All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'04.02 (Sun)

離散して繋がる

この春は私の一族にとって、大転機を迎えることになりました。

私たち家族は、パートナーと私が、私の実家で母と同居するのですが、
東京に行ったユースケは、私の兄夫婦と交流を持つようになりました。

この地では離散しましたが、また別の場所で、
新たな一族の絆が生まれようとしています。


これまで兄夫婦は関東で、奥さんの実家の傍に家を建て、
また、奥さんは子どもは苦手だから、必要ないと言い、
うちの両親とも、私たち夫婦とも疎遠でした。
両親には孫、私にとっては甥っ子や姪っ子がいないこともあり、
仕事が多忙なな中、互いに会う理由もなかったんです。

兄自身は、嫁さんの実家と仲良くやっているため、
兄にとっての幸せの形に、うちの一族は関わらないほうがいいのであれば、
まぁ、それは仕方ないかと割り切っていました。

なので、父は私に母を託して他界しました。

私も、自分しか母を看取れる人はいないと覚悟し、
今回、同居することになったのですが、
私が母の面倒をみることが決まり、兄嫁さんもホッとしたことでしょう。

兄夫婦は、2人とも正社員でバシバシ稼いでいるので、
もし母が家を処分し、兄のところに行きたいと言ったら、
それなりのことをしなくてはならなかったでしょうからね。

それがイヤだったからこそ、
兄嫁さんは、うちの母とは父の葬儀でも、ほとんど会話をしませんでした。

ただ、長男の妻としての役割は果たさなくてもよくなったこともあり、
肩の荷が下りたんでしょう。

東京へ行ったユースケには、
積極的にアプローチしてきたんですよ、兄嫁さんが!


昨日のことですが、兄と一緒にユースケの一人暮らしの部屋を訪れ、
兄嫁さんは、片づけやら買い物を手伝ってくださり、
おまけに、ユースケが入学する美大に行ってみたいとのことで、
まるで、親子3人ですよ!
みんなで談笑しながら構内を周ったそうです。


うんうん、分かる! 分かる!
小さい子は苦手だけど、ある程度育つと、大丈夫なんでしょう。

たぶんユースケは仕事柄、私が暮らす田舎に戻ることなないので、
東京で、ずっと、兄夫婦と仲良くやってくれればいいなぁって、思います。

兄夫婦も、私とパートナーも、うちの母も、
みんながユースケを通してつながり、身近になれば、
いろんな誤解がなくなって、今よりも良い関係が築けるのではないかと、
私は期待しています!


これって、一等親とか二等親とかの濃ゆい血縁の、最も小さな世界の話しなのに、
実は、国際情勢に似ているんですよねぇ。
隣国であるほど、国境問題による資源の奪い合いもありますし、
妬みや憧れという相反する感情も持つため、ギクシャクしがちです。

でも、その間に入って交流できる人が現れると、
関係改善が一気に進みます。

まぁねぇ、逆に交流をズタズタにする人も出てくるのが辛い所で、
お願いだからユースケ、そうはならないでね!
スポンサーサイト
18:18  |  life  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

今晩はv-22

これはこれで 新しい形の絆で いいですよね^^
ユースケくんにとっては(ちよこさんにとっても)
やっぱり親族がいるのは 安心だと思います。

昭和29年 私の母は 両親の大反対を押し切って
上京したんですけど 配給が終わったばかりで
お米を持っていったそうで・・
まるで知り合いもいないのに よく出てきましたよねえ・・。

当時は バイトなんてないから 大学生活は
ひたすら貧乏で 女友達と二人で いつも
お腹すかせていたそうです^^;

うちの息子も 来年あたりから どうなるのやら・・
一人で くらすのかなあ・・。
800びくに | 2017年04月02日(日) 18:30 | URL | コメント編集

こんにちは
大丈夫ですよ、成るようになります
親子、とりわけ母の子の繋がりは切っても切れないもの。
どん!って構えて行きましょ。

どのような職業に就くのかはまだ分からないけれど
稼ぐために働き、他で好きな作品を創り続けることで
母と子の情はずんずん深まります。
好きな作品を創るということは、そう云うことと思いますよ。

稼ぐための作品作りは別だけどね。  えへへ、大丈夫。  ごろぉ
ごろぉ | 2017年04月03日(月) 02:14 | URL | コメント編集

いい関係になれるといいですね~ というかきっといい関係が生まれますよ。一つの区切りかも・・・・
自遊自足 | 2017年04月03日(月) 05:14 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2017年04月03日(月) 06:00 |  | コメント編集

あー、なんかわかります~~。兄嫁さんにとっては、小さい子じゃなくてもう分別のついた年齢のユースケくんだし、甥っ子っていうスタンスがちょうどいい・・といってはなんですが、そうなんでしょうね。

でも離れたところに子どもを出して、親族の誰かとつながっているというのはすごく心強いですよ。二男はワタシの生まれ育った場所で生活していますが、今回父の葬儀で妙にワタシのいとこの1人と気が合って、メールのやり取りをしてるみたいなんです。20代半ばと40代半ばの男同士ですけど(笑)ワタシすごくうれしく感じてます。ちよこさんところも、お兄さん夫婦とユースケくん、いい関係がずっと続くといいですね。
まりん | 2017年04月03日(月) 08:51 | URL | コメント編集

母親

このブログ最近読み始めたのですが、貴女はホントに賢明な妻であり母親であると思います。
ユースケ君への接し方に関しても、時に寄り添い、時に厳しく、そして影から見守る。
そんな母を持ったユースケ君が羨ましいです
「あーオレの母もこんなだったらなー」と思いながら読んでいます…もうこの世にいないのですが。
息子さんは、そんな母のありがたさをいつかしみじみと思うときが来ると思います…。
今は自分のことでいぱい、親を思う余裕は無いと思うのですが…。
やはり男にとっても母親の影響は大きいと思います。
つくづく思いました。
金山三太郎 | 2017年04月03日(月) 09:08 | URL | コメント編集

離散 という言葉よりも他にないかしら・・・(かくさん)拡散?
う~むむむ 何んか変だね(笑)

お兄さん夫婦との縁が これからユースケ君を通して
良い方に進みそうですね。遠い地に 身内がいてくれるとゆうのは
心強いですもん。
見えない壁に ユ-スケ君が 空色の絵の具を・・・・ピトッと落としてくれた感じです。
これから 四国とも 空色が広がりそうな予感

親戚を避ける子もいる中・・・素敵ですね。
義姉さんは、ユースケ君との縁で 少し救われた・・・感じもあるかもしれませんね。

どこの家にも、色々あるんですね。
家は、人様もおどろく・・・オッタマゲ~な 身内話しがあります(笑)
ひろ | 2017年04月03日(月) 18:15 | URL | コメント編集

ごろぉさん

ごろぉさんに、そう言っていただけると、心強いです。

ごろぉさんはユースケの師匠というか、憧れのスターですので、
どうか、彼の成長を見守ってやってください。

でも、私は母と娘の絆しか分からないため、母と息子も縁があるんでしょうかね?!

結婚するまでは、うちの母と兄は仲が良かったのですが、
結婚したとたん、母と連絡を取ると兄嫁の期限が悪くなるため、疎遠が続いており、

「うちには息子がいたのかしら?!」

なんて、母は、よく口にしたものです。

もちろん、兄が母を内心では思っていると、母も私も分かっており、
お嫁さんと、その実家の顔色を伺い、何も出来ないというのは、兄も辛い立場なのでしょう。


そうそう、今、まさにユースケは、ごろぉさんのコメント通りにやってますよ!

今まで、受験対策の絵しか描かせてもらえなかったこともあり、
(高校では金属工芸で、絵は、あまり描いていません)
この春休みに、自分で好きなものを描いては、LINEの表紙にしています。

好きなものを描くのは楽しいですもんね!

まぁ、それで母と息子の絆が深まるのかは、うちの場合、どうなるか分かりませんが、
でも、なるようにしかならないと、ドン!と、かまえておきます。


ごろぉさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月03日(月) 18:45 | URL | コメント編集

自遊自足さん

まさに、大きな1つの区切りです!

ユースケが東京に行くことで、私たち親族の関係も好転するでしょう。

兄は、本当は母のことを気にかけているのですが、
それを表に出すと、嫁さんと嫁さんの実家が不機嫌になるんです。
でも、兄嫁さんがユースケを気に入れば、兄もユースケを可愛がれますし、
うちの母は【孫命】ですから、これで全てが丸く収まります!

両家の関係改善のためにも、頑張れ! 親善大使ユースケ!!!


自遊自足さん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月03日(月) 18:48 | URL | コメント編集

鍵コメHさん

どこの家でも、何かしら問題は抱えていますよねぇ。

私は、鍵コメさんのご家族の決断を指示しますよ!!!

自信を持ってくださいね!


鍵コメ、ありがとうございました☆

ちよこ | 2017年04月03日(月) 18:51 | URL | コメント編集

まりんさん

さすが、まりんさん!

相変わらず勘が冴えているというか、鋭いですね。

そうなんです、ある程度大人になったというのもあるんですが、
実は【男の子】というのが、スゴク影響しています。

兄嫁は女3姉妹の真ん中ということもあり……
(長女は金持ちに嫁ぎ一男一女がいるけれども、
 2人とも大学卒業後も働かず、延々と専門学校に通っており、
 次女の本人は、結婚しても子どもは作らず正社員で、実家の傍に家を建て、
 三女は独身のフリーターで、両親と一緒に暮らしている)

ようは、兄嫁は女には興味なく、若い男の子が大好きなんです!

なので、義理の妹の私は存在を無視されていましたし、
これがユースケが若い娘なら、毛嫌いされていたことでしょう……。

だから、ユースケなら兄嫁が食いついてくるんじゃないかと、
私の予想通りの展開でした!!!


でも、まりんさんのおっしゃるように、親族が近くにいるのは心強いです。
何かと困った時は頼れますもんね!

まりんさんの次男さんのように、可愛がってもらえるといいなぁって、今は思っています。


まりんさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月03日(月) 18:58 | URL | コメント編集

金山三太郎さん

コメント、ありがとうございます!

三太郎さんのブログに日参しておりますが、特に今の連載、たいへん興味深く読んでおります。
いろんな圧力を受けても、自分の道を切り開く姿は痛快ですし、
そのために費やしたご自身の情熱は、なかなかマネできるものではないですよ。

2時間ドラマにして、今の若い世代に見てほしいです!

もちろん、絵も楽しく拝見しております!!!


さて、私は、そんなたいした女性ではないんですよ。

私の母は、無意識の支配欲が強く、娘を手離したくないけれども、
でも、自分がつまらない人生を送っているから、娘には自分の代わりに自立してほしいという、
そういう2つの矛盾した願いを押し付ける人でした。

だからこそ、私は青年期に挫折したこともありました。

でも、母の母(祖母)も、同じようなことを母にしてきたため、
ようは、世代間連鎖です。

それを断ち切るのが私の役割だと思い、
本当は、恐怖政治で子どもを縛りつけるほうがラクだったのに、
一生懸命に自分を押さえ、
子どもが親の顔色を窺わないように、親の期待を無意識で体現しないようにと、
心掛けて、距離を取ってきました。

三太郎さんのお母さんの時代は、うちの母もそうですが、仕方なかったんですよ。
そういう風に子育てをするしか、選択肢がなく、考えられなかったのでしょう。

でも、三太郎さんのお母さんは、亡くなっても息子さんに思い出してもらえるのですから、
幸せだなぁって、お二人の親子関係に、私は嬉しくなりました。


ほんと、うちの兄も母のことを思っているのですが、
でも、母を思うと妻が嫉妬するため、できないんですよ。

そりゃ自分の家族を優先し、母よりも妻を大事にするのは、いいことです。

なので、ユースケも結婚するまでは、私のことも多少は気にかけてくれるでしょうが、
パートナーが出来たら、そっちを大事にしてくれれば、それでいいです。

ただでさえ、日本の社会保障という重荷を若い人たちは背負わされており、
そんな中、私は朽ちていく身で。
未来を切り開く人たちの足枷にはなりたくありませんから!


金山三太郎さん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月03日(月) 19:18 | URL | コメント編集

ひろさん

【離散】というのは、本来は間違いで、ちょっと週刊誌的にオーバーな見出しにしただけです。
離散だと、私もパートナーもバラバラになりますからね。

なので、【旅立ちと出会い】とかのほうが、しっくりくるかも。


でも、ほんとユースケが、私の予想通り、兄嫁さんに可愛がられてくれると、
これまでの冷戦状態が一気に円満な方向に進むので、そうなってほしいです。

兄は頼られると嬉しいタイプですし、兄嫁は若くてカワイイ男の子が大好きですし、
まさに、どんよりとした曇天の中、一筋の光が隙間から刺すというようなもんですわ!

で、ユースケは昔から【ババキラー】として、中年以降の女性にはメチャモテで、
ホストになったら大儲けできるタイプなんで、ココは腕の見せ所でしょう!

まぁ、兄嫁さんも、自分から『子どもは要らない宣言』をし、
そのトバッチリをくって、本来は独身のオタクで趣味に生きるはずだった私が、
両親に孫をプレゼントするハメになったのですが、
兄嫁の立場的には、ユースケに救われましたからね。

(うちの兄にとっては、私が結婚し出産するのは計算外で、
 自分が結婚しただけでも私が独身なことを思えば、自分はマシだ!
 というのが、両親へのスタンスだった)


はい、どこの家にも何かしら、入ってはならない禁断の部屋があるもんですね!!!


ひろさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月03日(月) 19:33 | URL | コメント編集

800びくにさん

はい、やはり親族が近くにいて、
何かあったら駆けつけてくれるとうのは、心強いですよね!

それにしても800びくにさんのお母さん、
当時としては画期的というか、スゴイ向上心ですよねぇ。
NHKの朝ドラのヒロインみたいです!!!

カッコイイです!

だからこそ800びくにさんも息子さんも、この血を受け継ぎ、
賢くて視野が広いんですね!

でも、私の予想ですが、
息子さんは家から通える範囲で仕事を見つけることも容易いでしょうし、
一人暮らしはなさらないと思うんですが、どうでしょう。


はい、800びくにさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月03日(月) 22:04 | URL | コメント編集

おはようございます♪

良いですね~
ユースケ君もきっと頼れる方が近くにいるって事で、一人暮らしも頑張れそうですね♪
特に病気になった時は心強いですね

お兄様ご夫婦も『子供は要らない』と思いつつ、やはり甥っ子が可愛く思ってくださって、有り難いですね
もう入学式は終わったのかな?
新しい生活のスタートですね

豆兄弟の母 | 2017年04月04日(火) 08:32 | URL | コメント編集

豆母さん

はい、兄夫婦とは冠婚葬祭で会うだけだったのですが、
今回、ユースケが兄夫婦が暮らす関東に行ったこともあり、
ユースケも私たちも安心しています。

いろんな人から、急に病気になって入院した時とか、
あと、警察沙汰になった時とか、
遠方から駆けつけるのは大変だと聞いていたため、
その点で、近くに親族が居るというのは、本当にありがたいです。

兄夫婦の場合、兄はメチャクチャ子どもが好きだったので、
結婚前から、子どもは苦手だという女性を、どうして選んだのか?!

まぁ、兄曰く、

「結婚したら子どもが欲しくなるよ」

とのことだったんですけど、女性を甘く見ていたんだなって思います。

なので、今までは奥さんの方の甥っ子や姪っ子を可愛がってきましたが、
やっと、血縁のユースケを愛でても、
奥さんに睨まれなくなったってとこでしょうか!

はい、今日がユースケは入学式なのですが、行ったのかしら?!
全く、連絡がありません……。


豆母さん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月04日(火) 19:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2687-f23a587b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |