりの少数ですもんね。

なので、そういう背景を考慮すると、
トランプ氏が言うことに賛成するアメリカ人が多いというのも頷けるんですよ。

で、今の日本人では、
世界のテロリスト相手に戦えるほどの技量も経験もないと思います。

戦時中に存在した陸軍中野学校のようなスパイ養成機関が、
今の日本にあるのかは、私には分かりませんが、
そこの出身であるという男性が、以前、うちの店の常連さんでした。

既に、その方は他界されましたが、
中野学校出身ということで、数か国の言葉を使いこなせましたし、
ソ連で捕虜になった時も、既に戦争は終わっていたため、
通訳としてソ連側に採用され、
日本の抑留されている元兵隊さんたちとは別格の扱いを受け、
ラクに生き延びることができたそうです。

はい、その方の話しを聞いていると、とても切ないものがありました。

家族に関してです。

エリート軍人として日本で妻も子どももいたそうですが、
戦後、ソ連軍で通訳として仕事をすることになってしまったため、
ソ連人の女性とも結婚することになったそうです。

このように家族が引き離されたり、グチャグチャになるという犠牲をもってしても、
国を守るということにつながるのなら、受け入れなくてはならないんです。

私は一番小さな社会は家族だと思っていますが、
息子のユースケから、

「国家の安全のために身を捧げるから、僕のことは忘れてください」

と、言われたら、そりゃ、身が引き裂かれる思いですよ。

ただ、世界中では、今でも紛争が続いており、
こういう言葉を家族に投げかける人たちが大勢いるというのも事実です。

お金で国家の安全保障を購入するのか?
それとも、自前で育てるのか?
いや、戦争を放棄したのだから、軍隊は持たず、降伏しよう……


トランプ氏が大統領になると決まったわけではないのですが、
彼を支持する人々も少なからずいる今、
私たち日本人が見つめ直さなければならない問題もあるということを、
改めて、突き付けられたということでしょう。
スポンサーサイト
08:46  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2016年05月07日(土) 01:40 |  | コメント編集

鍵コメさん

コメント、ありがとうございます。

私の未熟な知識を補うような素晴らしい講義をしていただき、
心より感謝です。

ありがとうございました!!!
ちよこ | 2016年05月07日(土) 18:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2420-e0ee4ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |