All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'07.17 (Sun)

大学のパンフレット

20160717.jpg

このところ毎日のように、
分厚くて大きくて重たい封筒が、郵便受けに放り込まれています。


我が家のように、美術系関連で送られてくるだけでも、
けっこう膨大なゴミと化しているので、
普通科の高校3年生の皆さんは、
もっと多くの大学から送られてくるんでしょうね。

はい、カラー印刷で高級紙を使った大学のパンフレット(入学案内)が、
今、バシバシ我が家に届いており、
既に、一部の私立大学では、夏にAO入試が始まるため、
それにエントリーするためのお金を払う振込用紙も同封されています。

うちの住所が、一部の大学に知れ渡っているのは、
毎年4月末に、業者が美術関連の進路説明会を開くことが原因です。
そこに参加すると、必ず個人情報を書かされるため、
その情報が大学の入試課に渡り、登録され、パンフ発送となるのでした。

そりゃね、まずは大学や短大、専門学校を知ってもらわないと、
受験も何も始まらないのですが、
それでも、今はネットがありますから、出来れば紙の媒体を使うのではなく、
ネット経由で大学をPR出来るようにならないんでしょうかね?

もう、開封すらせずに、そのままゴミ箱行きとなるケースが殆どで、
もったいない! もったいない!

各大学が、興味を持ってもらえるよう、
趣向を凝らして製作しているのは分かります。
でも、印刷代やら送料やら、どれぐらいの数をばら撒いているのか考えたら、
美術系大学は、医歯薬系に次ぎ学費が高いのに、
このパンフレット代も、入学者が負担させられているんだなぁ……
って、親の私は、気分がドンヨリしてしまうのでした。


もちろん、全て私立ですよ!!!

公立は、一切、送りつけてきませんし、
一部の人気私立大学は、パンフレットが欲しかったら、
引き換えにお金を、後払いでコンビニで支払うということもやってます。

で、ユースケのクラスの芸術科の皆さんは、
美術系に進みたい人は、家から通える三流私立大学に行くことになり、
その大学は夏にAO入試があるため、
決めたいなら、さっさとエントリーすれば、秋には決まるんです。

でも、このご時世、学費140万円を4年間支払うのって、
自宅生でも、大変ですよねぇ。
なので、多くの生徒はダメもとで、
冬に行われる特待生選抜試験を目指すんですって!

そうすれば、学費が60万円ほど免除されるとのこと。

たぶん、ユースケが、その大学を受ければ、
特待生になれる可能性はメッチャ高いんですが、
そこを卒業しても、就職先はないため、本人は受ける気一切ナッシングです。

で、ユースケが目指している私立の美大の学費は、年間160万円です。
しかも、家から通えないので、一人暮らしですよ。

マジ、3年前に他界した父が、
孫の教育費として多額のお金を残してくれてなかったら、
どんなに本人が努力したって、通えないですもんね。

ユースケは、受験予定の大学のパンフレットを、楽しそうに眺めていますが、
親の私は、学費や入学金に関するページと睨めっこしては、溜め息なのでした。


はい、そんな私の気持ちを象徴するような絵を、画塾でユースケが描いてきましたよ。

これ、牛の頭蓋骨なんですってさ。

私の気分は、子どもに養分を吸い取られ、骨皮状態なんですけどぉ、
私の体型は、まるまると肥えております。


皮肉だわぁ。
スポンサーサイト
17:47  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

古本でいいからオール英文の画集を買ってきて、訳さなくていいからとりあえずそれを読んでみなさい、いうのはどうでしょう。

好きなジャンルの本すら英文を読む気になれん、いうのなら、所詮そこまでの人間だった、ということで親としてはあきらめもつくんじゃないでしょうか……と三年前に書いておくんだった、と今さら後悔しています。すみません。
ポール・ブリッツ | 2016年07月17日(日) 20:31 | URL | コメント編集

学費大変ですよね~ うちの場合2歳違いだったので都合6年間学費が・・・・。
長男は下宿・文科系で次男は自宅・理科系。
まあ二人ともアルバイトはやってくれて自分の小遣いは自分でなんとかしてくれてましたが、ダブった2年間は火の車でしたね~
自遊自足 | 2016年07月18日(月) 06:44 | URL | コメント編集

ポール・ブリッツさん

> 古本でいいからオール英文の画集を買ってきて、訳さなくていいからとりあえずそれを読んでみなさい、いうのはどうでしょう。

はい、そういうのカッコイイですよね!!!

私も、ポールさんがココにコメントしてくださるまで、全く思いもしませんでした。

私が育った家は、当時の日本が高度経済成長期、
母は大学に行きたくても高校までだったけど、子どもには学歴を付けてあげたいと、
日本文学全集、世界の音楽全集、美術全集、オックスフォード百科事典などなど、
ありとあらゆる全集ものが揃ってましたよ。

でも、我が家には全集ものは1つもありません。
第一、本棚がないし……。


> 好きなジャンルの本すら英文を読む気になれん、いうのなら、所詮そこまでの人間だった、ということで親としてはあきらめもつくんじゃないでしょうか……と三年前に書いておくんだった、と今さら後悔しています。すみません。

はい、ポールさん、気が付くのが遅かったですぅ。

もうセンターまで半年ですもんね(苦笑)。


ポールさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年07月18日(月) 18:41 | URL | コメント編集

自遊自足さん

> 学費大変ですよね~ うちの場合2歳違いだったので都合6年間学費が・・・・。
> 長男は下宿・文科系で次男は自宅・理科系。

うわぁ、2歳違いで男の子となると、8年間が短縮されているように見えて、
重なる2年間、いきなり大出費ですよね。

うちも、子だくさんのママ友さんからは、

「美大がお金がかかるっていっても、おたくは一人っ子だからマシ!」

って、けっこう言われます。

でも、自遊自足さんは、息子さんの希望をかなえてあげたのでしょうから、
ほんと、親として立派だと思います。

先に長男が私立高校・私立大学に行ったから、次男は高校も大学も国公立しかダメとか、
こういうの、よく聞きますもん。

実際、お姉さんが私立高校・私立大学に通った母子家庭さんでは、
弟さんが進学をあきらめ、公立の工業高校に行ったんですが、
そこで怒りが爆発し、家庭内暴力で、お母さんが顔にアザを作っていました。

結局、弟さんは家を出て、お父さんの実家が金持ちだったので、
お母さんを捨てて、お父さんの両親の家に入るという形で落ち着いたんですけどね。

スミマセンねぇ、世間話が長くて(苦笑)。


> まあ二人ともアルバイトはやってくれて自分の小遣いは自分でなんとかしてくれてましたが、ダブった2年間は火の車でしたね~

そうなんですよね。

大学生になると、自分の小遣いぐらいはバイトしてくれるので、そこは、ありがたいですよね。

ただ、美術系のデザイン系だと、学科長から言われました。

「うちは頑張る子には就職率100%ですが、そういう子はバイトする時間はありませんから」

ってね。

なので、息子がバイト代で、少しは助けてくれるというのは、全く予定しておりません。
せっかくの大学なので、バイトよりも勉学に励んでほしいとしか、親としては言えません。


何かと、温かいコメント、自遊自足さん、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年07月18日(月) 18:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2489-5df1f43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |