All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'12.18 (Sun)

奨学金の審査結果

以前、このブログを通じて、皆さんにご相談したことがあったかと思います。

日本学生支援機構の奨学金において、
利息を利率固定方式にするか、利率見直し方式にするか、
どちらが、お得なんでしょうか?


という質問でした。

でも、この問いは無意味になりました。

というのも、審査の結果、無利息の第一種奨学金と決まったからです。

ようは、公式にビンボーという判定が下されたわけですな。

借りた金を返す際、借りた額だけ返せばいいんですから、
ありがたや! ありがたや!

でね、利息を払わねばならない時(第二種)は、
ユースケの負担を抑えるべく、月に3万円で申し込んでいたのですが、
利息がつかないのだったら、

私立で自宅外の場合、月に64,000円

で、申し込んでいたんですよ。

すると、ユースケは最初、利息無しの第一種だったことで、
スゴク喜んでいたのですが、卒業後、
300万円の借金を、月に14,222円ずつ、
18年にわたって返していかねばならない
と知り、

「300万円の借金を背負うの?!」

と、ブーブー文句を言い始めたのでした。

まぁねぇ、18年っていったら、22歳で卒業しても40歳まで返済ですよ。

でね、一応、月に3万円コースもあり、変更もできるのですが、
東京の私立の美大に通うために、一人暮らしをするのであれば、
無利息だったら、借りられる時に借りておいたほうが安全かと。

私たちが寿司屋を始めた時も、
最初、800万円の借り入れを公庫に申し込んでいたのですが、
経営が軌道に乗るまでの間の運転資金を考えたら、
少し多めの1000万円を借りておいて、本当にヨカッタって思いましたから。

やはり現金は、ある程度は手元にないと、
回せなくなったら、即、終了になってしまいます。

万が一、実家のお金が無くなったとしても、
きちんと卒業できるほうがいいですもんね。

もちろん、何も起こらなければ、
ユースケが300万円を返済することなく、
こちらで管理しておいた額を、卒業後に一括返済してもいいわけですし。

それに、

「ぼく、奨学金を借りているから、300万円の借金があるんだ」

という貧乏学生のユースケに、
金目当てで近づいてくる女性は、いないんじゃないかと!

はい、実は、コッチのほうが心配なので……
だって、私立の美大に自宅外で通える学生って、
本来は、実家がお金持ちじゃないと無理ですからねぇ。

お金がないユースケに、

だったら私が食わせてあげる!

という女性がいらっしゃるのなら、
どうぞ、よろしくお願いいたします!!!
スポンサーサイト
20:40  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

だいじょうぶ!!(笑)うちの子それぞれ3人とも奨学金の借金を背負ってますけども、無事長男は結婚できましてよ(*^。^*)あれって、奨学金と聞くと聞こえはいいけど、結局は格安学生ローンなんだよね~。審査は今のままでいいと思うけども、入学してからの学生の成績を審査してもらって、優秀なら返さなくてもいいとか、返済の割合が変わってくるとかすればいいのに。そしたら遊ばないでまじめに勉学に取り組むと思うけどね~。
まりん | 2016年12月19日(月) 09:11 | URL | コメント編集

まりんさん

以前、まりんさんがコメント欄でしたっけ?!

子どもの教育費の総額で地球を3周旅行できる

って、書いてあった記憶があるのですが、
私は、まりんさんとこは、奨学金をもらっていなかったのかと思っていました。

でも、例え奨学金という借金を背負っていても、
資格を持っていたり、公務員だったら、
返せるという保証があるので、結婚相手として女性も考えるでしょうが、
そうじゃなかったら、今の時代、難しいんじゃないでしょうか。

うちなんか美大なんで、例え教員免許や学芸員の資格を取っても、
その資格を活かせる就職先はないですからねぇ。

けど、まりんさん、大学が用意している奨学金では、
トップクラスの成績を収めたら、学費を返還するとか、半額でいいとか、
そういうのは、かなり普及しているんですよ。

私のママ友さんでも、お子さんが大学の学科で1番の成績をとったので、
学費が全額免除になったとか、ちょくちょく聞きますもん。

そして、それを目当てに最初から、
レベルを下げた大学に、特待生で入学する子もいますしね。

ただ、毎年、毎年、トップクラスの成績を収めないといけないので、
子どもさんにとっては、大変かなって思います。


はい、まりんさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2016年12月19日(月) 20:53 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2613-8ad3e40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |