All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'01.17 (Tue)

センターの採点

昨日の月曜日、
多くの高校で3年生は、センター試験の結果を報告していたことでしょう。

私の時代は、新聞を持ち寄って解答と点数配分を見ながら、
合計点を紙に書いて提出していましたが、
今の時代は、センターと同じようなマークシートに、
自分の解答の通りに記しを付け、高校に提出
するんだそうです。

しかも、同じものを3つ作って、
高校は3か所の予備校にデータとして渡す
とのこと。

予備校は生徒の成績の情報を、出来るだけ多く集められるし、
高校は返却されてきた合否判定の分析を基に、
国公立の二次対策を練れるという、
互いの利益が一致した結果、そうなってんですってさ!

なので、ユースケのように3科目しか受けなくても、
同じものを3つ作るのは骨が折れる作業で、
マークシートに記入するだけで3時間近くかかったそうです。

で、正確な合否判定は、予備校からの返却を待たねばなりませんが、
既に得点は分かっているので、
それは別の用紙に記入して提出したとのことでした。

でね、まずビックリしたのは、
当日の夜9時には、センターの解答は予備校のHPから見ることが出来たのに、
ユースケの高校の生徒さんは、月曜日に解答が書かれたプリントが、
高校で配られるまで、誰も採点してきてなかったんですって!!!


えぇっ、自分が、何点取れたか気にならないの?!

そりゃ、B級ハイスクールなので、国公立を目指す人は片手ほどですが、
今の時代、私立でも併願にするほうが合格しやすいため、
センターの得点は、かなり鍵を握っているはずなんですよ。

「みんな、現実に向き合いたくないとよ」

って、ユースケは言いますが、
自分が受けたテストの結果が分かるのに見ないって、
そっちのほうがソワソワして、私だったら耐えられません。

なので、私の高校時代と同じく、その場で採点することになり、

「ギャー!」

とか、

「ゲッ!」

とか、皆さんの悲鳴が、教室中から溢れてくるんですってさ。

でも、さすが芸術科だって思ったのは、
ユースケの前の席に座っていた男子が、

「英語が101点って、101匹わんちゃんだ!」

と、呟いたのが聞こえてきたそうで、

いやいや、今、ディズニーアニメに例えている場合じゃないっしょ!

って、ユースケは心の中で返したそうです。

でね、芸術科だけでなく普通科も一緒に大きな教室で記入は行われ、
自分の合計得点を書いた紙を、
出来上がり次第、教卓にいる教師に提出しに行くというやり方だったんですが、

「もう一度、やり直し!」

と、多くの生徒が教師から突っ返されていたんですって。

で、何をやり直すかというと、

センター試験の各科目の合計得点が、間違っていた

からなんですって。

例えば、国語120点、英語130点、リスニング25点、日本史B75点、
となると、合計得点は350点ですよね。

この3ケタか2ケタの数字を4回足すという足し算が出来ないそうで……

えぇっ、これでもセンターを受けたのは、4年制大学に行く子なので、
就職や専門学校、短大の子はいないんですよ。

それなのに、3ケタの足し算が出来ないの?!

分数が出来ない大学生よりもレベル低いよ!


その話しをユースケから聞いていて、気が遠くなりましたわ。

日本の教育は、どこで、何を、間違えたのでしょう?!

いやぁ、ユースケが通う高校は、A~Eでランク付けするとDぐらいにあたり、
最底辺校ではないですし、これでも大学に行くんですよ、Fランク大学に!

はい、大学までは、お金を払って居場所を作れるのでいいですが、
22歳で卒業した後、どうやってお金を稼ぐのでしょうかね。
スポンサーサイト
17:27  |  life  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

何故?

現実に眼を閉じて、先延ばしして、それでも頑張ってイルと胸を張る!

コノあたりがイマ風なのでしょうか?
若いから、多少の汚れがあっても、、マシには見えるのですが、、

汚れたまま、年トルと、、これはもう、手遅れで、
そんな明日に気付かない、汚れた若者、、本当に多いですね。

今の内に、磨けばヒカルのでしょうに、、

先ばかり考えて、卑屈になっても困るのですが、、今、気付く事の大切さも、教えていただきたいですね、、先生たちに、、
フゥーさん | 2017年01月18日(水) 08:11 | URL | コメント編集

フゥーさん

ユースケが通う高校は田舎にあるB級ハイスクールなので、
都会の知的なワルに比べると、よっぽど純粋で幼いんですよ。

でも、ピュア過ぎて傷つきやすいがために、現実に向き合うのが怖いようです。

汚れるほどスレてはないのですが、
逆に、傷ついたら引きこもってしまいそうで、そっちのほうが心配になります。

だから先生方も今の校長になって、方針を変えたんですって。

「君たちに変われという前に、まず、先生方が変わろう!」

というスローガンになったそうです。

今の1年生から導入されているとのことで、1年生は元気みたいですよ。

まぁ、ユースケの頃に比べて2クラスほど定員も減ったので、
最初から少し淘汰されたようです。

今後の先生方の頑張りに期待しましょう!!!


フゥーさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年01月18日(水) 18:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2638-da156e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |