All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'12.15 (Thu)

男の嫉妬

今年度のセンター試験は、1月14日・15日なのですが、
ユースケの場合、国語、英語、日本史の3科目のため、14日で終わります。

いよいよセンター試験まで1か月を切りました!

そして、国公立をあきらめたユースケは、
私大の入試も2月中旬には終わりますし、浪人はしないことになっており、
受験生としての日々は、あと約2か月
となります。

私がユースケと暮らすのも3か月ほどですし、
記録として残す意味でも、受験が終わるまでは、
このブログ、ユースケのことを中心に書いていこうかと思っています。

ユースケのファンの皆さま、ぜひ、一緒に、

地獄を見るか? 天国を見るか? 

悩める18歳&振り回される家族に、おつきあいください!!!


で、今日のタイトルは『男の嫉妬』で、ございます。

ただいま時期的には、推薦入試で続々と合格しており、
ユースケが第一志望にしている美大の学科においても、
推薦で決まった子がいるんですよね。

私は、その話しを聞いた時、

「うわぁ、読み間違えたなぁ。
 国公立ではなく、私立の美大の推薦を受けていれば良かったのか……」

と、ちょっと落ち込みました。

でもユースケ自身は、そのことに関し、あまりショックを受けた様子はなく、

「推薦で行くよりも、一般入試で入った方が実力はついているからね!」

と、余裕で受けて立つ構えを見せたんですね。

ところがですよ、一昨日、帰ってくるなり、

「もぅ、悔しい! 絶対に俺も受かってやる!!!」

と、ユースケが、メッチャ憤慨しているんです。

事情を聴いてみると、

うちのおバカ大学では、この10年ほど合格者が出たことがない、
MARCHに、理系で1番の子(偏差値55)が推薦で合格したとのこと。
で、高校の先生方は大喜びし、全校生徒の前で報告があったんですってさ!

で、それに、なぜユースケが反応しているかというと、
自分が、そのポジションを狙っていたからなんですね。

でも、ですよ、

あんたの第一志望は美大であって、
MARCHじゃないとよ。


そこを勘違いしたまま受験したら、
『二兎追うものは一兎も得ず』という結果に、なりかねません。

なのに、男の嫉妬って怖いですねぇ~~~。
まるで冬彦さんのような顔で、睨んでるんですもの。
(冬彦さんを知らない人もいるでしょうけど……)

もうねぇ、苦虫を噛み潰したような、その表情は、
保育園でいじめられ、泣く寸前の時の顔を思い出させ、
私は、笑っちゃいましたけどね!!!

けど、これまでは画塾から帰ってきたら疲れて寝るだけだったのに、
いきなり、赤本を取り出して勉強し始めました。

美大が第一志望で、受かっても行くことないけれども、
合格したっていう結果が欲しい
んですってさ。

もちろん、私もパートナーも忠告しましたよ。

美大の実技を上げていく時期に、
行きもしない大学のために学科の勉強に力を入れると、美大に落ちるってね。
それでも、本人は二兎とも手に入れてやるという貪欲さを見せるので、

自分の人生ですんで、どんな結果が出ても、親に八つ当たりしないでください!

ってことで、静観しております。

いったい、どうなるのやら……。

まぁ、浪人できないので、東京で全滅したら、
どこかの地方の私立の美大を慌てて受けるんでしょうけど、
2か月後が、楽しみというか、怖いというか、あとは勢いで突き進んでください。
スポンサーサイト
10:54  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ユースケ君、逞しい!
絶対いい男になるわ~と思いました。
野心もない男なんていりません!
家の男どもは男じゃありません!
ふくこ” | 2016年12月15日(木) 22:43 | URL | コメント編集

ユースケ君頑張ってますね~
この時期、まわりは見守るしかないんですよね
でも本人がやる気満々なのはいいことです!!
ぷにゅ2 | 2016年12月16日(金) 08:07 | URL | コメント編集

合格

やはり、合格の言葉に含まれる栄光!

魅力的ですよね。
若い時には二兎、いやもっとイッパイ、、全部手に入れてヤル!!
そんな気持ちを持った事が多かった様に思われます。

人生を1日に例えればユースケ君はまだ朝!
日の出の勢いなのでしょう。
無駄な時は人生にはアリマセン。

たとえ、一見、周囲から見れば無駄でも、本人には経験!
自分から頑張りたいと思うなら、、二兎、追ってみるのも良いのではありませんか?

一匹を追えば、必ず捕えるというのなら別ですが?
二兎を追うにはそれなりの力が必要で、、それをヤルのならスゴイ事でしょう。
確率だけの世界ではアリマセン。
自力を蓄えるのも、、きっとこの時期なのでしょうから、、


ガンバレ、、ユースケ!!
ウーさん | 2016年12月16日(金) 08:21 | URL | コメント編集

ふくこ”さん

いやぁ、今の時代、男の子と女の子、両方のお子さんをお持ちの方は、
皆さん、口を揃えて、おっしゃいます。

「うちの娘と息子の性格を入れ替えてほしい」

特に受験に関して、よく聞くのですが、
女の子は貪欲に攻めの姿勢で挑み、男の子は逃避というか守りの態勢なんですって。

つまり、女の子は自分のレベルより上を受験して、落ちたら浪人覚悟。
男の子は落ちるのが嫌だから、推薦で入れるところがいい……とのこと。

なので、ふくこ”さんのご家庭も、似たような部類に入るんじゃないでしょうか?!


はい、ふくこ”さん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年12月16日(金) 19:32 | URL | コメント編集

ぷにゅ2さん

ぷにゅ2さんの息子さんも、この時期から、エンジンがかかったんですよね。
最後の高校の三者面談で、息子さんの選択を温かく見守られたぷにゅ2さんは、
私は偉いなぁって、当時も思って読んでいました。

受けるのは勝手ですが、そう簡単に受かるもんでもないですもんね。

でも、ぷにゅ2さんのお姿を見て、信じて待つのも親の役目だと認識させられましたよ。

こうなったら、行けるところまで行ってもらいましょう!

応援、よろしくお願いいたします。


ぷにゅ2さん、コメント、ありがとうございました!!!
ちよこ | 2016年12月16日(金) 19:36 | URL | コメント編集

ウーさん

ウーさんの言葉は、いつも心に響きますが、今回は、より強く、そう感じました。

【確率だけの世界ではない】

そうなんですよねぇ。

どうしても偏差値とか物差しで測ってしまいがちですが、それが全てではないですもんね。

それに、若いがゆえに突っ走ってしまうとかも、自分も、そうでしたよ。

ウーさんのコメントを読みながら、しみじみ己を振り返りました。

【無駄な時は人生にはアリマセン】

これ、私が大阪の専門学校に通っていた時の先生に、同じ言葉をかけられましたもん。

いっぱい、いっぱい、失敗や挫折を経験して、大きく大きく育っていってほしいものです。


ガンバレ、、ユースケ!!

ですよね。


ウーさん、いつもいつも見守ってくださり、ありがとうございます☆
ちよこ | 2016年12月16日(金) 19:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2610-e5937c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |