All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'05.20 (Fri)

なぜ坂を上らないのか?

「明治時代を築いた人たちって、本当に賢かったんだね。
 短期間で語学を身に付けるし、産業革命も成し遂げるんだもん」


と、最近、ユースケは受験勉強と並行し、
司馬遼太郎さんの名作『坂の上の雲』を読んでいるんですが、
その本を読んでの一言です。

「そりゃ、植民地になるか、独立を維持できるかって、
 国の存亡がかかってるんだから、必死にもなるやろ」

と、私は言いましたが、
私が実は、明治時代を築く上でスゴイなって思っているのは、
坂の上の雲に出てくる、ご先祖様が武士の階級のみならず、
騎兵隊に参加するような農民の出の皆さんも、
寺子屋で習い、読み書きが出来たという点です。

読み書きができるほどの基礎教育が、
江戸時代後半の庶民に普及していたからこそ、
明治に入っての急激な近代化を、国民が一丸となって成し遂げたのでしょう。

でね、やっぱり人間ってヤバイっていう危機感がないと、
わざわざ坂を上ろうとはしないものなのかもしれません。


最近、10代後半から20代前半の人たちについて、
いろいろ考えさせられる出来事が、私の周囲では起こっていたのですが、
共通しているのは、若い人たちの無気力なんです。

彼らがやる気を失っているのは、
私たち上の世代が、あまりにも多くの負債(年金や健康保険、国債の負担)を、
彼らに押し付けてしまったからなのかもしれません。

「家庭を持つなんて考えられないし、結婚も無理!
 自分が食べていくだけのお金だって稼げないのにね」


はい、フリーターですら職種を選んでいるとなれないため、
親にぶら下がって飢えをしのごうっていう若い人たち、増えているんです。

ようは、いい意味では感受性が豊かで、些細なことにも気づく、
プライドが高い優しい人なのですが、
逆に言えば、繊細で壊れやすく、プライドが傷つくのを恐れ、
試行錯誤する前に撤退するため、チャレンジしないんです。

先日、バイト先で知り合った24歳の兄ちゃんも、
良くもなく悪くもない私立の二流の大学を卒業し、新卒で就職できたのですが、
そこで成果を求められ、上司に叱られたことがトラウマ(心の傷)になり、仕事を辞め、
ほぼ引きこもり生活に入ってしまったって話しでした。

あと、一昨日の夜、PTAの会議で高校に行ったのですが、
そこで進路指導担当の先生と話しをしていた時に出た話題も、

「【今から頑張れば、まだまだ上の大学を目指せるし、
  そのためだったら、先生をいくらでも活用しなさい】と、生徒に話しても、
 【いやぁ、どうせ正社員とか無理なので、
  テキトーな大学に行ってフリーターになり、自分の趣味を楽しみます!】
 と、生徒に、全くやる気がないんです」


とのことで……どうしちゃったんでしょ?!

でね、さらにビックリしたのは、24歳の兄ちゃんは大学で人文学部だったそうですが、
卒後2年たち、仲の良い男友達5人の中で、正社員として働いているのは1人だけ。

あとの4人は、フリーター2人、公務員になるための専門学校に通うのが1人、
ミュージシャンになるための専門学校に通うのが1人という、これが現実ですわ。

もう、親の気持ちとしては、【やっと大学まで出したんだから終わった!】
と、思ったら、また専門学校に行くとか、フリーターとか、しかも男の子だし、

「あんた、これから、どうすんの?!」

って、なりますよねぇ。

そりゃねぇ、引きこもりだろうが、ニートだろうが、フリーターだろうが、
生きててくれればいいっていう基本的な生存権もありますし、
親の介護をして看取ってくれれば、もう十分っていうのも本音かもしれません。

でも、今の世の中って、
大学を卒業しても、きちんと稼げるとは限らないし、
例え就職しても、何年勤続するのかも分からないし、
自然災害に遭うかもしれないし、病気になるかもしれないし、
【これで一安心】っていうのはないんでしょう。

それでも、坂を上るぐらいの気力と体力は持っててほしいっていうのは、
親の要望としては贅沢なのでしょうか?

スポンサーサイト
17:06  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

坂から、

登る気力を出せ!  と、

坂から転げ落ちていく人に、叱咤激励!

返事!


「それどころじゃー・・・ナ・・・イーーーー」

立派な人達の ” 悪事 ” 世間を騒がせて、
他人を蹴落としても、、自分の利益!

そんな経営者がTVの中で胸を張る時代。
昨日までの ” 一流企業 ” 

今日は、ウソとごまかし!

夢を持って正しく生きる、、方法も見つけられないのでしょう。
若い人達の責任?
覚えないのは生徒だけの責任?

彼等と一緒に責任を引き受ける大人を、、
まず先に育てなければ、、、


                                「嗚呼!」
dowさん | 2016年05月21日(土) 08:46 | URL | コメント編集

こんにちは

頑張っても無駄と思っている若者は多いですね
夢も希望も持てない…
頑張っても努力しても何も変わらない…
坂に上がっても頂上がないのが分かっているから
最初から、登ろうともしない

そんな世の中にしてしまった責任を
今の大人がなんとかしなきゃいけないのに
先導して引っ張っていく政治家や偉い人たちが
相変わらず自分のことしか考えていない

悲しいかな
まだまだ暗い未来しか描けない
honey*caramel | 2016年05月21日(土) 11:48 | URL | コメント編集

dowさん

dowさん、いつも小難しい話題にもコメントをいただき、ありがとうございます。

まさに、坂を上ろうとしている人を蹴落とすようなことを、
上の世代が下の世代にしてるんですものね……。


> 夢を持って正しく生きる、、方法も見つけられないのでしょう。
> 若い人達の責任?
> 覚えないのは生徒だけの責任?

はい、政治家や大企業が、利権のために平気で虚偽を報告しているんですから、
こんなニュースばかり流れていては、夢も持てないというのが実際のところだと思います。


> 彼等と一緒に責任を引き受ける大人を、、
> まず先に育てなければ、、、

そこなんですよねぇ~~~。

現状を嘆いても始まらないし、何か好転させるものを示せる、
若い人が夢を一緒に見ようと思える大人を、まず増やすことですよね。

青年期は、特にウソに敏感なので、大人の口先での誤魔化しを見抜いてしまいます。
ユースケの高校の先生の話しを聞いていても、
タテマエで対応する先生と、本音で話してくれる先生とでは、全く子どもの見る目が違いますもん。

地位や財産のある大人である必要はなく、
【ウソをつかない!】
それだけでも、子どもからしたら尊敬に値するのに、そんなことさえ出来ない大人が多過ぎます。

私も、できるだけウソをつかないように、
自分に正直、他人にも正直に生きていきたいと、日々、実行していますが、
これまた難しいというのを、よく痛感します。

誠実であるということだけでは、この世の中、渡れないのも事実です。

それでも、ウソをつかねばならないという事情も含めて子どもに説明し、
理解を求めるようにはしています。


dowさん、コメント、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年05月21日(土) 18:46 | URL | コメント編集

honey*caramelさん

honey*caramelさん、お義父さんのことでは、お悔やみ申し上げます。
そのようなご多忙な時期に、コメントをいただき、スミマセン。
ありがとうございます。


> 頑張っても無駄と思っている若者は多いですね
> 夢も希望も持てない…
> 頑張っても努力しても何も変わらない…
> 坂に上がっても頂上がないのが分かっているから
> 最初から、登ろうともしない


はい、honey*caramelさんのおっしゃる通りです。
坂に上がっても仕方ないって、分かっていますよね、今の若い皆さんは!
それが悪いことではなく、今の日本では当然だと思います。


> そんな世の中にしてしまった責任を
> 今の大人がなんとかしなきゃいけないのに
> 先導して引っ張っていく政治家や偉い人たちが
> 相変わらず自分のことしか考えていない

はい、特にhoney*caramelさんは、都知事のお膝元ですから、
よけい自分たちの税金のことを思うと、腹立たしいですよね。

都民でない私でも、日々報道されるズル賢いやり方にウンザリしていますもの。
そんなに贅沢をしたいというか、利用できるものは何でも手にしたいって思うものなのか?
やはり、政治家以前の人格に問題があるんでしょうね。


> 悲しいかな
> まだまだ暗い未来しか描けない

はい、それはつくづく思います。
honey*caramelさんも、高校生のお子さんをお持ちなので、この辺りのことは、よくご存知でしょう。

ココだけの話しですが、うちの息子は美大を目指していますが、
東京近辺で、高1の頃から画塾で猛練習している生徒さんとは、正直、画力では勝てないんです。
田舎では指導者もいませんし、高1からウン十万も払って画塾に毎日通わせられないんで。

ただ、美大の教授がおっしゃるには、

「関東の子は、あまりにも高校時代に頑張り過ぎていて、大学での伸び代が少ない」

とのことで、

「東京の私立の美大はお金はかかるけれども、ぜひとも田舎の子にも来てほしい」

と言われ、まぁ、実力で入試を突破できるかは分かりませんが、
チャレンジはしてみようかなっていうのが、我が家の実際のところなんです。

うちは浪人させられないので、ムサタマに落ちたら、
ワンランク下げて東京造形に通うことになるでしょうが、
国公立は東京は狙わなくても、たぶん受からないので、
ユースケは東京に行くことになるでしょう。

大学生活4年間に、何度かは私も東京に行くかもしれません。
その時は、honey*caramelさんにもお会いしたいです!!!

コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年05月21日(土) 19:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2432-1a41181b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |