All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'06.05 (Sun)

合唱コンクール

20160605.jpg

まずは、昨日のブログに載せた写真の種明かしです!
暗幕の下は、こうなってました。

で、今日は合唱コンクールについて書きます。

ユースケのクラスは【はじまり】というタイトルの曲を歌ったのですが、
歌詞もメロディもドラマチックに盛り上げてくれるため、
難しいのは難しいのですが、優勝を狙うには、もってこいの曲でした。

はい、NHKの合唱コンクールを長年にわたり見続けてきた、
合唱コメンテーターのユースケに言わせると、
曲のタイトルを見ただけで、
どのクラスが上位に入るか、すぐ分かるんですってさ!

マックスの歌唱力であっても、
曲自体のパワーというか魅力がなかったら、人は感動させられない
とのこと。

なので、選曲の時点で、ある程度、決まってくるもんなんだそうです。

でも、私が昨日、合唱コンクールの本選を聞いた限り、
予選を通過したという割には、まったく声が出ておらず、

なんじゃこりゃ?!

みたいなクラスが半分はあり、選曲以前の問題でした。

よく言われるのが、小学生までは、みんな歌うけれども、
中学生になると急に、恥ずかしいとか、歌なんて歌えるか!
という思春期に入り、声を出さなくなりますよね。

それが、高校生になると、開き直るというか、大人になり、
それなりの合唱になるんですわ。

でも、昨日、見た感じでは、
イマドキのB級ハイスクールの生徒さんたちは、精神年齢が幼いのでしょう。

まぁ、蝶に例えるならサナギなのか? はたまた青虫なのか?

平和の時代だからこそ許される、甘えん坊ちゃんが見え隠れしております。

ただ、ユースケも言ってましたが、
自分の将来も見えてこないし、日本の未来も不安だらけなのに、
さらに、今回、消費税の増税が延期され、
自分たちの世代に押し付けられる負債額が、また増えるって、イヤですよね。

「選挙対策で増税延期という媚を売り、大勢いる高齢者は喜ぶんだろうけど、
 ほんと、僕ら支えきれんって。
 もう、日本に住みたくな~い!!!」


とまで、言ってますもんね。

そういう時代の空気を、高校生も敏感に嗅ぎ取ってるんだと思うんです。
だからこそ、甘えているのも事実ですが、
どこか投げやりで、どうせ無駄だって、悟りを開いちゃってるのではないかと、
私は彼らの態度を見ていて、そんな気がしました。

一番、キラキラ輝いている高校時代に、
こんなに拗ねまくらなきゃならないって、日本という組織が歪んでいるんですわ。

まぁ、ユースケのクラスは、芸術科っていう特別枠で、

「普通科と違う私たちは、希少価値なのだ!」

というプライドがあるから、どの学年も声を出して歌い上げ、

1位 芸術科3年、 2位 芸術科1年、 3位 芸術科2年

って、金銀銅と芸術科が独占です。

やっぱり人間って、
その他大勢とは違うっていうのが、劣等感にも優越感にもなり、
なんらかのパワーは生むのでしょう。


だからこそ、ユースケたちヒツジちゃんも、4人のテノールと4人のバスが、
オオカミさんに負けじと声を張り上げ、体育館の後ろまで、
オッサンの声が届いていたのでした!

はい、想像していた以上に上手でしたし、聞いていて鳥肌が立ち、感動しましたよ!!!
スポンサーサイト
16:57  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

感動の、

こらえきれないほどの感動を味わったのでしょう。

アノころの自分の姿と、、ダブッた映像だったのでは?
これは、シアワセですね。

” 感動したのはちよこさん ” させたのはユースケ君。
親子は良いですねー!
dowさん | 2016年06月06日(月) 08:46 | URL | コメント編集

dowさん

> アノころの自分の姿と、、ダブッた映像だったのでは?
> これは、シアワセですね。

いやぁ、芸術家の生徒さんたちの合唱は、普通に高校生らしく声が聞こえてきたのですが、
普通科の生徒さんのクラスでは、予選を勝ち上がってきたというのに、ほとんど声が出ていないクラスもあり、
自分が高校生の頃とは、ずいぶん違ったなぁって印象を持ちました。

私の高校時代は1980年代後半でしたが、その頃はバブルに向かって右肩上がりの絶頂期で、
明るい未来しか考えたことなかったため、高校生の頃は大声で歌ってましたもん。

青春をイマイチ楽しめない、不安混じりの時代に生まれた子たちは可哀想ですよ。
物が不足していたり、国が貧しくても、
明るい未来が待ってると信じられるほうが、高校生にとっては幸せだと思いました。


> ” 感動したのはちよこさん ” させたのはユースケ君。
> 親子は良いですねー!

はい、私たち親子に関しては、良かったですよ!
いい思い出になりました。


dowさん、いつもコメント、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年06月06日(月) 19:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2448-984f00f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |