All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'01.05 (Thu)

同級生の年賀状

年賀状だけのおつきあいの中には、
私の高校の同級生が5人ほど含まれています。

今日は、その5人の1人のAちゃんのことを書きます。

Aちゃんとは高1で同じクラスになり、
高2と高3はクラスは分かれましたが、
週に1度、クラシック音楽クラブで音楽を聞かず、
ひたすら喋り倒していた仲だったのでした。

そんなAちゃんは、田舎暮らしは嫌だとMARCHに合格し、
東京暮らしを始めました。

大学卒業後、一般企業で働いていたのですが、
ライターになりたいと、とあるFM雑誌の記者になり、
自分の憧れのアーティストにインタビューしたことなどを、
当時は手紙で、私に知らせて来てくれました。

でも、FM雑誌は廃刊になり、
彼女は派遣で働きながら、年賀状では、

オーロラを見てきました!  バリ島の夕陽は最高!

なんて、写真入りで載せてくれたのでした。

その頃、私は結婚し、ユースケが産まれ、店も始めていました。

でも、三十路を過ぎた頃、彼女の年賀状のテンションが落ちてきました。

今年は人生をリセットします!

という文字だけの年賀状とか……。

で、三十路も半ばになり、彼女から結婚式の写真入りの年賀状が届きました。

ハワイでの新婚旅行の写真です。

優しそうなご主人の姿に、私は、良かったなぁって思って眺めていたのですが、
結婚した翌年、SMAPのコンサートのついでに、
うちの店に1人で食べに来てくれたことがあり、

「私、ハゲてデブの夫とは、
 実家から勧められたお見合いだけど、断るつもりだったの。
 でも、このまま派遣で終わる独り身が怖くなって、
 一流企業に勤める彼でいいって、人生妥協したの」


とのことでした。

でも、その後の年賀状では、

「私、早稲田大学の大学院で、学生やってます!
 美術史を若い人に混じって、勉強しているの!」


という文字が書かれ、ゼミの皆で京都に行った写真が添えられていました。

夫が稼いでくれるし、子どももいないので、
彼女は好きなことが出来るんだなぁ……
って、ユースケが小学校で学級崩壊に巻き込まれていた時期だったため、
自由に自分の時間を謳歌できる彼女が、羨ましく見えたものでした。

その後、40代になり、夫の転勤で金沢に行くことになった彼女は、

「雪国の生活って、初めて!」

と、雪だるまと一緒の写真が送られてきたのすが、その翌年には、

「やっぱり私は東京が似合うから、夫は単身赴任にしてもらった」

と、彼女が愛する湘南の海が写っていました。

そして去年の年賀状で、

「来年は家族が1人増える予定です」

と、書かれていたので、私も彼女も46歳でしたし、

どういう意味なのか?!

私は???って、なったのですが、
今年の年賀状は、赤ちゃんを抱く彼女の写真でした。

46歳で、第一子を出産です!

日本の生殖医療ってスゴイ!


っていうか、

子どもが欲しかったのかぁ~~~

と、28歳で出産した私は、
大学受験で猛勉強するユースケと、彼女の腕に抱かれた赤ちゃんの写真とを、
交互に眺めてしまったのでした。
スポンサーサイト
19:17  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます♪

遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます♪

昨年は初めてお会いできて、嬉しかったです(*^_^*)
またいつか行きたいと思ってますが、そのころにはもうちよこさんは九州にはいらっしゃらないですよね~

羨ましいご友人ですね~
でもご友人にもいろいろと悩みもあったのでしょうね

46歳で出産!?
凄いです!!

今年もマイペースで更新していきますので、
どうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)
豆兄弟の母 | 2017年01月06日(金) 07:57 | URL | コメント編集

出産

先日のニュース、
アメリカで50歳を過ぎた方の出産を知りました。

確かに、スゴイ事ですね。
初産ですから、、
女性のスゴサを実感いたしました。

お友達も、新しい目標!!
喜ばしい事です。

ただ、できれば、、
出来ればですが、、デブでハゲのご主人にも、、魔法の様な愛情!
こちらも、、時々で結構ですから、、お願いしたいモノだと、、

できれば、、です。
フゥーさん | 2017年01月06日(金) 09:12 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2017年01月06日(金) 19:14 |  | コメント編集

豆母さん

こちらこそ、豆母さん、
昨年は、わざわざお越しいただき、本当に嬉しかったです!!

お会いでき、幸せな時間を過ごせたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

で、あけまして、おめでとうございます☆

もちろん、今年も、よろしくお願いいたします。

豆母さんの顔と声で、いつもブログを読んでいますよ!!!


で、友人のAちゃんですが、
スッゴイ悩んで努力するタイプだからこそ、
こんなに充実した人生を送れるんだと思います。

偉いですよ!!!


はい、豆母さん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年01月06日(金) 22:45 | URL | コメント編集

フゥーさん

彼女のご主人は、容姿のこともあって、結婚をあきらめていたそうなんです。

それで、お見合いという形で、田舎の親同士で話しが進められたと聞きました。

だからこそ、どんな扱いを受けようが、

「こんな僕と結婚してくれて、ありがとう!」

という感謝の気持ちで、彼女に尽くせるんじゃないでしょうか。

結婚してくれた=愛情

でありますし、さらに子どもまで産んでくれたとなると、
彼女の自己愛を満たす行為であったとしても、
彼も幸せなんだと思いますよ。


まぁねぇ、ハゲでデブでも金を持っていると、
どんな女でも良ければ、籍は入れてくれるんじゃないでしょうか。

それこそ、後妻業と同じ原理ですな!


はい、フゥーさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年01月06日(金) 22:55 | URL | コメント編集

鍵コメさん

私も、鍵コメさんと全く同じ意見です。

お互い、ないものネダリなのでしょう……。

鍵コメさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年01月06日(金) 22:57 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2017年01月08日(日) 11:40 |  | コメント編集

鍵コメさん

その疑問は、どっちもどっちというのがリアルな所だと思います。

女性のライフスタイルの中で、
【自分探し】と【出産・育児】は、重なる部分が大きいですからね。

ただ、どっちの割合が大きくても、
母親の年齢が高いというだけで、子どもさんは影響されるでしょう。
20代の母親と40代の母親では、全く価値観が違うため、
公立の学校よりも、私立のほうが幸せになれるような気がします。

まぁ、余計なお世話ですが!


鍵コメ、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年01月08日(日) 18:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2628-6929a766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |