All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'03.10 (Fri)

料理本

20170310.jpg

4月から一人暮らしを始めるユースケが、
最近、昼食は自分で作るようになりました。


といっても、これまで料理の手伝いはしてこなかったため、

☆ ご飯を炊く
☆ パスタを茹でる
☆ 素麺を茹でる


というレベルからの出発です。

まぁねぇ、主食の炭水化物は自炊して、
主菜や副菜などは、レトルトでもコンビニでもいいって感じでしょうか。

「一人暮らしになったら、自分で料理する!」

と、豪語しているユースケでありますが、
今まで、やってこなかったのに、いきなり出来るわけがないって、
私は思ってみています。

トップクラスの美大の4年間は、課題をこなすのが忙しく、
バイトも出来ないと言われており、
我が家も、バイトより創作活動や美術館巡りなど、
4年間で、出来るだけ多くのことを吸収できる方がいいと思っています。

まぁ、バイトはねぇ、
うちの店の手伝いを、小学生の頃から、たま~にしていたので、
ホールや皿洗いなどの居酒屋なら、十分、通用するでしょう。


なので、そんな多忙な中、
自分で料理するなんて無理じゃないかと思うのですが、
今の時代、素麺を茹でるにしても、ネットで検索し、スマホを見ながら作るので、
基礎の料理の本とか買わずに済む、いい時代がきましたね!

でも、素麺を茹でるのにラーメンを作る小鍋を使おうとしたため、

「素麺は、たくさんのお湯がいるから、大きな鍋が要るとよ!」

なんて声をかけたら、

「そんなの書いてないし……あっ、書いてあった」

という具合なので、
結局、レシピを読まず、テキトーにやっているのでした。

で、そんなユースケが、昨日、料理本を買ってきたと言って見せてくれました。

それが、写真の文庫本なのですが、

【バルサの食卓】

という……
ファンタジー小説の中に出てくる料理を、実際に作るとしたら、
こんな感じになるのではないか?!というレシピ本
です。

さすがに、これは版権があり、ネットで無料で見るわけにはいきませんが、

料理初心者には、難しくね?!

と、疑問がフツフツと沸いてくるのでした。

今、ちょうど、NHKで精霊の守り人シリーズが放送されており、
ユースケと私は原作の大ファンなので、毎週、楽しみに見ています。
そして、小説の中でもそうでしたが、TVでも、
美味しそうな料理を食べるシーンが、数多く出てきます。

異世界の国の話し、それも、どちらかというと、
近未来のSFの逆で、日本で例えたら、江戸時代ぐらいの文明なんですよね。
なので、電化製品が出てくることはなく、蒔きで火を焚いて焼くとかいう世界観です。

だからこそ、シンプルはシンプルなんですけどぉ、
最初は、それこそNHKのビギナー向け料理本ぐらいのほうが、
いいんじゃないかって、私は思いましたわ。

でも、自分のレベルに合った料理を作るのではなく、
憧れていた料理を作りたいというのは……


ガンバレ!

としか、言いようがないですよね。

とりあえず、私に本を見せてきたので、
明日の昼にでも、
香ばしい無発酵のパン(バム)を、作ってみようかと思っています。

「【バム】って、【ナン】に似てない?!」

って、ユースケに言われましたが、
だったら、先日のダムカレーの残りのカレーが冷凍してあるので、
カレーを付けて食べたら、きっと美味しいことでしょう。
スポンサーサイト
18:15  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます♪

今はパスタもレンジで湯がけるんですよね~
私は使った事ないんですが、100均で1人前のもあるんで、
息子たちに持たせたんですが、使ってない。
やっぱり簡単なカップ麺、コンビニ弁当になっちゃうみたいです

ユースケ君、頑張ってお料理してね~
豆兄弟の母 | 2017年03月11日(土) 07:21 | URL | コメント編集

豆母さん

豆母さんとこの息子さんたちは、仕事をなさっているので、
学生と違って、自炊は難しいと思います。

そりゃ、朝はバタバタしているし、疲れて帰った後となると、
カップ麺とコンビニ弁当になりますよ。

でも、私が学生時代に一人暮らしをしていた時も、
うちの母は、レンジで1合だけご飯が炊けるという器具を送ってきたのですが、
レンジって、けっこう面倒臭いんですよね。

時間がかかる割りに熱の通りが均一でなく、美味しくないというか。

なので、ご飯は炊飯器で炊き、パスタは鍋で茹でるほうが簡単ですよ。

まぁ、ユースケも、実際は、料理しないでしょうね……。


豆母さん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年03月11日(土) 18:54 | URL | コメント編集

お店の手伝いをされてたなら・・・大丈夫ですね
自然と体が動くでしょうから (*^_^*)

お醤油とかの調味料が 違うのが
初めのうちは、なれないとか 言いますよね~
ひろ | 2017年03月11日(土) 21:00 | URL | コメント編集

ひろさん

はい、渡鬼の幸楽のえなりくんじゃありませんが、
どうしても人出が足りない時は、
小・中学生の時は洗い場を担当してもらいましたし、
高校生になると、ホールもやってもらいました。

特に、年末のおせちとなると、小学校高学年から、
栗きんとんの芋をすり潰したり、エビの殻を剥いたりと、
下処理も手伝ってもらいましたし、盛り付けも一緒にしました。

これって、一昔前だったら、
田植えと稲刈りの手伝いみたいなもんですよねぇ~~~。

当時は、小学校を休んで、子どもたちも総動員されていたとのことでしたし。

はい、なので、労働に関しては、
小さい頃から鍛えられてきたので、大丈夫かと思います。


あと、既に受験に行った際、九州と関東では味が違うと言ってました。

一人で、お蕎麦屋さんとか昼は食べに行ってたそうですが、

「基本的に、美味しくない!」

って、文句を言ってましたよ。

いやいや、人には人の乳酸菌だから、場所が違えば味が違うのも当然ですよね。



ひろさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年03月12日(日) 19:49 | URL | コメント編集

久住昌之原作・水谷悦子画の漫画「花のズボラ飯」(1~3)のほうが実践的である気がします。この漫画の適当な料理の数々を見れば、かなり気が楽になること請け合いです。本人がうまかったらいいのです(^^)
ポール・ブリッツ | 2017年03月15日(水) 23:07 | URL | コメント編集

ポール・ブリッツさん

まずは、御礼を言わせてください。

拍手コメで、1番、心に響いて励まされたのは、ポールさんの長文のコメントでした。

苦しい時期に、ずっと寄り添っていただき、
ポールさんのコメントは一生の思い出になりました。

本当に、ありがとうございました!!!


そして、【花のズボラ飯】というタイトルが、私向きですね!

ユースケ以前に、私が、料理を作るのが面倒臭いって思うので、ダメダメな主婦なんですよ。

でも、私、ポールさんの1か月の料理の記録、いつも楽しみに眺めているのですが、
ポールさんは、ちゃんと作って食べてますよね!!!

メッチャ尊敬しております。
栄養のバランスも考えたメニューですもの。

ぞんなポールさんが推薦してくれたマンガ、読んでみたいなって私が思います!


ポールさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年03月17日(金) 22:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2670-7c04a450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |