All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'06.22 (Wed)

二ツ星の料理人

昨日は、パートナーの仕事が休みだったのですが、
1日中、雨が降り続き、外で何かをする気になれなかったため、
映画館に行くことにしました。

で、【二ツ星の料理人】というアメリカ映画を見てきました!

アメリカ映画ではありますが、舞台はロンドンで低予算のため、
ミニシアター系の地味な映画ではあります。

それでも、今の私が見たいものとしてはピッタリで、癒されてまいりました!!!

映画って、ハリウッド的な派手でスカッとするものが見たい時期もあれば、
知っている俳優さんもいないけど、落ち着いたものが見たいという時期もあり、
その時の自分の気分によって選べるのも、都会ならではないかと思います。

実家のある田舎に帰ったら、
ミニシアター系を大きなスクリーンで見られる機会は少ないですし、
例えあっても、そこまで出掛けるだけで一苦労です。

さて、この【二ツ星の料理人】という映画は、
その名の通り、パリで二ツ星のレストランを任されていたシェフが主人公で、
彼の挫折からの復帰途中で、物語は終わります。

一応、三ツ星を目指そうとか、ロマンスめいたものも入ってきますが、
そこに辿り着いてハッピー!ではありません。

才能がありながら自分も他人も信じられなくなり、
1度は人生を放り出した主人公のシェフが、

【弱くて不完全な自分でもいいんじゃないか?】

【自分が心を閉ざしていただけで、みんなは自分を見守ってくれていた!】


と、気づき、平凡な日常を繰り返していますという終わり方です。

でも、今の私には、自分と重なることが多く、
映画の途中から、自然に涙が左目だけ流れてきて、泣きっ放しでした。

私自身、心の病(パニック障害)を抱えており、生きていくのが辛いのですが、
それは、やはり健康な自分=完璧な自分だという意識が強く、

病気の1つや2つ年齢も年齢だし、共存していてもいいんじゃない?

とは、思えないことで、さらに自分を苦しめるという悪循環に陥っています。

私は独りで勝手に池に飛び込み、
溺れそうになり、アップアップ揉がいているのですが、
私の周囲の人は、まぁ、このブログを読んでくださっている方の多くも、

「ちよこさん、わたしたちはあなたに浮き輪を投げているんだから、
 溺れて体力を消耗する前に、掴まればいいじゃない!」


って、微笑ましく、私の間抜けな一人芝居を眺めているのでしょう。

はい、いつもいつも見守っていただき、感謝しております。

ありがとうございます。

という……
たまたま、この映画、自分の姿と主人公が重なったため、
私にはピッタリだったのですが、万人向けじゃないのは確かです。

心が弱っている時、ほっこりするのにはいい映画ですよ!
スポンサーサイト
17:43  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2016年06月24日(金) 08:48 |  | コメント編集

鍵コメさん

コメント、楽しく読ませていただきました。

ありがとうございます!
ちよこ | 2016年06月24日(金) 18:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2464-8550eefe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |