All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'09.11 (Sun)

雪山賛歌

この残暑厳しい時期に、『雪山賛歌』を題材にするなんて、
季節外れも甚だしいですが、しばらく、おつきあいください。

皆さんは、『雪山賛歌』っていうタイトルを見て、
メロディや歌詞を思い出せるでしょうか?!

たぶん、ある程度の年齢の方は、お分かりでしょうが、
ユースケの世代になると、知らないんでしょうね。
っていうか、今、尋ねたら、全く知りませんでした。

で、なんで、この歌を取り上げたかというと、
先日、絵馬を納めに天満宮に出掛けた時、
相変わらず、中国や韓国からの観光客が多かったんです。

そんな中、ある中国人の5~7歳ぐらいの男の子が、
この『雪山賛歌』のメロディに、
中国語の歌詞を付け、大声で歌いながら歩いていたのでした。

「ふ~ん、もともとはアメリカ民謡だったと思うんだけど、
 中国でも、メロディは伝わっているんだ!」


って、妙に感心してしまったのでした。

はい、アメリカでのタイトルは『いとしのクレメンタイン』でして、
歌詞の意味としては悲しい内容です。
というのも、クレメンタインという名の女性が川で水死してしまい、
それを恋人が嘆き悲しんで歌うからこそ、『いとしのクレメンタイン』なんですよ。

でも、日本ではメロディは輸入されても、歌詞は別物に書き換えられ、
『雪山賛歌』って、なかなか素敵ですよね。
ストーリーとしては、山男は山が大好き!ってことで、
可もなく不可もなく、楽しめる歌詞ですもん。

まぁねぇ、今の時代に山男がいるのかは???ですが!

で、ここで、今日の話題の原点に返ると、

どうして、中国の男の子は日本に来て、
このメロディを中国語で歌っていたのか?!


ということになりますよね。

ネットで探してみたら、面白いことが分かりました。

中国では、このメロディ、
新年を祝う、おめでたいお正月ソングになっていたのでした!!!


ところ変われば、全く違う内容の歌詞になるんですね。

「良いお年を!」 「あけましておめでとう!」

という歌詞で、男の子は口ずさんでいたんですよ。

日本に来て、楽しくて、嬉しくて、
美味しいものをいっぱい食べ、オモチャも買ってもらい、
それはまるで、真夏ではあっても、彼には『お正月』なんですね。


はぁ、そんだけ、うちっちの国に来て喜んでいただけるなら、
オバサンも良かったなって、頷いちゃうよ!

はい、アメリカ民謡としては、女性の死を嘆く悲しい歌だったのに、
メロディラインはポップで、どんな歌詞でもあうことから、
日本では、可もなく不可もない自然相手の『雪山賛歌』になり、
中国では、おめでたいお正月ソングになるという……。

う~~~ん、日本の子どもたちは、このメロディを知らないっていうので、
歌詞も時代遅れですし、歌としては廃れていくんでしょうけど、
中国では、今も子どもたちが口ずさむお正月ソングです。

民謡発祥の地のアメリカと、お正月ソングの中国、
この2大国で歌い継がれていけば、
日本で『雪山賛歌』が忘れ去られても、どぉってことないですな!
スポンサーサイト
17:24  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは。
へぇ・・・。国が変われば、歌の意味も違うんですね。しかし、中国って全く反対の解釈だったんですね。
楽しい方が良いかな。^^
ピーちゃんこ | 2016年09月11日(日) 18:29 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

> へぇ・・・。国が変われば、歌の意味も違うんですね。しかし、中国って全く反対の解釈だったんですね。
> 楽しい方が良いかな。^^

はい、メロディラインがポップで楽しい感じがするので、
アメリカ民謡の歌詞が、どうして悲しい内容なのか不思議な気持ちになりますよね。

なんかアメリカの西部開拓時代に、労働者の間で歌われたものだそうで、
過酷な労働環境が、愛する女性を失った悲しみを歌い上げる歌詞になったみたいです。

でも、私も、中国のお正月ソングのように、明るくて楽しいほうがいいなって思います!
そのほうが、歌い継がれやすいですよね~~~。


ピーちゃんこさん、いつも、コメント、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年09月12日(月) 17:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2541-dcc9f65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |