All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'04.12 (Wed)

中学校の美術

2017041234.jpg

昨日のブログでは、私の中学時代の美術の授業での作品を載せましたが、
今日は、真打登場で、ユースケが中2の時に作ったものです。

時代の流れを感じますよねぇ~~~。

33年前は、ただの木の板だったのに、
4年前になると、工作キットで、しかも実用品になっています。

で、私の頃は、土曜日も午前中は授業で、美術の時間が多かったこともあり、
かなり力の入った作品に仕上がりましたが、
ユースケは週休2日で美術の授業も少なく、サッサと済ませております。

彫の深さが全く違うでしょ?!

表面に線だけ彫って色とニスを塗り、鏡と金具を付けて終わり!

これを見た時、拍子抜けしましたもん!!!

「手を抜いとるなぁ……」

高校生になると、選択科目で美術をしない子も出てくるため、
中学が最後になるお子さんもいるのですが、
これが、今の中学美術の限界でしょう。

まぁ、時代は変わっても、木を彫るのは変わらないというのは、
ビックリしましたけどね!

でね、ユースケが作品を家に持って帰って来た時、
私は、この色遣いはユースケじゃないって、直感で思ったんですよ。

ユースケは、パステル系の淡い色が好きなので、
こういう伝統工芸みたいな色に塗らないんじゃないかと。

で、話しを聞くと、
デザインは自分でテキトーに決めたそうですが、
このデザインを見て、美術の先生が、

「色はコレとコレ」

って、指定したとのこと。

なので、全体の雰囲気には合っていますし、一般受けはしますけど、
本人の個性は、ぜ~んぜん出てないんです。

先生の指定の色とは違うのを塗ったら、怒鳴られるそうですし。

うちの地元の教育大出身の美術教師って、なんか勘違いしており、
見栄えのいい作品に仕上げることが、
教師としての使命だと思っているんですよ。

なので、

指導=教師のレプリカの増産

になってしまい、生徒は美術の時間が、全く面白くなかったのでした。

でね、本来の美術教育って、その子の個性を認めて伸ばすことであり、
教師の価値観を押し付ける場じゃないですよねぇ。


でも、うちの中学のような小規模校だと、
学校に1人しか美術教師がいませんし、移動も少ないため、
長年にわたって学校のボスとして君臨し、
生徒だけでなく、校長さえも逆らえないのでした。

そういう背景を、実は私はユースケの入学前から、
地域のお母さん方から聞いていました。
なので、ユースケは小学生の頃には美術を生涯の生業にしたいと、
高校は芸術学科がある所を目指すと決めていたのですが、
中学の美術部には入りませんでした。

権力者に牛耳られるなんて、ウンザリですもん!

それと比べれば、私の中学の美術の授業なんて、
美術教師は生徒に舐められまくって、
不良さんにとっては、ただのお喋りの時間でしたけど、
それでも自由があって良かったなぁって、思うのでした。

表現の自由が権力者によって規制されるなんて、
気持ち悪いです。


でも、権力者に媚を売らないと、内申点がもらえないため、
生徒も親も、誰も何も言わないのでした。

ちなみに、ユースケの美術の内申点は5段階評価の3でしたよ!

これで美大に行ったんですから、教師は何を見ていたのやらって感じです。
スポンサーサイト
19:16  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます。
美術の授業ってそんな権力が振り回されてたら楽しくないですね。
私は、大好きでしたよ。先生のおっしゃる事は、無視。。。好きなようにしてました。それでも評価は、良かったです。お遊びの時間でした。
ピーちゃんこ | 2017年04月13日(木) 03:50 | URL | コメント編集

ちよこさんの勝ち!

この、親子対決は断然! ちよ子さんの勝ちですね。

まず、意欲の猛烈さが、、やはり、仕方なく彫るのと、情熱傾けて彫るのとでは、、チガイが出てきますね。

授業に流されちゃった?(流れちゃった?)最近の学校風景でしょうか?
余分ナコトすれば叱られて、評価も下がる、、なんて脅されて、、

教育は ” 育てる事 ” で、従わせることではナイのです。

まだ、成長し切れていない、技術だけの ” センセイ ” が
無理して、自分の評価上げようと、生徒の芽を摘むなんて、、

世界が小さくなった分だけ、小賢しい人が増えた様に、、
(イケマセン、、墓穴を掘った様子???)
フゥーさん | 2017年04月13日(木) 08:04 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2017年04月13日(木) 21:20 |  | コメント編集

ピーちゃんこさん

はい、ほんと、先生には申し訳ないですけど、
美術の授業は息抜きというか、みんなお喋りしたり!

まぁ、作る子は作ってましたが。

けど、そのほうが健全だと思うんです。

美術教師が権力を振るうと、
脅える子は脅えますし、逆に媚びる生徒も出てきて、
先生のお気に入りになれば、ラクに美術で5が付くって。

ほんと、アノ先生でなかったら、ユースケは中学で美術部も考えたんですけどね。


ピーちゃんこさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月13日(木) 21:50 | URL | コメント編集

フゥーさん

さすがフゥーさん、すべてお見通しですね!

まさに、フゥーさんが見抜いたまんまです。

その先生が指導というか、
自分が描きたいものを、そのまま中学生に強制的に描かせると、
出せば必ずコンクールで入賞し、文部科学大臣賞とかまでいただいくんですよ。

で、それが先生の生き甲斐というか、
市内の中学の美術教師たちを、見下したいんですよね。

もちろん学校としては派手な賞をいただけるので、
美術の先生への評価は高まります。

けど、それって教育じゃないですもん!!!
芽を摘むどころか、踏み潰してましたもんね。

1度、美術部の生徒さんたちが、先生と揉めたんですが、
その時、美術部をつぶしたんですよ、この先生。

他の先生が顧問になればいいのに、美術部そのものを廃部にしたんです。

うちのような小規模校は、文化系の部活は吹奏楽部と美術部しかないのに、
その1つを自分が気に入らないからって勝手につぶすなんて、目が点でしたわ。

その時、校長も誰も美術部の廃部には触れなかったんです。

結局、3月末で廃部になったのが、6月頃に復活したのですが、
自分に逆らったら、こういう目にあうんだぞって、脅迫ですよ。

見ていて、とても気持ち悪く……
【小賢しい】のが、見苦しかったです。


フゥーさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月13日(木) 22:05 | URL | コメント編集

鍵コメHさん

ご報告、ありがとうございます。

安心しました。

そして、以心伝心ですね!

こちらこそ、いっぱいいっぱい感謝しております。
ちよこ | 2017年04月13日(木) 22:06 | URL | コメント編集

自分の道

本来の美術教育って、その子の個性を認めて伸ばすことであり、
教師の価値観を押し付ける場じゃないですよねぇ。

正にその通りだと思います。
大人になても「教師のレプリカ」で賞を撮っているのがおるんです…。
趣味の世界でも。
いい大人が、ええかげんにせいと言いたい。
そーゆーバカな指導者、どこにでも、いるんです。
先生のマネすることを学んだ生徒は、将来どうなるんでしょう。
老い先短い趣味に生きている者ならどうでもいけど。
若い人は自分の人生を切り開くことを学ばなくてなならない。
学校の先生とは、そのことを教えなくてはならないのです。


金山三太郎 | 2017年04月14日(金) 18:02 | URL | コメント編集

金山三太郎さん

これは、人としての質の問題なのでしょうね……。

私は、美術というのは、
唯一、みんなが自分の個性を認めてもらえる教科であり、
本来、評価を付けるというよりも、
道徳に近い、情操教育だと思うんです。

別にピンクの象さんがいてもいいですし、
ヘタとか上手いとかいうのは、プロになるわけではなかったら、
楽しく好きなものを表現できれば良しですし。

でも、本人の個性をつぶし、型にはめて、自分が思う正解を無理やり押し付ける……
そういう美術教師というか、小学校でも図工の時間が多くなっているように思います。

で、生徒は冷めたもので、そういう大人の汚いやり方をかえって利用し、
自分は先生に媚を売って、いい内申点を付けてもらおうって動くんですよ。

教師も小賢しいですが、生徒も滑稽です。

終わってますなぁ。


そうそう、大人の美術のコンクールですが、私も裏側を知っていますよ!
指導者のレプリカどころか、
指導者が描いたものを高額で売り、名前だけ変えて入賞している人とかいますよね。
指導者も、それで生計を立てているのでしょう。

絵なんて、その場で本人が描くのではなく、ただ搬入するだけですから、
実際に誰が描いたかなんて、分かりませんし、
審査員も、なぁなぁですから、この先生の教え子は1枠とか、ミエミエですもん。


はい、金山三太郎さん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年04月15日(土) 12:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2695-83f99f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |