All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'11.03 (Thu)

筋肉痛キターッ!

転んだのは1日の火曜日だったのに、
全身に筋肉痛が来たのは、3日の木曜日でした……。


この時間差が加齢というものなのでしょう。

それでも起き上がれないほど酷くはなく、
とりあえず生活に支障はなく動けるけれども、
全身の筋肉、特に右の上腕部がガチガチと軋む(きしむ)って感じです。

湿布は、もちろん貼ってますけど、
こうも広範囲が痛くなると、
液体タイプのの塗る消炎剤を買っておいて、本当に良かったです。

なので、今日は何処にも行かず、家でおとなしく静養しております。

こういうのって時間が経つのを待つしかないですもんね。

焦っても仕方ないし、筋肉痛が収まるまでは、
ぼちぼち、ゆっくり生活していきます。

でも、筋肉痛が翌々日に襲ってきたとしてもですよ、
まだ47歳だから、骨に影響はなかったのですが、
これが高齢者であったなら、
転倒=大たい骨骨折なんて、なりかねないです。

っていうか、私の他界した母方の祖母は、
90歳の時、庭の手入れをしていて転倒し、
大たい骨骨折で3か月、入院したんです。

その時、祖母は長男夫婦と暮らしていたのですが、
転倒と骨折からの手術&入院生活の間に、
長男のお嫁さんが、超高級老人ホームへ入居させることを決め、
家に帰りたいという祖母を、無理やりホームへ追いやったのでした。

でも、リハビリとかもあったので、
ホームでの生活のほうが、身体の回復にはつながったと思います。
まぁ、精神的には、祖母は納得できていないようでしたけどね。

ただ、祖母も大正生まれの頑固な性格で、
外面が良い分、身内には性格の悪さが爆発し、
長男の嫁さんとは、口を利かない仲だったんです。

95歳で他界するまでの5年間、
入居金1000万円、月に30万円のホームで過ごしたのですが、
認知症になることもなく、リハビリのおかげで歩行も出来、
外面は、とっても良かったので、

「先生」

というあだ名で呼ばれ、ホームの皆さんには愛されたのですから、
家で1人で部屋にこもって自炊し、
トイレと風呂しか、長男家族と共有しないという生活よりは、
傍から見たら、充実していたように思えなくもないのですが、
本人は、長男大好きだったので、家が良かったんでしょうね。

はい、そういうのを見ていたからこそ、
うちの母は、【転倒だけはしたくない】って、
メッチャ用心深く歩くようになったのでした。

なので、今回、私が転んだことは、母には内緒にしときます。

余計な心配をかけたくないですもんね。
スポンサーサイト
17:11  |  life  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

筋肉痛

エー、、「オホン!」

順調に、、お進みですね。
3日後となれば、、60歳代で、、
おや、、まだ40代?

それは、、、、、

筋肉痛は、動かさないと長引くのです。
ユックリと伸ばす、、
ご主人様やユースケ君に足首、、グゥーーっと引っ張ってもらうと良いかも知れません、、いや、、力イッパイではダメですよ。

優しく、、ユックリと、、イタ気持ち良いぐらいまで、、お願いしましょう。
ウーさん | 2016年11月04日(金) 09:17 | URL | コメント編集

私の祖母も転倒→骨折から寝たきりになったので
年老いての骨折は怖いと思います。

お祖母様は、そのまま帰宅されたら寝たきりの可能性もあったのでは。
結果的にはリハビリできるホームでよかったですね。

私はもう1年半治療薬を飲んでいますが、
人によって骨量が減る副作用がある薬なので、
骨量を維持するためにサプリなどでカルシウムを補給してます。
そのせいか、今のところ影響はないようですが。

>メッチャ用心深く歩くようになったのでした。

いいことだと思います。自分を過信するお年寄りが多いですが、
とても危険なことですから。

筋肉痛がはやく回復するといいですね。無理されませんように。
みずほ | 2016年11月04日(金) 12:36 | URL | コメント編集

ウーさん

はい、実年齢より、はるか上の身体を抱え、順調に筋肉痛と共生しております。

そして、ウーさん先輩の助言に従い、リハビリを兼ね、歩くようにしました。
また転ぶんじゃないかと、少しドキドキしながらですけどね!


ウーさん、いつもお気遣い、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年11月05日(土) 20:42 | URL | コメント編集

みずほさん

はい、やはり、お年寄りの最大の敵は転倒ですよねぇ~~~。

みずほさんのお婆さまと同じパターンは、私の親戚でも何人かいます。
年齢が年齢なので、転倒→骨折→入院(手術)となると、
環境と自分の身体の変化についていけず、認知症になった方もおられます。

辛いですよねぇ、年を重ねてから骨折で手術なんて、痛みを想像しただけで、
私の気が滅入ります。

そして、うちの母も、40代の頃から骨密度が低く、大学病院で今も薬をいただいているのですが、
40代から治療を開始したこともあり、今では、同年齢の人よりも骨密度が高いそうです。

なので、みずほさんも治療の副作用も気になりますが、
でも、将来的なことを考えると、今からカルシウムを補給しておくのは大正解ですよ!!!
この年齢になると増えることはないので、あとは、どうやって減る量を抑えるかですもんね。

はい、おかげさまで何とか日常生活は送れるので、転んだ割りには、
まだマシだったんだなって、今は思っています。

特に、ワンダーコアスマートで、1年半ほど腕立て伏せもどきをやってきたのが、
転んだ時、とても役立ちました。
思ったほど足の打撲が酷くなかったのは、腕がクッション代わりになったんです。
まぁ、掌の皮は擦りむけちゃいましたけどね。


お互い、年齢を過信しないように注意深く生きていきましょう!!!


みずほさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年11月05日(土) 20:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2578-f1bb7dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |