All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'07.13 (Wed)

我が家のゲーム機事情

これまで、おおっぴらには書いてこなかったのですが、
もうすぐ18歳になる男子高校生のユースケは、
過去に1度も、ゲーム機が家にない生活を送っております。


高校生になりスマホを手にし、戦艦のゲームとかやってますが、

「僕は、課金が大嫌いだし、
 基本、ガチャ(スロットみたいなの?)があるゲームは信用できない」


ということで、戦艦のゲームも課金ゼロで楽しめるから細々とやっているとのこと。

実は、中学生の時、学年の男子でゲーム機を持っていないのは、
ユースケとMくんの2人だけで、
Mくんは、今、県立のトップ校でトップという……
素晴らしい頭脳の持ち主ということもあり、ゲームに興味ないそうですが、
ユースケは友達の家に行った時、借りて、
ポケモンとかモンハンとかマリオとかやってました。

まぁ、私は東京ディズニーランドにも行ったことがないほど、

「アメリカの巨大商業ネズミに利用されるな!」

という価値観で生きてきたこともあり(あっ、ファンの方、ナイフを投げないで!)、

「ゲーム機なんて、子どもが喰いつくように作られているんだから、
 そんなのに脳みそがやられて、時間も奪われるのはバカバカしい!」


と、私は思ってきたんです。

でも、クラスの男子全員がゲーム機を持つ中で、持っていないというのは、
かなりユースケにとっては辛いことだったと思います。

なので、学童保育が終わった時点(小4になる前)で、
放課後は時間が空くようになることもあり、本人に聞いてみたんです。


「どちらがいいか、自分で選びなさい。

 ゲーム機が欲しいのなら、買います。

 でも、私は、あなたの将来を考えると、
 ウソの世界で楽しむより、現実の世界を見たほうがいいと思っています。

 ゲーム機とゲームソフトなら、10万円もあれば手に入りますが、
 あなたが本当の世界を見たいというなら、100万円出してもいいから、
 インターナショナル・キャンプに参加して、
 世界中の子どもたちと友達になれます。

 どっちがいいですか?!」


すると、今度、小4になるというユースケが、

「僕は、世界を見てみたい!」

と、言ったので、ゲーム機はなし!と、なったんです。

で、小4の頃から、英語を習ったり、国際キャンプの団体を探したりして準備し、

小5は、開催地が日本のインターナショナルキャンプで、夏休みを4週間過ごし、
(参加国:アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ベトナム、日本、
       イギリス、ドイツ、オランダ、ポルトガル、ルクセンブルク、ノルウェー)

小6は、フィリピンが開催地で、夏休みを3週間過ごしたのでした。
(参加国:フィリピン、インドネシア、タイ、スイス、日本)


そして、ゲーム機は手元にないまま、15歳で、スマホに突入したのですが、
その頃には、ゲーム漬けの友達の哀れな姿を多数目撃していたため……
昼夜逆転生活で不登校になったり、何百時間もゲームに費やし成績がボロボロとか、
はい、もちろん、ゲームと勉強を上手く両立して、トップ校に合格した子もいますよ!

ただ、ゲームって、上手く子どもが喰いつくように作ってあるでしょ?!
そういう商売のイヤラシサが、15歳ぐらいになると冷静に見えてくるようになり、
スマホでも、課金はしないという範囲でしか遊ばなくなったのでした。

あと、100万円はかからなかったのですが、
仮想の世界より、現実の世界のほうが、何百倍も面白かったそうで、
行って、自分の目で見てきて、スゴク良かったんですってさ!


いろんな国の子どもたちが、いろんな価値観を持ちながらも、
やっぱりお国柄っていうのがあるそうで、
そういうのを肌で感じられたのは、自分への自信に繋がったそうです。

まぁ、私も13歳の時、アメリカにホームステイし、夏休みの4週間を過ごしましたが、
それぐらいの年齢だと、言葉は分からなくても、まだ脳みそが柔らかいので、
偏見とかプライドとか持たずに入り込めるんですよね。

大学生で海外に留学するよりは、
10歳~15歳あたりで、何週間か行く方が、
その後の人生に与える影響は、大きいと思います。

まぁ、そんなわけで、我が家にはゲーム機がないまま、
男の子の子育てが終わろうとしております。

そうそう、そりゃ、本人が選択したといっても小学生ですから、

「クソババア、ゲーム機ぐらい、買え!」

って、ユースケに怒鳴られたことは、何十回もありますけどね。
スポンサーサイト
18:36  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ゲームを捨てて

時間とお金の無駄遣い、、
ソノうえ、現実逃避の傾向も表れて、、

中でも宜しくないのが、、嫌になったらスイッチ切るだけで、、元の生活に戻ること!

生身の人間関係でも、同じ様にしてしまう若者の多くはゲームから身に付けたのだと、、

しかし、良い事もある様で、
仲間作りや暇つぶし??
退職した老人たちノリハビリ?

最近ではネット上での老人会?
派手な車を乗り回して、、仲間とワイワイ、
脳みその活性化と日々の楽しみ、、おまけに身体のリハビリにも最適

やはり、知らないよりは知っていて、使えないよりは使える能力!
その時までに ” 持ち合わせて ” 最後にメデタイ老後!

アンナ物、と、手も出せないで遠くから、、老化して行く身体と頭、
寂しい一人暮らしには、なりたくないものです。

適度に触れる事も大切なのでしょう。

8年間も外国暮らし、、憶えたのは独立の精神!
しかし、運悪く、、理解する人に恵まれず、、
固い決意が邪魔をして、、世の人にはうとまれた人、

やはり、正しい意味での ” 適当 ” 
人にも触れて、、ゲームも楽しめる、、ぐらいが宜しいようです。

コッチが正しい!! と目にクジラでは、従うしかない時代の子供には辛いようです。
ウーさん | 2016年07月14日(木) 07:59 | URL | コメント編集

ウーさん

ウーさん、コメント、ありがとうございます!

いろんな時代や年齢によって、ゲームとの関わり方って違いますよね。

私も、大型スーパーの中に入っているゲーセンには顔を出しますが、
パチンコよりはマシといっても、けっこう小銭がすぐに無くなります。

最近は、小銭の心配をしないですむよう、交通系カードやナナコなども使えるものが出てきて、
そうなると、あっという間に千円単位で無くなりますもん。

なので、ウーさんのおっしゃる通り、適当に楽しめるぐらいの距離がいいですよね。

今日もニュースで、アメリカやEUなどでは、ポケモンのスマホのゲームが大人気で、
現実の風景と連動しているため、多くの人が、スマホの画面を見ながら、
町中をウロウロしているというのも、なんとも不思議な光景です。

これで任天堂の株価が爆上がりっていうのですから、経済効果は大きいのでしょうが、
いやぁ、くれぐれも、のめり込んで怪我をしないでもらいたいです。

このスマホのゲーム、近々日本でも発売されるそうなので、
うちのユースケもハマルかもしれませんが、もう18歳ですから、ご勝手にどうぞ!


はい、今日もコメント、ウーさん、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年07月14日(木) 19:05 | URL | コメント編集

こんにちは。
前の記事なのでよんでいただけるかわかりませんがコメントさせてくださいね。
うちの子は文字通りゲーム漬けなんですが
どうしたら程よい距離感で付き合えるのか
永遠のなぞです。
うちの場合は15歳になっても変わらないかも。
他に夢も趣味も展望もないんですよね。
だから架空の世界に逃げ込むのかもしれません。
昼夜逆転や不登校にならないといいいんですけどね。
ミーム | 2016年07月18日(月) 18:22 | URL | コメント編集

ミームさん

> うちの子は文字通りゲーム漬けなんですが
> どうしたら程よい距離感で付き合えるのか
> 永遠のなぞです。

ユースケ曰く、

「将来ニートになっても、あんたに食わせるメシはねぇ!」

としか、親は言いようがないそうで、
あとは、無視するのが一番なんだそうです。

現実逃避でゲームに居場所がある場合は、
親が何を言っても聞く耳を持たないとのこと。

でも、そういう子たちも高校には来て、
ゲーム仲間で話しをして楽しく過ごしており、将来に関しては、

「自分が入れる三流私立大で十分!」

と、高3の夏になっても勉強よりゲームなんだそうです。

で、実際、ユースケの高校も、そういう男子ばっかです。

芸術科でも、普通科でも、

「僕には出来ない! 僕には無理!」

これが合言葉で、最初からあきらめて、何もしません。

たぶん、自尊感情が低いんでしょうね。
勉強でもスポーツでも、何かしら認められたことがない子ばっかりですから。

なので、ミームさんの息子さん、
普通校に通うイマドキ男子としては、ゴクゴク自然ですよ。


> 昼夜逆転や不登校にならないといいいんですけどね。

これは、私が見る限り、
家庭が崩壊し、子どもはネグレクト(育児放棄)されているケースが殆どです。

夫婦仲が悪くて家庭内別居とか、母子家庭で母親が働くのに必死とかで、
子どもにまで目が行き届かない家庭では、トコトン子どもはゲーム、
それもネトゲ―にはまります。

なので、ミームさんの家のように家族はしっかりしている場合、大丈夫ですよ!!!
ご心配なく。

けど、余談になりますが、
私の友人(ママ友)は、息子さんが2人とも対人関係が分からないという、
軽い発達障害があるんです。

「息子たちは大学に行ってるけど、しょせんフリーターで、結婚も出来ないのよね。
 でも、私はそんな息子たちが大好きなの!
 一生、ずっと親子で仲良く暮らしたいなぁ」

って、言ってます。

ご主人はいるんですが、マザコンで、婆ちゃん(義母)にゾッコンなこともあり、
ご主人が定年退職したら、別れたいそうです……。
(彼女はパートで働いている)

ほんと、いろんな価値観があるんだなぁって、彼女を見ていて思いました。


はい、ミームさん、この度はコメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年07月18日(月) 19:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2485-9b9bbb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |