All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'09.13 (Tue)

続・メンヘラとヤンデレ

前回のブログが、けっこう反響が大きかったので、どうしようかと悩んだものの、
注意喚起を促すという意味で、書いておきます。

私の田舎の女友達の語ったことですけど、
ユースケが小さい時(私も彼女も30代)、実家に里帰りした際、
久しぶりに会った時に聞いた話しで、
私が近くにいて相談にのっていたら、思い止まらせていましたよ。

でも、こういう話しって、過去形で語られるので、
聞かされた時には終わってて、もう、介入しようがないんです。

ただ、ストーカー絡みでは、これが1番、キツイよなぁって思うので、
こういうことにならないよう、
このブログを読んだ方は、周囲の方にも気を付けるよう言ってくださいね。

で、単刀直入に書いてしまうと、

想像妊娠

なんですわ、彼女の。

20代の頃、精神科に入院歴があり、もともと彼女は恋愛妄想があったんです。
実家で両親と暮らしながら、時々バイトをしたりして、
服薬しつつ、静かに生活をしていたところ……恋に落ちたのでした。

相手の男性は年下の社会人で、まぁ、そういう関係になりますよね。

すると、

「私、出来ちゃった!」

と、彼女自身は思い込んだんです。

詳細なことは聞いていませんが、
付き合い始めて間もない恋人同士で、たぶん彼は避妊していたことでしょう。

でも、もう思い込んでしまったんで、彼女の中では、それが事実です。

なので、彼女は喜んで彼に妊娠を報告し、
最初は彼も、ビックリしながら、

「責任、取らなきゃダメだよね~」

って、言ってくれたそうで、
その一言がプロポーズだと、彼女は信じたんですね。

でも、ですよ、後々彼も冷静に考えたら(避妊していただろうし)、
あまり相手のこともよく知らないし、怖くなったらしく、

「中絶してほしい」

と、言ってきて、彼女は断固拒否ですわ。

そこから一気にストーカーです。

彼は連絡を一切、断つようになり、彼女は家まで追い掛け、
で、時間の経過とともに、彼女が会社に押し掛けるようになると、
会社のほうが彼に同情し、転勤させてくれたんですよね。

その頃には、実際には彼女が妊娠していないっていうの、
誰の目から見ても、明らかだったことでしょう。

そして彼が転勤して1年以上経過し、
妊娠していなかったというのは、彼女自身も分かっていたのですが、

「責任、取らなきゃダメだよね~」

という彼の一言が、プロポーズの言葉だって、彼女は信じ込んでおり、

「彼は私と結婚してくれるって言ったもん!」

と、なってるんですわ。

で、彼女の執念は、彼の会社の支店がある場所に、
バイトでお金を貯めては、遠距離でも出掛けて行くようになったんです。

行っては支店の前で待ち伏せしますが、彼に出会うことはなかったそうですけどね。

でも、これを聞いていて、私も苦しかったのですが……
だって、彼女が悪いのではなく、
恋愛妄想に走ってしまう病気なんだから、仕方ないっちゃぁ仕方ないんです。

ただ、男の人にとっては、まさに悪夢ですよ!!!

短期間、おつきあいした女性に、こんな形で振り回されたら、
それこそ彼のメンタルがボロボロになったでしょうし、
彼の実家や会社も巻き込まれ、
まぁ、みんなで彼をフォローしてくれたのはヨカッタですが、
それでも、みんなイヤな思いをさせられたわけです。

結局、私に話しをしてくれた時には、彼女はバイトをできる状態ではなく、
資金が尽きたから、もう彼を追うのは無理だって、あきらめていましたが。

けど、彼女の両親も、彼女の病気のことは知っていますが、
お父さんは他所に愛人がいて、お母さんも精神科に通院しており、
そういうことを娘がしていたと、知らなかったんじゃないでしょうかね。

彼女の両親も、彼女が繰り返す恋愛妄想に振り回され、
疲れ果ててましたし。

はい、教訓としては、
女性は妊娠という手段があるので、男性は避妊をしてほしいですし、
深い関係になる前に、
『ちょっとオカシイんじゃない?』って思った時点で、きれいに縁を切らないと、
ココまで、グチャグチャになるんです。


1番悪いのは、恋愛妄想を引き起こす病気であって、
彼女も苦しいし、彼も苦しめられるし、
関わった人みんなが辛い思いをしてしまうのですが、
なかなか治療が上手くいかないのも事実なので、
そういう精神の病気もあるということ、お忘れなく!
スポンサーサイト
18:26  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます。
まるでドラマのようですね。怖いです。
私には、信じられないけど、苦しい地獄の世界ですね。
本人が病気だと自覚出来ないのが可哀そうです。
昔、何だったかな?・・・フユヒコさんが出て来るドラマ。思いだしました。
もうすっかり、題名わすれたけど。。。。想像してます。
ピーちゃんこ | 2016年09月14日(水) 03:06 | URL | コメント編集

恐ろしいーです。

夜は ” 頭までスッポリ ” お布団被って寝る事にいたします。

お外に出る時には帽子とマスクして、サングラス、
余分な会話もいたしません??
人を見たらストーカーと思って逃げ出すことに致します。

エッ!

アチラから見て魅力ある人だけ、、まぁ!

それでは、もう、おジイさんには関係ないのですか?



それはそれで、、少し寂しい気分!

夜のキャンプ場で、、みんなで集まってコワイ話、、
一人離れて、、どうしてボクにはそんな体験がないのだろうと、、
寂しい思いで過ごした中学生のころ、、、思い出しました!
ウーさん | 2016年09月14日(水) 08:50 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

コメントの返信が遅くなり、申し訳ありません。

> まるでドラマのようですね。怖いです。
> 私には、信じられないけど、苦しい地獄の世界ですね。
> 本人が病気だと自覚出来ないのが可哀そうです。

はい、事実は小説よりも奇なりですよね。

ピーちゃんこさんが核心を突いているのですが、
本人に恋愛妄想が出る病気だという自覚がないので、
自分は被害者だと、真剣に訴えてくるんです。

でも、本人は辛くても、引っ掻き回しているほうですが、
巻き込まれたほうは、たまったもんじゃないというか、地獄ですよ、地獄。


> 昔、何だったかな?・・・フユヒコさんが出て来るドラマ。思いだしました。
> もうすっかり、題名わすれたけど。。。。想像してます。

『誰にも言えない』でしたっけね?!
加来千賀子と佐野四郎さん、そして野際陽子さん、この3人、怖かったですぅ。

マザコン男性も奥さんにとっては大迷惑ですが、恋愛妄想に取りつかれた相手と関わった人も、
ほんと、生きた心地がしませんよね。


ピーちゃんこさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年09月15日(木) 08:59 | URL | コメント編集

ウーさん

コメントの返信が遅くなり、申し訳ありません。

> お外に出る時には帽子とマスクして、サングラス、
> 余分な会話もいたしません??
> 人を見たらストーカーと思って逃げ出すことに致します。
>
> エッ!

私には、そのウーさんの姿のほうが、ストーカーというか、アヤシイ人に見えますよ!!!

それに、年配の人であっても資産家は狙われますから、ご用心! ご用心!


> 夜のキャンプ場で、、みんなで集まってコワイ話、、
> 一人離れて、、どうしてボクにはそんな体験がないのだろうと、、
> 寂しい思いで過ごした中学生のころ、、、思い出しました!

いやぁ、今でも男の子って、こういうことしてますよ!

で、今はネットの時代なので、あらかじめネットでネタを仕入れ、
さも自分や自分の友人が体験したように言うのが流行りなんですってさ!

ウーさんの少年時代は、ネット、なかったですもんね……。

でも、見えちゃう体質よりは、見えない体質のほうが、よっぽど幸せですって!!!

ウーさん、霊感が無くてヨカッタですね!!!


はい、コメント、いつも、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年09月15日(木) 09:04 | URL | コメント編集

残念!

最後の希望、、、、資産家、、、でもアリマセン、、でしたぁーー。



                  残念で、、、寂しい・・・・・
ウーさん | 2016年09月16日(金) 08:02 | URL | コメント編集

ウーさん

> 最後の希望、、、、資産家、、、でもアリマセン、、でしたぁーー。
>
>
>
>                   残念で、、、寂しい・・・・・


残念でヨカッタですよ!

うちの義父のようにお金がなくても、借金してまで女性に貢いだ爺ちゃんだっているんですが、
ウーさんは、そんなバカなことはしないでしょうから、安心しております。

めでたし! めでたし!
ちよこ | 2016年09月16日(金) 20:07 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2543-b1058eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |