All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'11.25 (Fri)

線引きの難しさ

私は福祉系の大学に行ったので、
友人には社会福祉士とか介護福祉士をしている女性が多いのですが、
制度には、どこか必ず矛盾点が出てくるもので、
難しいなぁって思いながら、彼女たちの話しを聞いています。

例えば、ヘルパーさんとして一人暮らしの老人の家に伺うと、
その老人をヘルパーの車に乗せることは禁じられており、
買い物に行きたいなら、タクシーを呼ぶということになるんです。

それだと融通が利かないというので、
私の友人は資格は持っていても、
ヘルパーではなく、知り合いとして老人宅に伺い、
ボランティアで、車に乗せて買い物につきあっています。

ガソリン代はいただいているそうですが、
ヘルパーとしての時給はなく、完全にボランティアですし、
車に同乗している時に事故が起きたら、どうなるのか?!
って、思わないわけでもないんで、
私は、それとなく、「やめたほうがいい」って、進言しました。

でも、1度、そういう関係を作ってしまうと断るのは難しいようです。

その一人暮らしの老人には、遠方に息子さんや娘さんがいるそうですが、
自分たちの代わりに、彼女がボランティアで、そこまでやっているというの、
たぶん知らないんでしょうけど、
なんか私は納得できないんですよねぇ。

もともと友人だったとかいうのなら分かるのですが、
最初はヘルパーで入ったのに、ワガママを聞いてタダ働きに変更したんです。
まぁ、彼女がいいなら、それでいいってことになるんでしょう。

また逆に、同じヘルパーさんでも、

「今日の私の担当は掃除なので、料理はできません」

と、手が不自由なお年寄りが、
リンゴを食べたいから皮を剥いてほしいと頼んでも、
断る人もいるんですよね。

ようは、人の家での暮らしに、他者が労働者として関わる時、
仕事の線引きがあいまいってことに、つながるんだと思います。

でも、どこかで線引きをしないと、
互いの自由と責任・権利と義務のバランスがオカシクなりますし、
ほんと、難しいです。

そりゃ、家族に見守られて老後を過ごせればいいですが、
自分が1人になったら、いったい、どうやって生活しているのか?!

今は仕事として関わる友人の話しを聞いていますが、
もう30年もしたら、自分が後期高齢者ですもん。

コッチ側とアッチ側

でも、ヘタすりゃ、老老介護でクタクタになっているのかも……。

あんまり先のことは考えず、今を生きていきたいけど、
それでも、やっぱり考えておかないと、困るのは自分ですしねぇ。
スポンサーサイト
19:39  |  life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2594-db030b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |